Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

平凡なサラリーマンと幽霊のハートフルラブコメディ

乃木坂46 久保史緒里が可愛すぎる幽霊に、初主演映画『左様なら今晩は』本編映像公開

2022.10.26 18:00

©︎2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会

2022.10.26 18:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

11月11日(金)より全国公開される映画『左様なら今晩は』より、奇妙な共同生活の一部を垣間見れる本編シーン映像が公開された。

2019年に漫画家・山本中学がヤングキング17号(少年画報社)で連載を開始した同名漫画を映画化した本作。ごく普通のサラリーマン半澤陽平と、陽平の部屋に突如姿を現した幽霊・愛助(アイスケ)との奇妙な共同生活を描き、歪な二人のハートフルでちょっぴり切ないラブストーリーが話題を呼び2020年には単行本も発行された。

幽霊の愛助を演じるのは、本作が映画初出演&主演となる乃木坂46の久保史緒里。また、陽平を演じるのは若手俳優・萩原利久。監督・脚本には、高校在学中に執筆した『正しいバスの見分けかた』で第14回「伊参スタジオ映画祭 シナリオ大賞」短編の部のグランプリを映画祭史上最年少の18歳で受賞した新進気鋭の若手監督・高橋名月が抜擢された。

久保史緒里演じる愛助は原作とは違うオリジナルのキャラクター設定で、“生きている間に恋愛を経験しなかったウブでピュアな幽霊”。ある日、同棲していた恋⼈・玲奈(永瀬莉子)に振られた平凡なサラリーマン・陽平の部屋に愛助が突如姿を現してから、二人の奇妙な共同生活がスタートする。

『左様なら今晩は』場面写真︎©︎2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会

この度公開となった本編シーン映像では、慣れない幽霊との生活に戸惑う陽平と愛助の可笑しな会話や、一緒に晩酌をするひとときなどが映し出されている。愛助を除霊しようと、買ってきた線香に火をつけて部屋の中で振り回す陽平。そこに現れ「はぁ。えぇ匂い。癒されますね」と和んでしまう愛助。呆れる陽平は線香をマグカップに立てかけ「火事になりそうだったら消してよ」と愛助を都合のいい同居人のように扱う。そんな二人の会話がどこか可笑しくて微笑ましいシーンとなっている。

最後のシーンでは、真剣な表情で寝ている陽平の喉仏を見つめる愛助の姿が。男の人の喉仏に触れてみたかったという愛助は実際に触ると「結構骨っぽいんじゃねぇ〜!」と嬉しそうにはしゃぎ、そんな愛助を陽平は意味深な表情で見つめる。恋愛経験がないまま死んでしまった愛助にとって、男性との共同生活は驚きと発見の連続であるようで、その後の二人のいじらしい会話と愛助のふてくされる姿が可愛いシーンとなっている。

なお、本作のロケ地は広島県・尾道市で、愛助は尾道の方言(=備後弁)を話すキャラクター設定ということから、久保は全編を通して備後弁で演じている。

全ての画像・動画を見る(全7点)


作品情報

『左様なら今晩は』

©2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会

©2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会

『左様なら今晩は』

11月11日(金)渋谷シネクイントほか全国ロードショー
原作:山本中学『左様なら今晩は』(少年画報社「ヤングキング」刊)
配給:パルコ
上映時間:98分

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:高橋名月
脚本:高橋名月、穐山茉由
出演:久保史緒里(乃木坂46)、萩原利久、小野莉奈、永瀬莉子、中島ひろ子、宇野祥平ほか

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 初回盤には国際フォーラム公演映像&新録カバー収録 Uruが3年ぶりアルバム『コントラスト』発売、来年4月より全国ツアー開催

    2022.11.12 19:30

    Uruが、約3年ぶりの3rdアルバム『コントラスト』を2023年2月1日に発売することを開催中のツアー“Uru Tour 2022「again」“の新潟テルサ公演で発表した。 前作『オリオンブルー』以降リリースされたシングル「Break」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』EDテーマ)、「振り子」(映画『罪の声』主題歌)、「ファーストラヴ」(映画『ファーストラヴ』主題歌)、「Love Song」(フジテレビ系ドラマ木曜劇場『推しの王子様』主題歌)、「それを愛と呼ぶなら」(TBS系日曜劇『マイファミリー』主題歌)、現在ABEMAオリジナルシリーズ恋愛番組『私たち結婚しました4』主題歌としてオンエア中の新<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13114/">…

    #Uru

  • 8mmカメラで有村架純を撮影するシーンの裏側も 共演者とスタッフが絶賛、映画『月の満ち欠け』目黒蓮のメイキング写真公開

    2022.12.08 08:00

    現在公開中の映画『月の満ち欠け』より、三角哲彦を演じた目黒蓮を追ったメイキング写真が公開された。 第157回直木賞を受賞し、累計発行部数56万部を超える佐藤正午によるベストセラー小説『月の満ち欠け』(岩波書店刊)を実写映画化した本作。現代を生きる、愛する妻子を亡くした男性・小山内堅と、27年前にある女性と許されざる恋をした男性・三角哲彦。無関係だった彼らの人生が、”瑠璃”という名の女性の存在で交錯し、「愛する人にもう一度めぐり逢いたい」という想いが起こした”奇跡”が紡ぐ、数奇で壮大なラブストーリーとなる。 主人公の小山内には大泉洋。小山内の娘と同じ名前を持つ謎の女性、正木瑠璃には有村架純。正木<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14932/">…

    #廣木隆一#月の満ち欠け#目黒蓮

  • フジテレビ系W杯番組への書き下ろしテーマソング 幾田りらの新曲「JUMP」が11月20日配信スタート、ジャケット画像も公開

    2022.11.17 12:00

    YOASOBIのボーカルikuraとして活躍し、シンガーソングライターとしても活動する幾田りらの新曲「JUMP」が11月20日(日)に配信リリースされることが決定した。 同曲はフジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』の番組公式テーマソングとなっており、幾田りらが書き下ろした楽曲。疾走感溢れる楽曲で、曲中にある印象的なシンガロングパートは昨年まで自身も所属していたアコースティック・セッション・ユニット「ぷらそにか」のメンバーが担当している。 配信日決定の発表とあわせてジャケット画像も公開された。

    #YOASOBI#幾田りら

  • フジロックをダンスフロア化した男が再来日 ボノボが来年1月DJセットで来日公演開催

    2022.11.28 18:00

    これまで3度グラミー賞にノミネートし世界ツアーでは200万人を動員するなど世界的プロデューサー/アーティストであるボノボが、2023年1月13日に大阪・SUNHALL、1月15日(日)に東京・O-EASTにて来日公演を行うことを発表した。 ボノボは約3年半前の2019年LIQUIDROOMで伝説的DJセットでのライブを行い、2022年のFUJI ROCK FESTIVALでは熱狂した観客で満員のWHITE STAGEをダンスフロア化し、強烈な足跡を残した。 ライブセットも好評なボノボは、DJとしても先日自身主宰のレーベル〈OUTLIER〉からダンサブルなシングル「ATK」「Defender」を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14291/">…

    #ボノボ

  • ジョージ・クルーニーやグラディス・ナイトとともに受賞 バイデン大統領がU2の功績を称賛 第45回ケネディ・センター名誉賞を受賞

    2022.12.06 20:20

    舞台芸術を通じてアメリカ文化に貢献した人に贈られる賞、ケネディ・センター名誉賞。12月4日に行われた第45回ケネディ・センター名誉賞授賞式で、バイデン大統領がU2を称賛した。 第45回ケネディ・センター名誉賞を受賞したアイルランド出身のバンド、U2。ホワイトハウスで行われたリセプションにて、バイデン大統領がU2を称賛した。 「アイルランド人の手によってデザインされたホワイトハウスで、アイリッシュ・アメリカンの大統領から、人々を勇気づけ、士気を上げてくれてありがとうと伝えたい」 また、バイデン大統領はU2が1992年にリリースした楽曲「One」のリリックを引用し、「この瞬間、アメリカだけではなく<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14890/">…

    #U2#グラディス・ナイト#ジョージ・クルーニー#バイデン大統領

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube