Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

日本の映画館でライブビューイングも

BTS・JINがコールドプレイのブエノスアイレス公演に出演決定、コラボ曲を初パフォーマンス

2022.10.21 19:00

© 2022 Parlophone Records Limited

2022.10.21 19:00

BTSのJINが、コールドプレイのワールドツアー「Coldplay Music Of The Spheres」アルゼンチン・ブエノスアイレス公演に出演することが発表された。

JINはBTSの最年長メンバーで、今月28日にリリースする自身初のソロシングル「The Astronaut」でコールドプレイとコラボしたことが20日に明かされたばかり。

同ツアーはグラミー賞ノミネート監督であるポール・ダグデールがステージ演出を担当し、ニューヨークタイムスなどでは「a night for the history books(歴史に残る夜だ)」「the greatest show on Earth(過去に類をみない最高のライブ)」と評され世界で540万枚のチケットセールスを記録しているライブ。

同公演にて、JINはコールドプレイと共作した「The Astronaut」を初披露する。日本の映画館でも10月29日(土)に同公演のライブビューイングが予定されてり、チケットの一般販売は先着順で10月22日(土)18時から10月27日(木)23時59分(Webは22時)まで行われる。

イベント情報

Coldplay Music Of The Spheres Live Broadcast From Buenos Aires ライブビューイングColdplay Music Of The Spheres Live Broadcast From Buenos Aires ライブビューイング© 2022 Parlophone Records Limited

Coldplay Music Of The Spheres Live Broadcast From Buenos Aires ライブビューイング

2022年10月29日(土)17:30上映開始
本会場:エスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティ(ブエノスアイレス)
チケット料金:4,900円(全席指定/税込)
一般販売(先着順)WEB予約URL:https://l-tike.com/coldplaylv
配給:エイベックス・ピクチャーズ
© 2022 Parlophone Records Limited

Coldplay Music Of The Spheres Live Broadcast From Buenos Aires ライブビューイングColdplay Music Of The Spheres Live Broadcast From Buenos Aires ライブビューイング© 2022 Parlophone Records Limited

コールドプレイ

アーティスト情報

1997年ロンドンで結成。2000年、デビュー・アルバム『パラシューツ』が世界的にヒットを記録し、02年の2ndアルバム『静寂の世界』も爆発的ヒットを記録。05 年に3rdアルバム『X&Y』、08 年に4th『美しき生命』、11年に5th『マイロ・ザイロト(MX)』、14年には『ゴースト・ストーリーズ』、15年12月には『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』をリリース、世界で500万枚以上を売上げ、iTunesでは90か国で1位を獲得、イギリスにおいてはTOP 10に38週にもわたりランクインを果たしたモンスター・アルバムとなった。全7枚のアルバム総セールスが8,000万枚以上を誇る、21世紀を代表するバンドのひとつである。
ここ日本には2017年4月にワールド・ツアーのアジア地域での最終公演の場所として来日。初来日から17年目、初めて実現した東京ドーム公演。1夜限りの公演はもちろんソールドアウトし、チケットはプレミア化した。これまでフジロック、サマーソニックでのヘッドライナーは経験しているものの、単独公演としては過去最大級、約5万人規模の日本のオーディエンスを迎えた。彼らのライブはスタジアムを想定されて構成されていることもあり、日本のファンたちはようやく本来バンドがあるべきサイズの姿を体験でき、ファンにとっては忘れられない1夜となった。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • RMが「全世界のARMYへ新年のプレゼント」と語りかける 2月1日全世界公開『BTS: Yet To Come in Cinemas』メンバーコメント映像が到着

    2023.01.11 09:00

    2⽉1⽇(⽔)より全世界公開される映画『BTS: Yet To Come in Cinemas』から、BTSメンバーのコメント映像とステージ写真が公開された。 本作では、世界229ヶ国/地域のARMYたちを熱狂させたコンサート『BTS<Yet to Come> in BUSAN』の圧倒的なパフォーマンスと歓声に包まれた現場のすべての瞬間を記録し映像化。コンサートの⽣中継では使⽤しなかった「シネマティック専⽤カメラ14台」を総動員し、超近接ショット、フルショットをはじめとする多彩なアングルで撮影されたBTSメンバーの姿を見ることができる。劇場での上映は2D版に加え、正⾯スクリーンと2<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16714/">…

    #BTS#BTS: Yet To Come in Cinemas

  • ヒョンジンとスンミンが作詞作曲を手がけた楽曲も Stray Kids、日本1stフルアルバム『THE SOUND』新ビジュアル&詳細を一挙公開

    2023.01.16 14:40

    韓国で発売したミニアルバムが2作連続で米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録した“全米No.1ボーイズグループ”Stray Kidsが、2月22日(水)に発売するJAPAN 1st Albumのアルバム特設サイトを本日オープン。同サイトにて作品の詳細を発表した。 今作はオリジナルアルバムとしては日本作品で初のフルアルバムで、タイトルは『THE SOUND』。初回生産限定盤A(CD+Blu-ray)、初回生産限定盤B(CD+スペシャルZINE)、通常盤初回仕様(CD only)に加え、初の試みとなる各メンバーそれぞれのFANCLUB会員限定盤8形態を加えた全11形態でリリー<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17093/">…

    #Stray Kids

  • 活動復帰したmidoriko含む6人での初パフォーマンス ExWHYZ、初ツアーファイナルZepp DiverCity公演より「STAY WITH Me」ライブ映像公開

    2023.01.26 21:00

    ExWHYZが、1月12日(木)にZepp DiverCityで開催したツアーファイナルより、本編最後を飾った「STAY WITH Me」のライブ映像を公開した。 2022年6月に突如解散したEMPiREのメンバーであるyu-ki、mayu、midoriko、mikina、maho、nowの6名で結成されたグループ、ExWHYZ。11月2日には大沢伸一(MONDO GROSSO)、Denny White、Shin Sakiura、80KIDZなど国内外の様々なクリエイターが参加した1stアルバム『xYZ』をリリースした。 2022年11月3日から初の全国ツアー「ExWHYZ First Tou<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17959/">…

    #ExWHYZ

  • グラミー2部門ノミネート中の“USインディーの至宝” Big Thiefにみるバンドの本質、瞬間を奏でる尊さ

    2023.01.23 18:30

    今年のグラミーにも2部門でノミネートされ“USインディーの至宝”とも評されるバンド、Big Thief(ビッグ・シーフ)が昨年11月に待望の初来日。メンバーはエイドリアン・レンカー(Vo/Gt)、マックス・オレアルチック(Ba)、バック・ミーク(Gt)、ジェームズ・クリヴチェニア(Dr)の4人で、2015年の結成からこれまで5枚のアルバムをリリースしている。最新作はドラムのジェームズがプロデュースも手がけた、5thアルバム『Dragon New Warm Mountain I Believe In You』。今回、同作を携えて大阪、名古屋、東京(東京のみ2日間)でライブを行った彼らに話を聞くこ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17578/">…

    #Big Thief#インタビュー#ビッグ・シーフ

  • ロックンロールの精神性についてコメント “ロックの殿堂”がジャンルの多様性についての声明を公開

    2023.02.01 17:00

    ロック・ミュージックに貢献し、最初の作品を発表してから25年が経過したアーティストが対象となる「ロックンロールの殿堂」。過去にはN.W.A.や2Pacなどのヒップホップアーティストも殿堂入りを果たしており、ロックファンから賛否両論の声も挙がっていた。 この度、ロックンロールの殿堂のCEOであるグレッグ・ハリスが、ジャンルの多様性について以下のように声明を発表した。 「リズム&ブルース、カントリー、そしてゴスペルがぶつかり合い生まれたロックンロールは、多くをインクルーシブに認め、常に変化をしていく精神を指しています。ロックンロールの殿堂は、ユースカルチャーのサウンドを祝い、音楽で人々を団結させる<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18335/">…

    #エミネム#ロックの殿堂#ロックンロールの殿堂

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube