Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

黒人女性としてロックをやる意味を語る

ウィローが2021年にロックミュージックに転向した理由とは?

2022.09.21 17:00

WILLOW - t r a n s p a r e n t s o u l feat. Travis Barker

2022.09.21 17:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

10月6日にニュー・アルバム『<COPINGMECHANISM>』をリリースするウィロー・スミスが、ロックミュージックをやる理由を語った。

2021年にリリースした『lately I feel EVERYTHING』で、ロックミュージックに転向したウィロー。彼女は今月17日に公開されたthe Observerのインタビューにて、黒人女性としてロックのジャンルに居場所を見つける必要性について以下のようにコメントしている。

「疎外されたコミュニティたちが、今まで受け入れられてこなかった場所に足を踏み入れて、“私は人間で、私もここにいていい”と示すことが重要。
私たちは皆、あらゆる種類のすべての方法で自分自身を表現する自由が与えられるべき。その一つの方法がロックミュージックである。音楽は音楽だけではなく、社会活動でもある。歴史的にも、音楽は人類の思考プロセスに最も大きなインパクトをもたらしてきた」

また、歴史的にもロックのルーツがブラックコミュニティにあることも語っており、「ブルースがロックのルーツでもある。でも社会的や政治的な理由によって、その歴史は消されてきた。有色人種、女性、LGBTQ+ コミュニティの人々が立ち上がって自分たちが作ってきた歴史を知ることを望まない人たちが今でもたくさんいる」と考えを明かしている。

以前Glamourのインタビューに出演した際にも、ウィローは「ロックアルバムを作ろうとしたとき、レーベルの偉い人たちは疑問を持っていた。もし私が白人だったら特に問題はなかっただろうけど、黒人ということもあり、“必要以上に難しくすることはやめよう”と言われた」と発言していた。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

『COPINGMECHANISM』

『COPINGMECHANISM』ジャケット

『COPINGMECHANISM』ジャケット

『COPINGMECHANISM』

2022年10月6日(金)リリース

予約はこちら

収録内容

1. maybe it’s my fault
2. Falling Endlessly
3. curious/furious
4. WHY?
5. Coping Mechanism
6. Split
7. hover like a GODDESS
8. ur a stranger
9. Perfectly Not Close To Me (feat. Yves Tumor)
10. No Control
11. BATSHIT!

ウィロー・カミール・レイン・スミス(Willow Camille Reign Smith、2000年10月31日 - )は、ウィローの芸名で知られるアメリカ合衆国の女性歌手、女優、ダンサー。彼女は俳優ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット=スミスの娘である。兄に俳優のジェイデン・スミス、トレイ・スミス。
2007年に映画『アイ・アム・レジェンド』で俳優デビュー。2015年にモデル事務所「ソサエティ・マネージメント」と契約。
ウィローは、2010年秋にシングル『ホイップ・マイ・ヘアー』と『トゥエンティファースト・センチュリー・ガール』を発表し、音楽活動を開始した。
ジェイ・Zのレーベルロック・ネイションと契約し、同レーベルの中で最も若いアーティストとなった。『ホイップ・マイ・ヘアー』はBillboard Hot 100で最高11位を記録。また、ミュージック・ビデオはBETアワードの年間賞の候補となった。
2015年12月11日にデビュー・アルバム『アルディピテクス』を発表。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 北は北海道、南は鹿児島まで巡る SUPER BEAVERが2023年4月よりホールツアー開催、初めて行く街を中心に19公演

    2022.10.03 18:00

    SUPER BEAVERが、2023年4月から6月にかけて19公演に及ぶホールツアー「都会のラクダ HALL TOUR 2023 〜 ラクダ紀行、ロマン飛行 〜」の開催を発表した。 2020年4月にメジャー再契約を果たし、10月1日より放送がスタートした大人気TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第6期のオープニングテーマに新曲「ひたむき」が起用され、同曲を表題曲としたニューシングルを11月30日(水)にリリースするSUPER BEAVER。 「都会のラクダ HALL TOUR 2023 〜 ラクダ紀行、ロマン飛行 〜」と銘打たれた今回のツアーは、4月14日(金)の宇都宮市文化会館公演を皮切りに<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9959/">…

    #SUPER BEAVER

  • 映画『もっと超越した所へ。』主題歌 aikoの43枚目シングル『果てしない二人』 10月12日リリース決定

    2022.09.10 01:25

    aikoが43枚目のシングル『果てしない二人』を10月12日(水)にリリースすることが決定した。前作『ねがう夜』から約半年ぶりのリリースとなる。 aikoは現在15年ぶりとなるファンクラブツアー『Love Like Rock Limited vol.2』を開催中。自身の新型コロナウイルス感染により9月2日(金)と3日(土)の福岡・Zepp Fukuoka公演は延期を余儀なくされたが、無事に療養期間が明け、昨日9月9日(金)の北海道・Zepp Sapporo公演よりツアーを再開している。 その復帰ライブとなったZepp Sapporo公演のMCにて、aikoの口からニュー・シングル『果てしない二<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8229/">…

    #aiko#もっと超越した所へ。

  • Mrs. GREEN APPLEによる主題歌も一部解禁 二宮和也主演、中島健人、桐谷健太らが熱演 『ラーゲリより愛を込めて』新予告公開

    2022.10.04 08:00

    12月9日(金)より全国東宝系にて公開される映画『ラーゲリより愛を込めて』の最新予告映像が公開され、Mrs. GREEN APPLEが歌う主題歌「Soranji」の一部が初解禁となった。 第二次世界大戦終了後、零下40度を超える厳冬のシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、死と隣り合わせの日々を過ごしながらも家族と仲間を想い、希望を胸に懸命に生きた男・山本幡男の壮絶な半生を描く本作。 公開された映像では、生きる希望を唱え続けた山本(二宮和也)が突如耳元を押さえ雪の中に倒れ込み身体が病魔に蝕まれてしまっていたことが発覚する。それでも妻・山本モジミ(北川景子)との約束を胸に帰国(ダモイ)を信じ続け病魔<a href="https://bezzy.jp/2022/10/10073/">…

    #Mrs. GREEN APPLE#ラーゲリより愛を込めて#二宮和也#北川景子

  • 本日公開のPV第2弾で音源が初解禁 女王蜂がTVアニメ『後宮の烏』OPテーマ担当、EDテーマは新人女性シンガーkrage

    2022.09.09 20:00

    10月1日より地上波にて放送がスタートするTVアニメ『後宮の烏』のオープニングテーマに女王蜂の新曲「MYSTERIOUS」が、エンディングテーマに新人女性シンガー・krageの新曲「夏の雪」が決定した。 『後宮の烏』は、夜伽をすることのない特別な妃「烏妃」と呼ばれる寿雪と時の皇帝・高峻を中心に織りなされるシリーズ累計発行部数120万部を突破した中華幻想譚小説を原作としたTVアニメ。本日『後宮の烏』の本PV第2弾が公開され「MYSTERIOUS」と「夏の雪」の音源が初解禁となった。 女王蜂の新曲「MYSTERIOUS」は10月26日にシングルとしてリリースされる。CD+Blu-rayの初回生産限<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8189/">…

    #krage#女王蜂#後宮の烏

  • 中島歩演じる飛坂との出会いを捉える 松井玲奈が“遅い初恋” 『よだかの片想い』本編映像が公開

    2022.09.08 17:00

    9月16日(金)より全国公開される映画『よだかの片想い』から本編映像が公開された。 主演を務めるのは、松井玲奈。初主演映画『笑う招き猫』やNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』などの出演で知られる。本作は、そんな松井本人が原作に惚れ込み、長年熱望していた映像化がついに実現した意欲作。飛坂を演じた中島歩は、『いとみち』、『偶然と想像』、『愛なのに』にといった話題作に出演を重ねてきた。他にも、出版社に勤務するアイコの友人役に織田梨沙、研究室の仲間役に藤井美菜、青木柚など、急速に注目度を高めている若手俳優が集まった。 監督を務めるのは、安川有果。これまで、長編映画『Dressing Up』などの作品を<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7960/">…

    #よだかの片想い#中島歩#安川有果#松井玲奈

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube