Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

永野芽郁との撮影前エピソードも明らかに

映画『マイ・ブロークン・マリコ』、マリコ演じる奈緒の場面写真&自筆の手紙を公開

2022.09.16 18:00

2022.09.16 18:00

全ての画像・動画を見る(全5点)

9月30日より全国公開される永野芽郁主演、タナダユキ監督による映画『マイ・ブロークン・マリコ』より、奈緒演じるマリコの場面写真と自筆の手紙が公開された。

原作である平庫ワカのコミック『マイ・ブロークン・マリコ』は、2019年に無料WEBコミック誌『COMIC BRIDGE』で連載されるやいなや毎話SNSでトレンド入りし、翌年出版された単行本は即重版が決定するなど爆発的な反響を呼んだ。「輝け!ブロスコミックアワード2020」大賞を受賞、「この漫画がすごい!2021年オンナ編」第4位にランクインした他、2021年に文化庁が主催するメディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞するなど、ほぼ無名に近い新人作家の初連載作にも関わらず異例の快挙を成し遂げている。

同作品を原作とした今作は、タナダユキ監督の力強さと繊細さを兼ね備えた演出、主演の永野芽郁のこれまでのイメージを覆す大胆な役柄と演技、そして原作の持つ物語の力がひとつになり、人間の儚さと逞しさが優しく熱をもって描かれている。先日、カナダ・モントリオールで行われたファンタジア国際映画祭では最優秀脚本賞の受賞も果たした。

本日公開となった奈緒演じるマリコの写真では、屈託のない笑顔を見せながらも頬には殴られた痣が痛々しく写っている。また、シイノ(永野芽郁)が旅をする中で、マリコの回想と共に出てくる“手紙”が本作で重要なアイテムとして登場。時代感を感じさせるとともに、回想での出演となるマリコのキャラクターを表すため、マリコを演じた奈緒がすべて手紙を自筆している。

奈緒は、最初にタナダユキ監督と会った際に「美術部さんが用意されるかもしれませんが、手紙を書いてもいいですか」と相談し、監督からも「書いてほしい」とリクエストがあり書き始めたという。原作を読み心を強く動かされた奈緒は「この作品のために最大限、思いつく限りのことは全部やりたいと思っていました」と話しており、そのひとつとしてキーアイテムとなる“手紙”を書いたとのこと。

また、奈緒が手紙を書き始めた時期に、シイノを演じた永野も役作りの一環でドクターマーチンを履き始めており、ふたりは示し合わせたわけではなく同時期に『マイ・ブロークン・マリコ』の旅をスタートさせていたというエピソードも明らかとなった。

全ての画像・動画を見る(全5点)


作品情報

『マイ・ブロークン・マリコ』

『マイ・ブロークン・マリコ』本ビジュアル

『マイ・ブロークン・マリコ』本ビジュアル

『マイ・ブロークン・マリコ』

2022年9月30日(金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA
原作:平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』(BRIDGE COMICS/KADOKAWA刊)

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

永野芽郁
奈緒 窪田正孝 尾美としのり 吉田羊

監督:タナダユキ
脚本:向井康介 タナダユキ
音楽:加藤久貴
エンディングテーマ:「生きのばし」Theピーズ(P)2003King Record Co.,Ltd.

エグゼクティブプロデューサー:小西啓介
コー・エグゼクティブプロデューサー:堀内大示 大富國正
企画・プロデューサー:永田芳弘
プロデューサー:米山加奈子 熊谷悠
共同プロデューサー:横山一博 岡本圭三 成瀬保則
撮影:高木風太
照明:秋山恵二郎
録音:小川武
美術:井上心平
装飾:遠藤善人
編集:宮島竜治
VFXスーパーバイザー:諸星勲
音響効果:中村佳央
スクリプター:増子さおり
スタイリスト:宮本茉莉
ヘアメイク:岩本みちる
キャスティング:山下葉子
助監督:松倉大夏
制作担当:村山亜希子
製作:映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会(ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA/エキスプレス)
製作幹事:ハピネットファントム・スタジオ
制作プロダクション:エキスプレス
制作協力:ツインズジャパン
文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

(C)2022映画『マイ・ブロークン・マリコ』製作委員会

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 初共演の二人がお互いの印象を語る 『月の満ち欠け』有村架純&目黒蓮の現場レポート、メイキング写真公開

    2022.10.04 18:00

    12月2日(金)全国公開予定の映画『月の満ち欠け』から現場レポートとメイキング写真が公開された。 2017年に第157回直木賞を受賞し、累計発行部数56万部を超える佐藤正午によるベストセラー小説『月の満ち欠け』(岩波書店刊)。本作はその実写映画化作品。現代を生きる、愛する妻子を亡くした男性・小山内と、27年前にある女性と許されざる恋をした男性・三角。無関係だった彼らの人生が、”瑠璃”という名の女性の存在で交錯する。これは、「愛する人にもう一度めぐり逢いたい」という想いが起こした”奇跡”が紡ぐ、数奇で壮大なラブストーリーとなる。 主人公・小山内堅には大泉洋。小山内の娘と同じ名前を持つ謎の女性、正<a href="https://bezzy.jp/2022/10/10151/">…

    #廣木隆一#月の満ち欠け#有村架純#目黒蓮

  • 新作を引っ提げた全24公演のツアーも ザ・クロマニヨンズ16枚目アルバム『MOUNTAIN BANANA』が2023年1月に発売

    2022.09.26 14:10

    ザ・クロマニヨンズが、16枚目のニューアルバム『MOUNTAIN BANANA』を2023年1月18日に発売することを発表した。 2006年7月の出現以来、17年間コンスタントにシングルとアルバムの発売を重ね、12月14日にはニューシングル『イノチノマーチ』の発売も控えているザ・クロマニヨンズ。 16枚目となるアルバム『MOUNTAIN BANANA』は、番組オンエア開始時から話題の先行シングル「イノチノマーチ」(NHK Eテレ「ギョギョッとサカナ★スター」および総合テレビ「超ギョギョッとサカナ★スター」主題歌)を含む全12曲入りで、楽曲タイトルも発表された。バラエティに富んだアルバムに仕上が<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9376/">…

    #ザ・クロマニヨンズ

  • 内澤崇仁(androp)が前作に続きプロデュース Hakubiが新曲「君が言うようにこの世界は」MV公開、YouTuber女優“めがね”が出演

    2022.09.30 21:00

    京都発の3ピースバンドHakubiが、本日9月30日(金)に配信リリースした新曲「君が言うようにこの世界は」のミュージックビデオを公開した。 「君が言うようにこの世界は」は、前作「あいたがい」に引き続き内澤崇仁(androp)によるプロデュース楽曲。帰り道でふと立ち止まり、目の前に敷かれているレールから一歩踏み出すことで「自由」を手にし、新しい朝に向かって歩き始める姿を描くポジティブな作品となっている。 今作のMVは新進気鋭の映像ディレクター宮原拓也が監督を務め、カメラマン中野道が撮り下ろした。YouTuberで女優の“めがね”が演じる女性の早朝の1シーンが全編スローモーションで展開していき、<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9647/">…

    #Hakubi#内澤崇仁#宮原拓也

  • 大切な場所の跡地をメンバーが駆け抜ける ODD Foot Worksが“超音楽宣言” 最新アルバムより「音楽」MV公開

    2022.09.28 20:00

    ODD Foot Worksが、本日9月28日(水)にリリースしたニューアルバム『Master Work』より「音楽」のミュージックビデオを公開した。 公開されたMVでは、過去のMVで訪れたロケ地やかつてバンドが音楽を鳴らしていた大切な場所の跡地を含む様々な地点をメンバーが駆け抜けながらひとつのストーリーが展開している。 アルバム『Master Work』は、全10曲で約30分というタイトな構成ながら、メンバー全員が「本当にすごいアルバム!」「かつてないほど濃密にして濃厚な内容になった」と自負する作品。“超音楽宣言”をキャッチフレーズにさまざまな発信を行っている。 収録曲は、Tondenhey<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9468/">…

    #ODD Foot Works

  • 「大人たちが本気でふざける」時代劇エンターテインメント 平野良主演舞台『る祭』全キャスト発表 藤田玲、菊池修司、大平峻也、南キャンしずちゃんら

    2022.10.02 20:30

    2022年12月23日(金)~26日(月)明治座にて、2023年1月8日(日)梅田芸術劇場メインホールにて、舞台『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』(通称:る祭(るさい))が上演される。本作で座長を務める平野良、演出の板垣恭一、脚本の村上大樹が本日、演劇製作会社る・ひまわりのYouTubeチャンネルに出演し、全出演キャストを発表した。 本公演は2011年より、演劇製作会社る・ひまわりと創業150年を迎える老舗大劇場の明治座がタッグを組み、「大人たちが本気でふざける」をモットーに、“面白おかしく、そしてなんとなく歴史が学べる舞台公演“として、世界に誇れる「日本人」そして「日本の歴史」<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9922/">…

    #る祭#大平峻也#平野良#笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康#菊池修司#藤田玲

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube