Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ファンに背後から驚かされることに困惑

システム・オブ・ア・ダウンのメンバーが代表曲「Chop Suey!」に呪われていると明かす

2022.10.11 18:15

System Of A Down - Chop Suey!

2022.10.11 18:15

全ての画像・動画を見る(全1点)

システム・オブ・ア・ダウンが2001年にリリースし、グラミー賞にノミネート、そして全米で50万枚以上の大ヒットとなった代表曲「Chop Suey!」。システム・オブ・ア・ダウンのボーカリストであるサージ・タンキアンが、当楽曲について困っていることがあると明かした。

Revolver誌のインタビューに出演したサージ・タンキアン。彼は公でファンによって驚かされることが多く、楽曲の「Wake up!」という印象的な歌詞に呪われているとコメントしている。

「いつも公共の場にいるとき、ファンに背後から大声で“Wake Up!”と叫ばれるのが本当に怖いんだ。“まじで?興奮しているのは嬉しいけどやめてほしい!”ってなる。それが頻繁に起こるんだ」

自身の代表曲「Chop Suey!」の歌い出しである「Wake Up!」という歌詞を背後から叫ばれるのを恐れていると語ったサージ・タンキアン。しかし彼はそのファンの存在に感謝しており、「誰かが自分の音楽を聴いてくれるというのは世界で最も光栄なことだよ。そして、世代を超えて聴いてくれる人がいることが自分にとっては最高なことだ」とコメントしている。

「Chop Suey!」のミュージックビデオはYouTube上で10億回再生を突破した初のメタル曲となっており、ロック曲のカテゴリーでは再生回数ランキングで10位を誇っている。サージ・タンキアンは仮想現実のアプリでニュー・EP「Perplex Cities」をアプリArloop上でリリースするとも発表しており、9月19日から毎週1曲ずつ公開している。

System Of A Down – Chop Suey! (Official HD Video)

システム・オブ・ア・ダウン

アーティスト情報

世界トータル・セールス1,300万枚突破。
2001年8月リリースの前作『Toxicity』はビルボード初登場1位、ROLLING STONEやSPINといった権威誌にて年間ベスト・アルバムにも選定され、
世界各国でプラチナ及びゴールド・ディスクを獲得した。2003年、アメリカによるイラク攻撃直前にマイケル・ムーア監督(映画「華氏911」他)と制作した反戦ビデオ『Boom!』で一大キャンペーンを全米で行い世界平和を訴えかけたのも記憶に新しい。メンバー全員がアルメニア人移民であり、そのアイデンティティを掲げた最高にユニークな音楽性、作詞のほとんどを手がけるヴォーカリスト=サージの驚異的な歌唱力、作曲の全てを手がけるギタリスト=ダロンの強烈すぎるキャラクター、凄まじすぎるライヴ・パフォーマンスなどが特徴的で、突出したバンドとして圧倒的な人気を誇る。
また、音楽性やライヴ・パフォーマンスの過激さと平和的かつ人類愛に満ちたアティテュードとの両面性が愛される所以となっている。
彼らと共通点も多いレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン無き今、極めて信頼性の高いア-ティストとして最新作がもっとも待たれている存在でもある。
(引用)https://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/SystemOfADown/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube