Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

純愛か狂気か問いかける予告映像も

King Gnu・井口理が恋する歯科医師役で初主演、映画『ひとりぼっちじゃない』2023年春公開

2022.09.13 08:00

©2023「ひとりぼっちじゃない」製作委員会

2022.09.13 08:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

King Gnuの井口理が初主演を務める映画『ひとりぼっちじゃない』が、2023年春に公開されることが決定した。

原作は、『世界の中心で、愛をさけぶ』『スカイ・クロラ』など数々の名作を世に送り出してきた脚本家・伊藤ちひろが10年かけて上梓した小説『ひとりぼっちじゃない』。行定勲(『GO』『ナラタージュ』)の企画・プロデュースにより、伊藤自らが初監督と脚本を担当する。

主演は、バンドKing Gnuの井口理。脚本執筆の際、主人公・ススメを井口自身でアテ書きしたことを伊藤監督は明かしており、井口は撮影前から撮影地のロケハンにも帯同。並々ならぬ意欲で役柄を構築し初主演作に挑んだ。共演には、ススメが恋をする謎多き女性・宮子に馬場ふみか。宮子の友人でありながら、ススメを惑わせる蓉子に河合優実が出演する。

人とうまくコミュニケーションのとれない歯科医師のススメが恋をしたのはマッサージ店で働く宮子。しかしながら宮子は部屋に鍵をかけず突如連絡が取れなくなったりする、つかみどころがない女性だった。それでも彼女と抱き合っていると、ススメは自分を縛っている自意識から解放される気がしていた。自分でも理解できない自分を宮子は理解してくれている、ススメはそれがうれしかった。しかし、謎の多い宮子を前に自分は彼女のことを理解できていないと思い悩むススメ。ある日、宮子の友達である蓉子がススメに宮子の身に起きた驚きの事実を告げる──。

今回の発表に際し、出演者と監督からのコメントも到着している。

井口理 コメント
本作の主人公、ススメとの出会いが自分にもたらしたものはとても大きかった。人とコミュニケーションが取れない彼に向き合った約半年という時間の中で、自分自身が今まで人に伝えられず蓋をしていた気持ちとも同時に向き合うことになったからだ。自分と向き合うということ、それは今まで極力避けてきたことだったが今回の撮影を終えて、それがとても大きな財産になったと実感している。コミュニケーションがうまくいかないもどかしさは誰しもが感じるものであり、そこで生まれる葛藤はおそらく今回ススメという人間として形を成した。この作品に関わった全ての人に、出会いに、感謝します。そしてみなさんがご覧になったとき、少しでもやさしい気持ちで明日を生きていけますように。映画が完成した今、そう強く願います。

馬場ふみか コメント
当初は、一見すると柔らかくて温かいようで、内面はすごくドライで冷たさを持っている宮子をどう演じればいいのか戸惑いましたが、伊藤ちひろ監督との本読みや衣装合わせを進めていく中で、実は自分の本来持っている性質に近い部分があると気付きました。そのことに恐ろしさを覚えつつも、この役を演じられたことに運命めいたものを感じています。監督の創り上げる世界にどっぷり浸かりきっての撮影は、苦しくもあり宝物のようでもあり、不思議な時間でした。一人でも多くの方にこの作品が届きますように。

河合優実 コメント
お話をいただいて脚本を読み始めたとき、すぐに心奪われたのを覚えています。語弊を恐れずいえば、繰り出される数々の「ヘン」な描写に胸が躍り、また新しく、興味深い本に出会えたことが嬉しかったです。井口さんと馬場さんとそれぞれまったく違うパーソナリティを持ち込み、お互いの色を混ぜた結果どうなるのか全くわからない中で起こることを楽しんでいました。完成を見て、伊藤ちひろ監督の感性をどこまで素直に、純粋に保てるかの戦いだったんだなと改めて感じました。純粋さはいつでも強いものを産むなと思います。ぜひご覧ください。

伊藤ちひろ監督 コメント
相手の真意を察することの難しさ、妄想は広がっていくけど、なかなか答えに辿り着けない、そういう経験をしたことのある方は多いはず。これが恋となれば、ひどく自分の感情がこじれていく。相手の表情や言葉にいくら注意を向けても心を丸ごと見透すなんて不可能だから、コミュニケーションの向き合い方にうまく折り合いをつけられないと苦しくなっていく。その感覚をそのまま映画にしようと思いました。
初めて監督として立つ現場で限られた時間の中いくつもの判断を下していくことは、とても困難なことでしたが、この作品はキャストに恵まれました。
捉えどころのない漆黒の魅力を内包する馬場ふみかさん、鋭い視線で魅惑的な妖気が漂う河合優実さん、そして、わたしの曖昧なイメージを具現化し愛すべきキャラクターに創り上げてくれた井口理さんの存在に支えられてこの映画は誕生しました。
井口さんは、ススメという人物を演じるうえで次々と芽生える羞恥などのデリケートな感情を、そのまま晒すことも破壊してみせることもできる表現者で、彼から放出される異彩なムードがこの作品の世界を息が詰まるくらいに充してくれました。
ある意味、この映画はホラーです。楽しんで頂けたら幸いです。

さらに本ビジュアル、予告映像も解禁。本ビジュアルは、寄り添いあいながら眠るススメと宮子の幸せなはずながら不穏な空気感を感じさせる1枚。予告では生きづらそうなススメの姿、恋をしたススメが感じる幸せ、嫉妬、焦り、何かが狂っていく様子が描かれ、この恋の果てにあるものは純愛なのか狂気か問いかける映像となっている。

全ての画像・動画を見る(全7点)


作品情報

『ひとりぼっちじゃない』

『ひとりぼっちじゃない』ポスター©2023「ひとりぼっちじゃない」製作委員会

『ひとりぼっちじゃない』ポスター©2023「ひとりぼっちじゃない」製作委員会

『ひとりぼっちじゃない』

2023年春公開
配給:パルコ
©2023「ひとりぼっちじゃない」製作委員会

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

井口 理(King Gnu)
馬場ふみか 河合優実
相島一之 高良健吾 浅香航大 長塚健斗(WONK)
じろう(シソンヌ) 盛 隆二 森下 創
千葉雅子 峯村リエ

監督・脚本:伊藤ちひろ
エグゼクティブプロデューサー:古賀俊輔 倉田奏補 吉村和文 吉永弥生
企画・プロデュース:行定 勲
原作:伊藤ちひろ「ひとりぼっちじゃない」(KADOKAWA刊)

プロデューサー:金吉唯彦 吉澤貴洋 新野安行
宣伝プロデューサー:平下敦子
撮影:大内 泰
照明:神野宏腎
録音:日下部雅也
音響効果:岡瀬晶彦(JSA)
美術:福島奈央花
装飾:遠藤善人
スタイリスト:高橋さやか
ヘアメイクデザイン:倉田明美
ヘアメイク:吉田冬樹
編集:脇本一美
VFXスーパーバイザー:進 威志
音楽:手島 領(am8)
劇中映像:嶌村吉祥丸
スクリプター:押田智子
助監督:木ノ本 豪
制作担当:大川哲史

製作:「ひとりぼっちじゃない」製作委員会(ザフール セカンドサイト ダイバーシティメディア ミシェルエンターテイメント)
制作プロダクション:ザフール
企画協力:KADOKAWA
宣伝:満塁

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 監督はジャケットを担当した写真家の濱田英明 くるり「八月は僕の名前」MVに小松菜奈が出演、舞台は小さな街の理髪店

    2022.10.02 12:00

    くるりが、10月9日に開催する主催音楽イベント「京都音楽博覧会2022」の1週間前となる本日、新曲「八月は僕の名前」のミュージックビデオを公開した。 「八月は僕の名前」は、Prime Videoで独占配信されているAmazon Original連続ドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』の主題歌に起用されている楽曲。同ドラマは、漫画家・絵津鼓による幻冬舎コミックスの漫画『モアザンワーズ』、その後日譚である大洋図書発行の漫画『IN THE APARTMENT』のふたつの原作が織りなす愛し合う男性同士とそれを見守るひとりの女性の日々を綴る物語で、主題歌を4組のアーティストが担当、く<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9797/">…

    #くるり#小松菜奈#濱田英明

  • 黒人女性としてロックをやる意味を語る ウィローが2021年にロックミュージックに転向した理由とは?

    2022.09.21 17:00

    10月6日にニュー・アルバム『<COPINGMECHANISM>』をリリースするウィロー・スミスが、ロックミュージックをやる理由を語った。 2021年にリリースした『lately I feel EVERYTHING』で、ロックミュージックに転向したウィロー。彼女は今月17日に公開されたthe Observerのインタビューにて、黒人女性としてロックのジャンルに居場所を見つける必要性について以下のようにコメントしている。 「疎外されたコミュニティたちが、今まで受け入れられてこなかった場所に足を踏み入れて、“私は人間で、私もここにいていい”と示すことが重要。私たちは皆、あらゆる種類のす<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9023/">…

    #Willow#ウィロー・スミス

  • 4年ぶりにフジ系ドラマ主題歌を書き下ろし Official髭男dismの新曲「Subtitle」が川口春奈&目黒蓮共演ドラマ『silent』主題歌に決定

    2022.10.01 05:00

    Official髭男dismの新曲「Subtitle」が、10月6日(木)にスタートするフジテレビ系木曜劇場『silent』の主題歌に決定した。 オリジナル作品となる連続ドラマ『silent』は、主演の川口春奈が演じる主人公の青羽紬(あおばつむぎ)が、かつて本気で愛した恋人である目黒蓮演じる佐倉想(さくらそう)と、音のない世界で“出会い直す”という、切なくも温かいラブストーリー。 Official髭男dismがフジテレビ系連続ドラマの主題歌を担当するのは4年ぶりとなる。今回主題歌を書き下ろしたヒゲダンのメンバーは「”冬の歌は冬作るんじゃなくて、夏に作るんです。そうしないと冬に間に合いませんから<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9782/">…

    #Official髭男dism#silent#川口春奈#目黒蓮

  • 著名人からの推薦コメントも到着 マスコミに立ち向かった伝説のスピーチ『プリンセス・ダイアナ』本編映像公開

    2022.09.28 12:00

    9月30日より公開予定の映画『プリンセス・ダイアナ』より本編映像が公開され、著名人からの推薦コメントも到着した。 世界中で大フィーバーを巻き起こし日本でも高い人気を誇ったダイアナ元皇太子妃のドキュメンタリー映画が、没後25年となる今年秋、世界で初めて劇場公開される。歴史に残る結婚式。子供が生まれた日。離婚にまつわるスキャンダル。AIDSの子供を抱きあげる姿。そして彼女が亡くなった日――。世界中で25億人が見たという、ダイアナ妃の葬儀。カメラは全てを映し出していた。むきだしの映像が、ダイアナ元皇太子妃の人生を物語る。 ダイアナ妃の人生、そして悲劇的な死については過去にも何度も語られてきたが、アカ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9501/">…

    #エド・パーキンズ#プリンセス・ダイアナ

  • 怪談の第一章と音源も公開 メタリカのカーク・ハメットが自身の怪談に楽曲をつけるプロジェクトを開始

    2022.09.13 19:45

    メタリカのギタリストであり、ホラーファンとしても知られているカーク・ハメットが、自身の怪談に音楽をつけるプロジェクトを開始した。 山道の映像にアコースティックギターの楽曲をつけた動画をTikTokで公開したカーク・ハメット。彼はこの楽曲とともに、自身の怪談を掲載したRedditページのリンクも投稿している。今回掲載された怪談は「I Have To Get Rid of This Guitar I Found」の第一章となっており、彼はTikTokに投稿された音源を聞きながら怪談を読むことをおすすめしている。「Crossroad Magic Blues」と名付けられた第一章は、Abigail F<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8477/">…

    #カーク・ハメット#メタリカ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube