Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

聞いたこともない金額をオファーされたと発言

The 1975のマット・ヒーリィがエド・シーランのツアー前座を断った理由を明かす

2022.09.14 18:30

By Drew de F Fawkes - The 1975, Roundhouse, London, CC BY 2.0

2022.09.14 18:30

全ての画像・動画を見る(全2点)

10月14日にニュー・アルバム『Being Funny in a Foreign Language』をリリースするThe 1975のフロントマン、マット・ヒーリィがThe New York Times誌にて、エド・シーランとの交流について語った。

マット・ヒーリィは、エド・シーランにスタジアムツアーのサポートアクトを頼まれたが、断ったと明かしている。

「ここまでビッグになって、商業的に成功することに興味がないと言うのは難しいかもしれない。でも、今までの方法が間違えていないのであれば、変えなくてもいいというのもある。私たちは常に何をやるかわからない状態で、トライしようとしていたわけでもない。だからその方法をやめた瞬間に、失敗するだろう。
お金のために何かをやることを断る習性がある。失礼にならないように、どのように書けばいいかわからないけど、世界で最も大きなシンガー・ソングライターのスタジアム・ツアーにおけるサポートアクトを頼まれたんだ。人生で見たことも、聞いたこともないような金額をオファーされた」

インタビューで「その人物はエド・シーランか?」と聞かれた際に、エド・シーランであることを認めたマット・ヒーリィ。さらに彼はこのように発言している。

「エド・シーランなんだけど、メインサポートとして何でもやっていいって言われたんだ。オファーされた金額を考えてみてほしい。彼は単にオファーしているだけではなく、自分のライブでその3倍を稼ぐことができるということだ。ヤバいよ。
引き受けなかった理由としては、興味がなかったし、その価値がなかったんだ。エド・シーランが好きじゃないわけでじゃない。彼は色んな意味で天才だし、他の人より上手くやる。でも誰かのオープニングアクトを務めるのは、あまりリアルじゃなかった。そういうことを考えるんだ」

また、彼はこのインタビューが公開された後、自身のTwitterにて以下のように補足をしている。

「一応言っておくと、私はエド・シーランを非常にリスペクトしていて、彼とステージに立つことを拒否したわけじゃないんだ。単に自分たちのショーをやりたいだけだ。彼はプライベートでも、公でも常に良くしてくれるし、Twitterで炎上させないでほしい」

The 1975は2023年1月からイギリスとアイルランドツアーをヘッドラインする。

全ての画像・動画を見る(全2点)


The 1975(ザ・ナインティーンセヴンティファイヴ)は、イギリス出身のポップ・ロックバンド。2002年にチェシャー州ウィルムスローのen:Wilmslow High Schoolで結成され、現在はマンチェスターを拠点に活動している。ボーカル・ギターのマシュー・ヒーリー、リード・ギターのアダム・ハン、ベーシストのロス・マクドナルド、ドラマーのジョージ・ダニエルの4人組。

メンバーはウィルムスロー高校で出会いバンドを結成。Dirty Hitと契約しデビューアルバム『The 1975』(2013年)をリリース、UKチャートで1位を記録する。続く2作目のアルバム『I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful yet So Unaware of It』(2016年)はアメリカとイギリスの両方で1位を獲得した。短い活動休止を経てリリースされた3作目のアルバム『A Brief Inquiry into Online Relationships』(2018年)は批評家から高い評価を受け、3枚目のイギリスNo.1アルバムとなった。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/The_1975

エド・シーラン

アーティスト情報

エド・シーランは、世界中で4500万枚以上のアルバムと1億5000万枚のシングルを売り上げた、時代を代表するアーティストだ。示唆に富むソングライティング、ポップの万能性、そしてジャンルを超えて融合する影響力を通じて、彼の豊かな才能は、リスナーに完璧にフィットするだけでなく、世代を超えて魅了する。
2010年、当時気に入ったグライム系アーティストをフィーチャーした8曲入りEP『No.5 Collaborations Project』でUKサーキットに登場して以来、その比類なきソングクラフトと多様性によって世界中のファンと共鳴し合ってきた。そして現在、『+』(2011年)、『x』(2014年)、『÷』(2017年)、『No.6 Collaborations Project』(2019年)、そして『=』(2021年)と5作連続で全英No.1アルバムとなり、エドは地球上で最も人気があるポップスターの1人としてその地位を再確認し続けている。

彼の大ヒットとなった3枚目のスタジオ・アルバム『÷』は、現在もイギリスで男性アーティストによる史上最速の売り上げを記録しており、リード・シングル「Shape of You」は、Spotify史上最もストリームされた楽曲としての地位を維持している。

2019年末、2010年から2019年の間、英国の公式シングルおよびアルバム・チャート全体で最多No.1を獲得するなど、母国英国で数々の功績を残し、オフィシャル・チャート・カンパニー初の「No.1 Artist of the Decade」賞を授与されていた。最近では、イギリスのシングル・チャートで52週(通年)1位を獲得した最初のイギリス人ソロ・アーティストとなり、オフィシャル・チャート・カンパニーでも新たな偉業を達成している。

昨年10月に発売された新作アルバム『=』のリリースに先立ち、「Bad Habits」で(これまで2022年で最も売れた全英No.1シングル)と「Shivers」という2曲の全英シングルNo.1を獲得し、2曲合わせて15週間にわたり全英公式シングル・チャートの上位に君臨していた。さらに、『=』はリリース以来、世界中で300万枚以上を売り上げ、2022年度グラミー賞の<ソング・オブ・ザ・イヤー>にもノミネート、2022年度ビルボード・ミュージック・アワードでは9部門にノミネートされ、<トップ・ビルボード・グローバル・アーティスト>を受賞した。

彼が21世紀の人気アーティストの1人となったのは、彼の音楽作品の成功だけではない。大きな会場を、彼の初めてステージとなったパブのバックルームに変えてしまう神秘的な能力を持つエドは、2015年に、バンドなしで、ギターとループペダルだけで、ウェンブリー・スタジアムを3夜連続でソールドアウトにして史上初のソロ・アーティストとなり、歴史を刻んでいた。2019年の夏、2年にわたる大規模なディバイド・ツアーで史上最も観客動員数の多いツアーとなり、再び歴史に名を刻む。そして今年はウェンブリー・スタジアムで5夜にわたって行われる「+ - = ÷ x Tour」(マスマティクス・ツアー)が控えている。

https://wmg.jp/edsheeran/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 「春を告げる」から2年ぶり”くじら”とのタッグが実現 『SPY×FAMILY』第2クールED主題歌はyama「色彩」 ノンクレジット映像が公開

    2022.10.01 23:30

    yamaの新曲「色彩」が、10月1日(土)23時よりテレビ東京系にて放送が始まるTVアニメ『SPY×FAMILY』第2クールのエンディング主題歌に決定。エンディング主題歌「色彩」を使用したノンクレジットアニメ映像もあわせて公開された。 映像の絵コンテ・演出を担当したのは、『映画大好きポンポさん』で監督を務めた平尾隆之。楽曲のタイトル「色彩」にちなんだカラーアレンジメントとワンカット撮影のようなカメラワークでフォージャー家の日常をスタイリッシュに描いたアニメ映像に仕上がっている。 また新曲「色彩」は自身初のオリジナル楽曲にして代表曲となった「春を告げる」から約2年ぶり、気鋭のアーティスト”くじら<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9857/">…

    #SPY×FAMILY#yama

  • 映像監督のSpikey Johnと初タッグ BUMP OF CHICKEN、『SPY×FAMILY』主題歌「SOUVENIR」MVを今夜プレミア公開

    2022.10.04 13:00

    BUMP OF CHICKENが、新曲「SOUVENIR」のMVを本日10月4日(火)22時よりプレミア公開することを発表した。 「SOUVENIR」は9月29日(木)に配信リリースされたBUMP OF CHICKENにとって約半年振りの新曲で、10月1日(土)23時よりテレビ東京他にて放送がスタートしたTVアニメ『SPY×FAMILY』第2クールのオープニング主題歌となっている。 プレミア公開されるMVのディレクションを務めたのは、BUMP OF CHICKENと初のタッグを組む映像監督のSpikey John。YouTube上では、高速道路をタイムラプスで撮影した疾走感のあるティザー映像が<a href="https://bezzy.jp/2022/10/10102/">…

    #BUMP OF CHICKEN#Spikey John#SPY×FAMILY

  • 限定盤には特典DVDやステッカーが付属 秋山黄色の新アー写が公開、アニメ『僕のヒーローアカデミア』EDテーマ収録シングルの詳細発表

    2022.09.29 18:00

    秋山黄色が新たなアーティスト写真を公開するとともに、11月23日(水)にリリースするCD『SKETCH』のジャケット写真と収録内容を発表した。 新曲「SKETCH」は今週末10月1日(土)から放送開始のTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第6期のエンディングテーマ。同楽曲を収録したCDのジャケット写真は、楽曲のメッセージからインスピレーションを得た花束がモチーフとなっている。 さらにCDの収録内容も解禁。CD期間生産限定盤にはTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第6期描き下ろしイラストジャケットに加え、TVアニメのノンクレジットエンディング映像を収録した特典DVDや、書き下ろしイラスト絵柄ステ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9597/">…

    #ヒロアカ#僕のヒーローアカデミア#秋山黄色

  • ジャケット写真&オリジナル特典の画像も公開 藤原さくら、ファン投票で「ゆめのなか」弾き語りver.が新EPに収録決定

    2022.09.26 18:00

    藤原さくらが11月9日にリリースするシングルEP『まばたき』に、「ゆめのなか」の弾き語りバージョンが収録されることが決定した。 シンガーソングライターとしてはもちろん、10月スタートのTVドラマ『束の間一花』にヒロイン役として出演するなど、多彩な活動を行なっている藤原さくら。シングルEP『まばたき』リリース決定を記念して開催されていた弾き語り再録曲を決めるファン投票で1位に選ばれた前アルバム『SUPERMARKET』収録の楽曲「ゆめのなか」がEPに収録されることが決定した。 同時に『まばたき』のジャケット写真も公開された。同作の完全生産限定盤は、CDと撮りおろし写真、藤原さくら自身による全曲セ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9386/">…

    #藤原さくら

  • 全公演完売で迎えた東阪ワンマン東京編をレポート さとうもかが見せるビタースイートな夢、創意工夫に満ちた夏の終わりの東京キネマ倶楽部公演

    2022.09.13 17:00

    さとうもかが梅田シャングリラと東京キネマ倶楽部で各々2公演行った「Sugar Science Show〜2022 Summer〜」は全公演がSOLD OUT。今回は東京公演の一部をレポートする。ライブタイトルとして恒例になった“Sugar Science”の、「甘くて夢みたいだけど、現実」というニュアンスを存分に味わった。 ダイナ・ショアやコーデッツ、ディジー・ガレスピーなどジャズやオールディーズの開場BGMが似合いすぎるキネマ倶楽部のシチュエーションに、現実感が後退していく。昔の映画館のアナウンスのようなメンバー紹介とともにシンリズム(Gt)、厚海義朗(Ba)、沼澤成毅(Key)、河合宏知(<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8403/">…

    #さとうもか#ライブレポート

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube