Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

自身の恋愛の苦労にフォーカスした楽曲

アデル、世界34ヵ国で1位を獲得したアルバムより「アイ・ドリンク・ワイン」MV公開

2022.10.27 13:40

2022.10.27 13:40

全ての画像・動画を見る(全4点)

アデルが、昨年11月19日にリリースしたアルバム『30』に収録されている「アイ・ドリンク・ワイン」のMVを公開した。

ビルボードチャートで6週連続首位を獲得し、世界34ヵ国で1位を記録、アメリカとイギリスにおいては2021年に最もセールスを記録したアルバムとなった同作品。来年2月に行われる予定のグラミー賞授賞式でも多部門へのノミネートが有力視されている。

「アイ・ドリンク・ワイン」はアデル自身の恋愛の苦労にフォーカスした内容で、「気持ちを整理できるようになりたい 他の誰かになろうとするのはやめてそしたら自由にお互いを愛せる 誰だって何かを求めている 私はただあなたを求めている」と切実なメッセージ訴えかける楽曲となっている。

公開されたMVは、ゴールドに光るドレスに身を包んだアデルがワインを片手に浮き輪のようなボートに乗って登場。シーンが進むとアデルを囲むようにワインを持ったスイマーが現れ、アーティスティックスイミングを行うなどの演出が行われるほか、アメリカケーブルテレビ放送局のコメディドラマシリーズ『インセキュア』などに出演している俳優ケンドリック・サンプソンも登場、ラストシーンではカメラワークが引き画になってセット全体が映し出され、ある意味ネタバレのような斬新な展開を見せる。

同MVの映像監督を手掛けたのは、映画『ザ・ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』で2019年サンダンス映画祭の監督賞とクリエイティブ部門の審査員特別賞を受賞したジョー・タルボット。すでに公開されている「イージー・オン・ミー」「オー・マイ・ゴッド」のMVよりも本作が先に撮影されていたとのこと。

Adele「I Drink Wine」(Official Video)

全ての画像・動画を見る(全4点)


作品情報

『30』

『30』ジャケット

『30』ジャケット

『30』

2021年11月19日(金)リリース

購入はこちら

収録内容

01 Strangers by Nature
02 Easy on Me
03 My Little Love
04 Cry Your Heart Out
05 Oh My God
06 Can I Get It
07 I Drink Wine
08 All Night Parking (With Erroll Garner) Interlude
09 Woman Like Me
10 Hold On
11 To Be Loved
12 Love Is a Game
13 Wild Wild West (Bonus Track)
14 Can’t Be Together (Bonus Track)
15 Easy on Me (Bonus Track) (with Chris Stapleton)

今世紀を代表するシンガー・ソングライター、アデル。本名アデル・ローリー・ブルー・アドキンス、1988年イギリス生まれ。2008年のデビュー・アルバム『19』でグラミー賞<最優秀新人賞>と<最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォ—マンス賞>の2部門を受賞し出色した才能が世界中で認知される。続くセカンド・アルバム『21』は19カ国で1位を獲得し全世界で3,100万枚を販売、今世紀最大のセールスを記録。全米アルバムチャートでは発売以来39週連続でトップ5位以内を記録し歴代1位になるという記録を樹立、ギネス記録に認定された。さらに2012年第54回グラミー賞に主要3部門を含む6部門でノミネートされ、すべての賞を受賞している。2015年発表のサード・アルバム『25』でもグラミー賞の計5部門を受賞し、史上初めて主要4部門のうち3部門を2度も制覇した世界最高峰のアーティスト。約6年ぶりに4枚目となる待望の新作『30』の発表に至る。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 小泉遥香の「出張!こいずみゅーじっく♪」 アイドルが選ぶ!最強アイドルソング10選🎤💗

    Vol.5 2022.12.07 12:00

    皆さんこんにちは! 小泉遥香です! 前回の記事、ご覧頂けましたか?まだ読んでない方はぜひ🎶 さて、私は実はここだけの話…普段アイドルをやっていまして!笑実はもう8年目のゴリゴリアイドルなんですよ…笑今回はそんなアイドルの私が選ぶ、最強アイドルソングを紹介します!アイドルでありアイドルファンでもある私!アイドルって可愛くて儚くてエモくて最高ですよねー!それでは早速!どうぞ! 青春”サブリミナル”/= LOVE/= LOVE個人的に今一番キてるアイドルソング!切なくて可愛い歌詞と、ノリノリなバックサウンドが大好き!思わず走り出したくなる! Summer Lemon/SUPE<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14864/">…

    #出張!こいずみゅーじっく#小泉遥香#超ときめき♡宣伝部

  • 90年代の関西を舞台に格差社会を描く 米アカデミー賞受賞映画『パラサイト半地下の家族』来年6月に舞台化、演出は鄭義信

    2022.12.08 04:30

    第72回カンヌ映画祭でパルム・ドール受賞を果たし、第92回米アカデミー賞では作品賞含む4部門を受賞した映画『パラサイト 半地下の家族』が日本で舞台化することが決定。2023年6月からTHEATER MILANO-Zaでの東京公演を皮切りに、大阪・新歌舞伎座でも上演される。 堤防の下にあるトタン屋根の集落。川の水位より低く一日中陽がささず地上にありながら地下のような土地で金田文平の家族は家内手工業の靴作りで生計を立てて暮らしている。一方対称的な高台にある豪邸で、永井慎太郎、妻の千代子、娘の繭子、引きこもりの息子健太郎がベテラン家政婦の安田玉子とともに暮らしている。文平の息子の順平は妹の美妃が偽造<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14917/">…

    #パラサイト#鄭義信

  • ありのままの恋愛を歌った等身大のラブソング WATWING、2ndシングル『The Practice of Love』でKvi Babaとコラボ

    2022.12.06 18:00

    6人組BOY BANDのWATWINGが、来年1月11日(水)にリリースする2ndシングル『The Practice of Love』で、同世代のラッパー/シンガーソングライターのKvi Babaとコラボすることが決定した。 古幡亮、鈴木曉、髙橋颯、八村倫太郎、桑山隆太、福澤希空の6人からなるWATWING。メンバー全員がリードボーカル且つメインダンサーであり、トラック制作やコレオグラフィーも自ら手掛けている。現在、八村と桑山はそれぞれ10月クールのTBS火曜テレビドラマ『君の花になる』、NTV ZIP朝ドラマ『クレッシェンドで進め』にレギュラー出演するなどソロでの活動も行っている。 WATW<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14879/">…

    #Kvi Baba#WATWING

  • リリース日よりcaféを巡る弾き語りツアーがスタート 竹内アンナがエレキギターを弾く、3ヵ月連続配信第3弾「サヨナラ」来週配信

    2022.11.17 21:00

    シンガーソングライター・竹内アンナが、3ヵ月連続リリースの第3弾楽曲「サヨナラ」を11月23日(水)に配信することを発表した。 9月から3ヵ月連続配信リリースをスタートした竹内アンナ。今作は、第1弾楽曲「あいたいわ」、第2弾楽曲「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」に続く第3弾楽曲となっている。 昨日竹内アンナのSNSにタイトルや配信日が明かされないまま彼女のギターソロ動画がアップされ、動画を見たフォロワーから「エレキのソロかっこいい!」「まさか、新曲? 超楽しみ!」「新曲の一部では無いか?」と多くの反響が寄せられていた。実際、最終楽曲となる今<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13519/">…

    #竹内アンナ

  • “今を生きている”ことに焦点をあてたうた ヒグチアイが書き下ろしたNHKみんなのうた「小さな夢」来週配信リリース

    2022.12.03 12:00

    シンガーソングライターのヒグチアイが書き下ろしたNHKみんなのうた2022年12月-2023年1月の新曲「小さな夢」が、12月9日に配信リリースされることが決定した。 「小さな夢」は、ヒグチアイがコロナをはじめ世界情勢が変化する中で“今を生きている”ことに焦点をあてて書き下ろしたうた。生まれて生きて大人になれるということがどれほど素晴らしいことか、ひとりひとりが持っている小さな夢や希望がどんなにかけがえのない宝物であるか、そんな思いがじんわりと届いてくるうたに仕上がっている。 本作とともに流れるアニメーションは世界的な短編アニメーション作家である山村浩二が制作。みんなのうた「小さな夢」はNHK<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14668/">…

    #ヒグチアイ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube