Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

エド・シーランがバンドの大ファンだと明かす

メタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスがエド・シーランとのコラボ曲について語る

2022.09.01 17:15

By Andreas Lawen, Fotandi - Own work, CC BY-SA 3.0

2022.09.01 17:15

全ての画像・動画を見る(全2点)

イギリス出身のエクストリーム・メタルバンド、クレイドル・オブ・フィルスがエド・シーランとのコラボ曲について語った。

ノットフェストにて、Revolver誌のインタビューに答えたクレイドル・オブ・フィルスのフロントマン、ダニ・フィルス。彼はエド・シーランとのコラボを進めていると明かした。

「エド・シーランとのコラボ曲を完成させないといけない。彼は少し進めてくれたけど、赤ちゃんが生まれて、世界中をツアーして少し作業が止まってしまったんだ。思い通りになるわけではないけど、彼は完成してくれるって約束してくれた。実際に最近彼と話したしな。
彼はなんでもやってくれると言ってくれたし、私たちの大ファンだとも言ってくれた。純粋に良い人だと思ったよ」

ダニ・フィルスは、エド・シーランとのコラボ曲は進んでいるが、まだ完成させることはできていないと明かした。エド・シーランがクレイドル・オブ・フィルスの大ファンということもありコラボに至ったようで、お互いのファン層のためにもチャリティでリリースすることを考えているとも発言している。

「エド・シーランとのコラボはとても楽しくなると思うんだ。信頼を獲得するためにも、チャリティーとしてリリースしてもいいかもしれない。彼のファンたちは、“エド・シーランがなんか変なコミカルな人たちとコラボしてる”って思うだろうし、クレイドル・オブ・フィルスのファンたちは “まじか、変なコラボだな”と思うかもしれない。でも今の時代、このようなコラボも成り立つと思うんだ」

全ての画像・動画を見る(全2点)


エド・シーラン

アーティスト情報

エド・シーランは、世界中で4500万枚以上のアルバムと1億5000万枚のシングルを売り上げた、時代を代表するアーティストだ。示唆に富むソングライティング、ポップの万能性、そしてジャンルを超えて融合する影響力を通じて、彼の豊かな才能は、リスナーに完璧にフィットするだけでなく、世代を超えて魅了する。
2010年、当時気に入ったグライム系アーティストをフィーチャーした8曲入りEP『No.5 Collaborations Project』でUKサーキットに登場して以来、その比類なきソングクラフトと多様性によって世界中のファンと共鳴し合ってきた。そして現在、『+』(2011年)、『x』(2014年)、『÷』(2017年)、『No.6 Collaborations Project』(2019年)、そして『=』(2021年)と5作連続で全英No.1アルバムとなり、エドは地球上で最も人気があるポップスターの1人としてその地位を再確認し続けている。

彼の大ヒットとなった3枚目のスタジオ・アルバム『÷』は、現在もイギリスで男性アーティストによる史上最速の売り上げを記録しており、リード・シングル「Shape of You」は、Spotify史上最もストリームされた楽曲としての地位を維持している。

2019年末、2010年から2019年の間、英国の公式シングルおよびアルバム・チャート全体で最多No.1を獲得するなど、母国英国で数々の功績を残し、オフィシャル・チャート・カンパニー初の「No.1 Artist of the Decade」賞を授与されていた。最近では、イギリスのシングル・チャートで52週(通年)1位を獲得した最初のイギリス人ソロ・アーティストとなり、オフィシャル・チャート・カンパニーでも新たな偉業を達成している。

昨年10月に発売された新作アルバム『=』のリリースに先立ち、「Bad Habits」で(これまで2022年で最も売れた全英No.1シングル)と「Shivers」という2曲の全英シングルNo.1を獲得し、2曲合わせて15週間にわたり全英公式シングル・チャートの上位に君臨していた。さらに、『=』はリリース以来、世界中で300万枚以上を売り上げ、2022年度グラミー賞の<ソング・オブ・ザ・イヤー>にもノミネート、2022年度ビルボード・ミュージック・アワードでは9部門にノミネートされ、<トップ・ビルボード・グローバル・アーティスト>を受賞した。

彼が21世紀の人気アーティストの1人となったのは、彼の音楽作品の成功だけではない。大きな会場を、彼の初めてステージとなったパブのバックルームに変えてしまう神秘的な能力を持つエドは、2015年に、バンドなしで、ギターとループペダルだけで、ウェンブリー・スタジアムを3夜連続でソールドアウトにして史上初のソロ・アーティストとなり、歴史を刻んでいた。2019年の夏、2年にわたる大規模なディバイド・ツアーで史上最も観客動員数の多いツアーとなり、再び歴史に名を刻む。そして今年はウェンブリー・スタジアムで5夜にわたって行われる「+ - = ÷ x Tour」(マスマティクス・ツアー)が控えている。

https://wmg.jp/edsheeran/profile/

クレイドル・オブ・フィルス

アーティスト情報

クレイドル・オブ・フィルス(Cradle Of Filth)は、イングランド出身のエクストリーム・メタルバンド。ヨーロッパ志向の悪魔的思想や吸血鬼伝説などに重点を置き、情感的なギターや荘厳なキーボードの使用、そしてダニ・フィルスによる並はずれた高音のデスボイスを駆使するなどの個性的なヴォーカルによって、邪悪かつ演劇的な美的境地が築き上げられている。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube