Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

当初は全く良くないと感じていたと明かす

テーム・インパラが10年前にリリースした人気アルバム『Lonerism』を振り返る

2022.10.07 20:30

By Raph_PH , CC BY 2.0,

2022.10.07 20:30

全ての画像・動画を見る(全3点)

テーム・インパラのケヴィン・パーカーが『Lonerism』の10周年を記念し、インスタグラムにてアルバムを振り返った。

2012年の10月5日にリリースされたテーム・インパラの2ndアルバム『Lonerism』。グラミー賞にもノミネートされたヒット作であるが、彼は当時の心境をインスタグラムで明かしている。

「“Lonerism”が今日10歳になった。今の時点で、このアルバムがどんな意味を持つかをまとめるのは難しい。自分が音楽を作る上で、特別な時代だった。アーティストとして、自分を発見した時代だった。“Innerspeaker”を作ってから、今までと違う目的が生まれた。音楽をレコーディングする自分だけの世界に没頭し、完全に自分をコントロールさせる許可を音楽に与えた。今までにないクリエイティブな自由を感じていた。野心的で、変で、ポップで、実験的で、自分が信じるもののためにやっていたから、批判されても気にしないと感じていた。

もちろんリリース日がきて、全てが崩れた。アルバムが全く良くないと感じるようになり、人々が楽しんでいるイメージが湧かなかった。でも私は間違えていた。リリースされ、自分の期待を全て超え、人生が大きく変わった。少しづつ、音楽が良いと思うようになり、また新たな目的ができた。そしてそのサイクルがまた始まる

『Lonerism』を制作した当時の心境、そしてアルバムにたいする自分の意見がリリースされてから変わったとコメントしたテーム・インパラ。こちらのアルバムはリリース後オーストラリアでプラチナ認定され、米ビルボード・チャートでも34位にチャートインした。

全ての画像・動画を見る(全3点)

作品情報

『Lonerism』

『Lonerism』ジャケット

『Lonerism』ジャケット

『Lonerism』

2012年10月5日(金)リリース

Spotifyはこちら

収録内容

1. Be Above It
2. Endors Toi
3. Apocalypse Dreams
4. Mind Mischief
5. Music to Walk Home By
6. Why Won't They Talk to Me?
7. Feels Like We Only Go Backwards
8. Keep on Lying
9. Elephant
10. She Just Won't Believe Me
11. Nothing That Has Happened So Far Has Been Anything We Could Control
12. Sun's Coming Up

テーム・インパラ

アーティスト情報

テーム・インパラはケヴィン・パーカーである。2008年、EP『Tame Impala』をリリース後、MGMT等とのツアーを経て、2009年にはアルバム・リリース前ながらもサマーソニックに出演。2010年には待望のデビュー・アルバム『Innerspeaker』をリリースし、世界中のメディアから高評価を得ては、2012年リリースの2nd アルバム『Lonerism』ではNME年間ベスト・アルバム・ランキング1位を飾り、2015年リリースの『Currents』はBRIT AWARDのBest International Groupを受賞し、2作続けてグラミー賞にもノミネートされている。作詞作曲家/プロデューサーとして、ケヴィン・パーカーは過去にザ・ウィークエンド、トラヴィス・スコット、SZA、レディー・ガガ、マーク・ロンソン、カニエ・ウェスト、A$AP Rocky等ともコラボしている。2019年にはコーチェラ、ロラパルーザ、ACL等数々の音楽フェスのヘッドライナーを務め、2020年には待望の4thアルバム『The Slow Rush』をリリースしては、Best Alternative Music Album賞を含むグラミー賞の2部門にノミネートされ、母国オーストラリアのARIA ミュージック・アワード 2020では、最優秀グループ賞や、年間最優秀アルバム賞を含む5部門受賞。

(引用)https://www.virginmusic.jp/tame-impala/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 監督の小林光大が“誰かに会いたくなる”時間を描く あいみょん、本日リリースした杉咲花主演ドラマ主題歌「会いに行くのに」MV公開

    2024.05.22 20:00

    あいみょんが、本日5月22日(水)にリリースした16thシングル『会いに行くのに』のMusic VideoをYouTubeにて公開した。 「会いに行くのに」は杉咲花が主演を務める月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』主題歌で、Music Videoの監督は過去にも「愛を知るまでは」「双葉」など多くの映像を手掛けた小林光大が担当。海岸や電車、見晴らしの良い丘などシチュエーションを変えながら、“どこかに向かう”“誰かに会いに行く途中”のあいみょんの姿を、2人組の男女や子供たちなどのキャストも登場させながら印象的に描いている。また、MV公開に合わせてあいみょんと小林監督からのコメントも到着し<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44765/">…

    #あいみょん

  • オタズネモノ by 庄村聡泰 Shiggy Jr.の満場一致「やっぱりバンドが好き」

    #7 2024.05.22 18:00

    どうも読者の皆々様方「オタズネモノ」こと庄村聡泰にございます。不定期にも程がある当シリーズの第7回目にお越し下さいましたのは先頃“再集結”というアナウンスで活動再開を発表してくれたShiggy Jr.の4名。お越し下さいましたと言うよりはこちらが皆様のリハ現場にお邪魔する形でしたので押し掛けさせて頂いたと言う方が正しいのですが(どうでもいい文章)。 実はドラムの諸石君は旧知の仲でして、バンド屈指のブッ飛ばし曲「お手上げサイキクス」が大好きで間奏のドラムソロに激しく憧れていました。そんな話も久し振りにしつつ、色々様々を経てこうして再集結した4人の現在地や新作『LIFE GOES ON』のお話など<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44639/">…

    #Shiggy Jr.#インタビュー#オタズネモノ#庄村聡泰

  • 8大特典付きDeluxe Editionなど3形態で発売 timeleszが改名後第一弾作品発表、新グループ名冠した7曲入りEPを6月19日リリース

    2024.04.26 17:00

    4月1日にグループ名を“Sexy Zone”から改名した”timelesz“が、第一弾作品を6月19日(水)にリリースすることを発表した。タイトルは自らの新グループ名を冠した『timelesz』。7曲を収録したEPとして発売される。 今作には新たに制作した4曲に加えて昨年Sexy Zone名義でリリースした「本音と建前」「人生遊戯」「puzzle」の3曲を収録。商品形態はDeluxe Edition、Limited Edition、Standard Editionの3形態で発売される。 初の試みである8大特典付きのDeluxe EditionはA4サイズの“timelesz BOX”仕様のパッ<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43898/">…

    #timelesz#佐藤勝利#松島聡#菊池風磨

  • 2度目の共演で息の合ったバディを演じる 杉咲花×萩原利久が信頼関係を築きながら真相に向かう 映画『朽ちないサクラ』新場面写真解禁

    2024.05.14 12:00

    6月21日(金)に全国公開される杉咲花主演映画『朽ちないサクラ』の新場面写真が解禁された。 原作は「孤狼の血」「佐方貞人」「合理的にあり得ない」など数々のシリーズが映像化されている柚月裕子の同名小説。県警の広報職員という本来は捜査する立場にない主人公が親友の変死事件の謎を独自に調査し、事件の真相と次第に浮かび上がる“公安警察“の存在に迫っていく異色の警察小説となり、発行部数は続編の「月下のサクラ」と合わせて累計40万部を刊行している。 主人公の県警・広報職員26歳の森口泉を演じる杉咲花は、『市子』『52ヘルツのクジラたち』『片思い世界』と映画での主演が続く実力派俳優。単独主演作となる本作では、<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44469/">…

    #朽ちないサクラ#杉咲花#萩原利久

  • 東阪2Days開催する初アリーナライブのタイトルも決定 菅田将暉が3rdアルバム『SPIN』発表、自らプロデュースに関わる曲を多数収録した意欲作に

    2024.04.26 12:00

    菅田将暉が3枚目のオリジナルアルバム『SPIN』を7月3日(水)にリリースすることを発表した。 今作にはタイアップシングルはもちろん、菅田自身がプロデュースに関わった楽曲も多数収録予定。店舗別の予約特典も解禁され、本日より予約がスタートした。 また、先日発表したアリーナライブのタイトルが「菅田将暉 LIVE 2024 “SPIN”」に決定。自身最大規模となる東京・大阪2Daysでのアリーナライブは、2024年9月4日(水)・5日(木)に大阪城ホール、9月15日(日)・16日(月・祝)に国立代々木競技場第一体育館にて開催される。 菅田将暉は2017年から本格的に音楽活動を開始。2019年リリース<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43881/">…

    #菅田将暉

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube