Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

PERIMETRONのMargtがディレクション

Tempalay、リボーンアルバム『from JAPAN 3』より「続・JOE」MV公開

2022.10.12 21:00

2022.10.12 21:00

全ての画像・動画を見る(全5点)

Tempalayが、10月12日(水)にリリースした”リボーンアルバム”『from JAPAN 3』より「続・JOE」のミュージックビデオを公開した。

同アルバムは、過去にリリースされた『from JAPAN』および『from JAPAN 2』の名前を継承しつつも、インディーズ時代の楽曲を今のTempalayのサウンドで再録音し収録した”リボーンアルバム”。「続・革命前夜」や「続・新世代」などTempalayの代表曲から、ライブでも定番となっている楽曲や隠れた名曲まで全10曲が大幅なアレンジとともにアップデートされ収録されている。

「続・JOE」はアルバム冒頭を飾る楽曲で、2016年8月にリリースされた『from JAPAN』のアナログLP版およびApple Musicのみでリリースされた「JOE」をリボーンした楽曲。MVのディレクションはMargt(PERIMETRON)が務めており、1人の少女に誘われ行き先や重力が全くわからなくなるような箱庭を進んでいく摩訶不思議な映像作品に仕上がっている。

Margt 前田勇至 コメント
良い音楽に時間の経過は関係ないみたい。
過去も未来もぶち込んだ箱庭。
セッションしながら超全員野球。素晴らしいセットを作ってくれたSAMPO軍団はじめ、チーム全員に拍手!そして最高の音楽を奏でるTempalayに拍手喝采👏👏👏

全ての画像・動画を見る(全5点)


作品情報

『from JAPAN 3』通常盤

『from JAPAN 3』通常盤ジャケット

『from JAPAN 3』通常盤ジャケット

『from JAPAN 3』通常盤

2022年10月12日(水)リリース
品番:WPCL-13429
価格:¥3,080(税込)

購入はこちら

収録内容

1. 続・JOE
2. 続・Austin Town
3. 続・my name is GREENMAN
4. 続・sea side motel
5. 続・Festival
6. 続・新世代
7. 続・革命前夜
8. 続・かいじゅうたちの島
9. 続・New York City
10. 続・Have a nice days club

『from JAPAN 3』フロムジャ盤

『from JAPAN 3』フロムジャ盤ジャケット

『from JAPAN 3』フロムジャ盤ジャケット

『from JAPAN 3』フロムジャ盤

2022年10月12日(水)リリース
フロムジャ盤<CD+グッズ>
品番:WPCL-13430
価格:¥7,777(税込)

購入はこちら

収録内容

1. 続・JOE
2. 続・Austin Town
3. 続・my name is GREENMAN
4. 続・sea side motel
5. 続・Festival
6. 続・新世代
7. 続・革命前夜
8. 続・かいじゅうたちの島
9. 続・New York City
10. 続・Have a nice days club

グッズ内容:ライブ映像付きTシャツ(フリーサイズ)
※ワンマンライブ「寿司」(2022年2月22日@Tokyo Dome City Hall)ライブ映像視聴コード封入
※ライブ映像視聴用URLへ遷移するQRコードがTシャツに付属しています。
※ライブ映像は2023年10月11日まで視聴可能です。

小原綾斗(Vo, G)、John Natsuki(Dr)、AAAMYYY(Cho, Syn)からなるオルタナティブロックバンド。
FUJI ROCK FESTIVAL、アメリカの大型フェスSXSWを含む全米ツアー、アジア圏内でも各国ツアーを行う等、自由奔放にシーンを行き来する新世代バンド。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 購入者限定スペシャルトーク会も開催 木村カエラが新アルバム『MAGNETIC』でAI、ミト、iri、SANABAGUN.らとコラボ

    2022.11.18 19:00

    木村カエラが、12月14日(水)にリリースする約3年5ヵ月ぶりフルアルバム『MAGNETIC』の収録曲を発表した。 今作は、タイトルの『MAGNETIC』に含まれた”人を惹きつける“という意味をテーマに様々なアーティストとのコラボが実現した作品。 木村カエラとAIによる作詞、ミト(クラムボン)作曲によるリードトラック「MAGNETIC feat. AI」をはじめ、iriの提供曲「たわいもない」、ビルボードライブツアーでのサポートに続き再びSANABAGUN.とタッグを組んだ「井の頭DAYS feat. SANABAGUN.」、オープンリール式テープレコーダーを”磁気民族楽器“と呼び<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13582/">…

    #AI#iri#Open Reel Ensemble#SANABAGUN.#ミト#木村カエラ#玉置周啓

  • 独特の色気と先読みのできないストーリーを予兆 窪塚洋介が全てを失った等身大の中年男性を演じ切る『Sin Clock』 悲哀漂う場面写真公開

    2022.11.25 13:00

    2023年2月10日(金)より全国公開される窪塚洋介主演の映画『Sin Clock』から場面写真が解禁された。 本作では、最低の人生を生きる男たちが思いもよらぬ〈偶然の連鎖〉に導かれ、幻の絵画をめぐるたった一晩の〈人生逆転計画〉へ挑む様をスリリングに描く。社会からも家族からも見放されたタクシードライバー、高木。奇妙な偶然が呼び寄せたのは、巨額の黒いカネを手にするチャンスだった。鍵を握るのは一枚の絵画。高木はたった一夜での人生逆転を賭け、同僚らと絵画強奪計画を決行。だが、運命の夜はさらなる偶然の連鎖に翻弄され、男たちの思惑をはるかに超えた結末へと走り出していく──。 主演の窪塚洋介が18年ぶりに<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13985/">…

    #Sin Clock#牧賢治#窪塚洋介

  • フジテレビ系W杯番組への書き下ろしテーマソング 幾田りらの新曲「JUMP」が11月20日配信スタート、ジャケット画像も公開

    2022.11.17 12:00

    YOASOBIのボーカルikuraとして活躍し、シンガーソングライターとしても活動する幾田りらの新曲「JUMP」が11月20日(日)に配信リリースされることが決定した。 同曲はフジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』の番組公式テーマソングとなっており、幾田りらが書き下ろした楽曲。疾走感溢れる楽曲で、曲中にある印象的なシンガロングパートは昨年まで自身も所属していたアコースティック・セッション・ユニット「ぷらそにか」のメンバーが担当している。 配信日決定の発表とあわせてジャケット画像も公開された。

    #YOASOBI#幾田りら

  • フジロックをダンスフロア化した男が再来日 ボノボが来年1月DJセットで来日公演開催

    2022.11.28 18:00

    これまで3度グラミー賞にノミネートし世界ツアーでは200万人を動員するなど世界的プロデューサー/アーティストであるボノボが、2023年1月13日に大阪・SUNHALL、1月15日(日)に東京・O-EASTにて来日公演を行うことを発表した。 ボノボは約3年半前の2019年LIQUIDROOMで伝説的DJセットでのライブを行い、2022年のFUJI ROCK FESTIVALでは熱狂した観客で満員のWHITE STAGEをダンスフロア化し、強烈な足跡を残した。 ライブセットも好評なボノボは、DJとしても先日自身主宰のレーベル〈OUTLIER〉からダンサブルなシングル「ATK」「Defender」を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14291/">…

    #ボノボ

  • 新作ミニアルバム『ZERO』を11月23日リリース Sano ibukiが立ち返る“ゼロ”地点、覚悟が生んだ原点回帰作

    2022.11.23 17:00

    2019年のメジャーデビュー以降、映画、ドラマ、アニメ、CMなど様々なタイアップソングを書き下ろし、その作品との高い親和性に定評を集めているシンガーソングライター・Sano ibuki。彼が6曲入りミニアルバム『ZERO』を完成させた。 今作は一つひとつ楽曲制作にじっくりと向き合ったうえで生まれた楽曲たちがコンパイルされている。過去作『STORY TELLER』と『BREATH』のように、コンセプトやプロットを綿密に立て、明確なテーマに向かって制作を進めた制作とは異なりながらも、バリエーション豊かな作品に仕上がった。彼にとって原点回帰的な作り方で生まれ、「常に自分は出発点に立っている」という覚<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13793/">…

    #Sano ibuki#インタビュー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube