Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

従来のバンドのカテゴリに入らないと述べる

The 1975は2020年代で最も重要なバンドになる?マット・ヒーリィが予想する

2022.10.17 21:00

写真:REX/アフロ

2022.10.17 21:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

10月14日にニュー・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』をリリースしたThe 1975。フロントマンのマット・ヒーリィは2018年にインタビューにて「The 1975は2010年代で最も重要なバンド」と発言していたが、この度NMEのインタビューにてバンドの未来について語った。

2018年のインタビューにて、アークティック・モンキーズが「2000年代を代表するバンド」と発言し、自身のThe 1975を2010年代を代表するバンドと称したマット・ヒーリィ。彼は2020年代についても以下のように語っている。

「私たちは2020年代で最も重要なバンドにもなれると思うし、その予想はできているけど、そこまでくると“バンド”という言葉の定義の話になってくるだろう。
私たちに対しては、“バンド”というカテゴリではなく、ラナ・デル・レイ、テイラー・スウィフト、フランク・オーシャン、ケンドリック・ラマーと同じ枠に入れる必要がある。彼らのようなアーティストは10年以上活動しているけど、彼らに対して“なぜ今でも人気があるのか?”と聞く人はいない。私たちはバンドの形をしているけど、アークティック・モンキーズのような従来バンドの形式とはだいぶ違う。私たちはポスト・アークティック・モンキーズなんだ」

マット・ヒーリィは、The 1975が2020年代でも最も重要なバンドになることができると発言しつつも、従来の「バンド」というカテゴリには含まれないとも述べた。ニュー・アルバム『Being Funny In A Foreign Language』をリリースしたThe 1975は、2023年には来日ツアーも決定している。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

The 1975「Being Funny In A Foreign Language」

The 1975「Being Funny In A Foreign Language」

2022年10月14日(金)リリース

詳細はこちら

収録内容

1.The 1975
2. Happiness
3. Looking For Somebody (To Love)
4. Part Of The Band
5. Oh Caroline
6. I'm In Love With You
7. Wintering
8. Human Too
9. About You
10. When We Are Together

イベント情報

The 1975 “At Their Very Best” Japan 2023The 1975 “At Their Very Best” Japan 2023 フライヤー

The 1975 “At Their Very Best” Japan 2023

サマソニのヘッドライナーとして完璧なステージを披露し、この10月には待望の最新作『外国語での言葉遊び』をリリース。まさにキャリア最高潮を迎えるTHE 1975の2016年以来となる単独来日公演

2023年4月26日(水) ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/START 19:00
SS席¥17,000/S席¥12,000/A席¥8,000(税込)

2023年4月27日(木) ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/START 19:00
SS席¥17,000/S席¥12,000/A席¥8,000(税込)

2023年4月29日(土) Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールA
OPEN 17:00/START 18:00
SS席¥17,000/S席¥12,000/A席¥8,000(税込)

2023年4月30日(日) 大阪城ホール
OPEN 17:00/START 18:00
SS席¥17,000/S席¥12,000/A席¥8,000(税込)

The 1975 “At Their Very Best” Japan 2023The 1975 “At Their Very Best” Japan 2023 フライヤー

The 1975(ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ)は、イギリス出身のポップ・ロックバンド。2002年にチェシャー州ウィルムスローのen:Wilmslow High Schoolで結成され、現在はマンチェスターを拠点に活動している。ボーカル・ギターのマシュー・ヒーリー、リード・ギターのアダム・ハン、ベーシストのロス・マクドナルド、ドラマーのジョージ・ダニエルの4人組。

メンバーはウィルムスロー高校で出会いバンドを結成。Dirty Hitと契約しデビューアルバム『The 1975』(2013年)をリリース、UKチャートで1位を記録する。続く2作目のアルバム『I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful yet So Unaware of It』(2016年)はアメリカとイギリスの両方で1位を獲得した。短い活動休止を経てリリースされた3作目のアルバム『A Brief Inquiry into Online Relationships』(2018年)は批評家から高い評価を受け、3枚目のイギリスNo.1アルバムとなった。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/The_1975

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 限定盤はライブCDやオリジナルグッズ付き go!go!vanillas、昨年秋の日本武道館&大阪城ホール公演を映像作品化

    2023.01.24 20:10

    go!go!vanillasが、昨年9月に開催したキャリア2度目の日本武道館公演と初の大阪城ホール公演の模様を収録した映像作品『LIVE FILM -My Favorite Things-』を2023年3月22日(水)にリリースすることを発表した。 今作には、昨年9月に開催された東西アリーナワンマン「My Favorite Things」より超満員の日本武道館公演の模様が全21曲完全収録されるほか、メンバーによるオーディオコメンタリーも副音声として収録される。加えて、初の大阪城ホール公演より大阪のみで披露された「おはようカルチャー」含むセレクトライブ映像を全6曲収録。 さらに公演当日に至るまで<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17788/">…

    #go!go!vanillas

  • バックバンドはバックドロップシンデレラ さらば森田がガムシャラにパンクロックを歌いあげる、チュロス「Take it easy」MV公開

    2023.01.18 12:00

    チュロスが、1月14日(土)にリリースした「Take it easy」ミュージックビデオをさらば⻘春の光の公式YouTubeチャンネルにて公開した。 チュロスとは、お笑い芸⼈・さらば⻘春の光の森田哲矢が大阪・堺市時代の学生時代の思い出として、自身のラジオやYouTubeで度々紹介していた同級⽣がやっていたアマチュアバンド。先日TOKYO DOME CITY HALLにて行われた、さらば⻘春の光のファンイベント「(株)ザ・森東《第9期株主総会》」にてチュロスが時を経て森田の歌声で復活することが発表された。その「(株)ザ・森東《第9期株主総会》」の模様は、1月22日(日)21時まで有料アーカイブ配<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17261/">…

    #さらば青春の光#チュロス

  • 「3」が象徴的なサスペンス・ノワール、公開まであと“33⽇” 窪塚洋介が仲間と危険な世界に踏み込む 映画『Sin Clock』本編映像公開

    2023.01.08 12:00

    2⽉10⽇(⾦)より新宿ピカデリーほかにて全国公開される窪塚洋介主演の映画『Sin Clock』から、本編映像と場面写真が公開された。 本作は、最低の⼈⽣を⽣きる男たちが思いもよらぬ“偶然の連鎖”に導かれ、幻の絵画をめぐるたった⼀夜の“⼈⽣逆転計画”へ挑む様をスリリングに描き出している新時代のサスペンス・ノワール。 仕事と家族を失った主⼈公の⾼⽊シンジ、サヴァン症候群により驚異的な記憶⼒を持つ元数学教師の番場ダイゴ、賭博狂で元⾃衛官の坂⼝キョウの3⼈は、前職をクビになった時期が「3ヵ月前」、誕⽣⽇が「3⽉3⽇」と、「3」という数字に奇妙な共通点を持ちそれぞれがどん底の⼈⽣を⽣きていた。“持たざ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16523/">…

    #Sin Clock#窪塚洋介

  • TikTokに最適な曲を求めるレーベルに対してコメント マック・デマルコがTikTokが音楽業界にもたらす影響について“憂鬱になる”と語る

    2023.01.23 20:00

    1月20日にニューアルバム『Five Easy Hot Dogs』をリリースしたカナダ出身のシンガーソングライター、マック・デマルコ。2018年の「FUJI ROCK FESTIVAL」ではレッドマーキーのヘッドライナーを務めた彼が、Variety誌のインタビューに登場した。 彼はインタビュー内で、レーベルがアーティストにTikTokに適した楽曲を作るように指示していることについて聞かれた際に、以下のように答えている。 「憂鬱になるよ。問題は、アーティストが自分が演じないといけない役に滑り込んでしまうことだ。“こういうことをやらないと…”って。でも本当は別にやらなくてもいい。でもも<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17740/">…

    #Mac DeMarco#マック・デマルコ

  • ナレーションは一期生の小林由依 櫻坂46、三期生の成長する姿を追うドキュメンタリー『私たち、櫻坂46三期生です』を配信開始

    2023.01.16 19:00

    櫻坂46に三期生として加わる新メンバーのドキュメンタリー番組『私たち、櫻坂46三期生です』が櫻坂46のオフィシャルYouTubeにて公開がスタートした。 櫻坂46のレギュラー番組『そこ曲がったら、櫻坂?』内のCMにて突如ティザー映像が放送され、視聴者の間で話題になっていたこちらのドキュメンタリー。新メンバーとなる三期生は、2022年の6月6日から始まった櫻坂46新メンバーオーディションで4万5014通の応募から選ばれた11名。約4092倍の狭き門をくぐり抜け、合格から研修期間を経て櫻坂46になるまでの軌跡を追ったこの番組では、パフォーマンスや表現力、クリエイティブ面に力を入れている櫻坂46の一<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17177/">…

    #櫻坂46

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube