Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

テーム・インパラ参加の新曲も公開

ゴリラズがニュー・アルバム『Cracker Island』のリリース日とトラックリスト発表

2022.09.01 14:00

ゴリラズ『Cracker Island』

2022.09.01 14:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

デーモン・アルバーンとイラストレーター・ジェイミー・ヒューレットによるバーチャルバンド、ゴリラズがニュー・アルバム『Cracker Island』を2023年2月24日にリリースすると発表した。

通算8枚目となるアルバム『Cracker Island』には、先行配信されていたタイトルトラック「Cracker Island」に参加したサンダーキャット以外にも、ベック、バッド・バニー、テーム・インパラ、ブーティー・ブラウンなどが参加している。アルバムの情報解禁に伴い、テーム・インパラとブーティー・ブラウンをフィーチャリングした「New Gold」も公開。

『Cracker Island』はゴリラズの他に、レミ・カバカ・ジュニア、そして8つのグラミー賞を受賞した経験を持つグレッグ・カースティンがプロデュースしている。プレスリリースでは、以下のように説明されている。

「西ロンドンのコング・スタジオを拠点としていた音楽的なはみ出しものたち、マードック、ヌードル、ラッセル、そして2D。彼らはカリフォルニアのシルバーレイクに移住し、世界を修正する1つの真実を探すために、“The Last Cult”のメンバーを集めていた。黄金の州からの報告によると、マードックは隣人の女性に恋をしている。ラッセルはテレビに夢中になっており、ヌードルは知識と知恵を集めた本をまとめており。2Dはただ2Dであることに忙しくしている

2023年2月24日にリリースされる『Cracker Island』のトラックリストは以下の通り。

01. Cracker Island feat. Thundercat
02. Oil feat. Stevie Nicks
03. The Tired Influencer
04. Tarantula
05. Silent Running ft. Adeleye Omotayo
06. New Gold feat. Tame Impala & Bootie Brown
07. Baby Queen
08. Tormenta feat. Bad Bunny
09. Skinny Ape
10. Possession Island (feat. Beck)

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

『Cracker Island』

『Cracker Island』ジャケット

『Cracker Island』ジャケット

『Cracker Island』

2023年2月24日(金)リリース

予約はこちら

収録内容

01. Cracker Island feat. Thundercat
02. Oil feat. Stevie Nicks
03. The Tired Influencer
04. Tarantula
05. Silent Running ft. Adeleye Omotayo
06. New Gold feat. Tame Impala & Bootie Brown
07. Baby Queen
08. Tormenta feat. Bad Bunny
09. Skinny Ape
10. Possession Island (feat. Beck)

フィクショナル・メンバー
2D(ボーカル、イギリス人)
ヌードル(ギター、大阪出身の日本人)
マードック・ニカルス(ベース兼リーダー、イギリス人)
ラッセル・ホブス(ドラムス、NY出身のアメリカ人)

ブラーのデーモン・アルバーンと、世界的なコミック・アーティスト、ジェイミー・ヒューレットによる≪架空のメンバー・キャラクターを作り上げ、音楽面をデーモンが、ヴィジュアル面をジェイミーが担当する≫という構成で活動を続けていく覆面プロジェクト。シンガーの2D、ギタリストのヌードル(Noodle)、ベーシストのマードック・ニカルス(Murdoc Niccals)、そしてドラマーのラッセル ・ホブス(Russel Hobbs)からなるカートゥーン・バンド。
ギネスブックにも「最も成功した架空バンド」として認定されている。

2001年にアルバム『ゴリラズ』でデビューし、シングル「クリント・イーストウッド」が大ヒット、アルバムは1年以上にわたってチャートインを記録、700万枚(当時)を超えるセールスを叩き出し、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・ソング」と「ベスト・ダンス・アクト」の2部門を受賞。

2005年にはセカンド『ディーモン・デイズ』を発表、デンジャー・マウスをプロデューサーに起用し、数多くのゲストを迎えて制作された今作は、全英チャート1位を記録、全米でもチャートのTOP 5にランクイン、全世界で800万枚を超えるセールスを記録する。「フィール・グッド・インク」や「デア」といったシングル・ヒットを放ち、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで「ベスト・グループ賞」を受賞した他、グラミー賞にも「レコード・オブ・ザ・イヤー」「最優秀ショート・ミュージック・ビデオ賞」のノミネートを受け、「最優秀ポップ・ヴォーカル・コラボレーション賞」を受賞、全世界的な人気を決定づけた。

2010年にサード『プラスティック・ビーチ』を発表、前作を上回る豪華なゲスト陣が参加したこの作品は、全英チャート、全米チャート共に2位を記録、ブルース・ウィリスが出演し話題となった先行シングル「スタイロ」のPVは、YouTube上で公開後24時間で90万回の再生数を記録し、当時の初日再生回数最高記録を更新した。

この作品で世界各国の大型フェスに参加し、のべ40万人以上のオーディエンスを前にパフォーマンスを披露していき、2010年10月から初のワールド・ツアーをスタートさせる。そのツアー中にiPadを使ってデーモンが制作した音源をアルバムとしてまとめた4作目『ザ・フォール』を2011年4月に発表、同年10月には『ザ・シングルス・コレクション 2001-2011』を発表した。

しばらく、長期の制作期間となっていたが、2017年1月、アメリカのトランプ米大統領就任式の前夜に「ハレルヤ・マネー(Feat. ベンジャミン・クレモンタイン)」(今作に収録される予定)が急遽公開されるなど話題を呼んだ。
アルバムリリース発表翌日となる3月24日に、ロンドン某所にて最新アルバム『Humanz』をフル再現するシークレット・ライブを行う予定で、更に2017年6月10日は自身がヘッドライナーを務める主催フェス≪Damon Dayz Festival≫を開催予定となっている。

(引用)https://wmg.jp/gorillaz/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 公開に先がけ安田顕ら20名の著名人がコメント インド滞在期のビートルズに迫るドキュメンタリー映画、ジョン・レノンの貴重な写真&エピソード公開

    2022.09.16 17:00

    ザ・ビートルズが最高傑作と言われるアルバム『ホワイト・アルバム』を生んだインド滞在の8日間を捉えた、ポール・サルツマン監督によるドキュメンタリー映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』が、9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺、新宿バルト9ほかで全国順次公開される。 1968年、「自分たちは何者で、どこに向かえば良いのか? 人生の豊かさとは何か?」を求めるジョージ・ハリスンの発案で、ザ・ビートルズの4人は超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと出会い、インド北部のリシケシュにあるガンジス川を臨む丘の上のアシュラム(僧院)<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8758/">…

    #ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド

  • 映画とひらパーはドキドキ感が似ている? 『ヘルドッグス』のバイオレンスは健康管理の賜物? 岡田准一主演映画×ひらパーコラボ今年も

    2022.09.01 04:00

    岡田准一が主演、原田眞人が監督・脚本を務めるノンストップ・クライム・エンターテイメント映画『ヘルドッグス』が9月16日(金)に公開される。 二人が『関ヶ原』『燃えよ剣』に続きタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作り上げた本作。岡田が演じるのは、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)。そんな兼高と警察のデータ分析によると相性98%のバディを組む室岡秀喜(むろおか・ひでき)を坂口健太郎が演じる。 また、兼高と室岡が所属する神津組のボスの愛人でありながら、兼高とも関係を持つ刺激大好きなグリーンヘアの美女・吉佐恵美裏(きさ・えみり)を演じる松岡茉<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7455/">…

    #ひらパー#ヘルドッグス#坂口健太郎#岡田准一

  • 日本版ポスターとPVが解禁 コールドプレイのブエノスアイレス公演、10月29日全世界でライブビューイング決定

    2022.09.28 15:00

    コールドプレイによるワールドツアー「Coldplay Music Of The Spheres」のアルゼンチン・ブエノスアイレス公演が全世界でライブビューイング開催されることに伴い、日本の映画館でも10月29日(土)にライブビューイングの実施が決定した。 同ツアーはグラミー賞ノミネート監督であるポール・ダグデールがステージ演出を担当しており、ニューヨークタイムスなどでは「a night for the history books(歴史に残る夜だ)」「the greatest show on Earth(過去に類をみない最高のライブ)」と評され世界で540万枚のチケットセールスを記録している。そ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9517/">…

    #コールドプレイ

  • 孫娘アーニャの手書き文字が浮かぶ ブライアン・イーノが新作アルバムより先行シングル「We Let It In」リリック・ビデオ公開

    2022.09.07 22:00

    ブライアン・イーノが、10月14日(金)にリリースする17年ぶりのヴォーカル・アルバム『FOREVERANDEVERNOMORE』より、先行シングル「We Let It In」を配信スタートした。 今作はイーノ自身が全曲プロデュースを手掛け、2005年の『Another Day On Earth』以来、17年ぶりに本人がヴォーカルを担当した作品。イーノはこのアルバムについて、「私の声は変わり、低くなり、別の個性を出して歌えるようになりました。ティーンエイジャーのような歌い方はしたくないですし、メランコリックで、どこか後悔の念を感じられるようなサウンドが好ましいと思いました」とコメントしている。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7968/">…

    #ブライアン・イーノ

  • 噂話風に手をパクパクさせた振付けに注目 ITZY、日本2ndシングルより「Blah Blah Blah」MV公開&配信スタート

    2022.09.21 00:00

    5人組グローバルガールズグループのITZY(読み方:イッチ)が、10月5日にリリースする日本2ndシングルよりタイトル曲「Blah Blah Blah」のミュージックビデオを公開した。 TWICEの妹分として、2PM、Stray Kids、NiziUを輩出したJYPエンターテインメントより2019年2月に韓国からデビューしたITZY。2021年12月に日本デビューを果たし、オリコン2022年上半期セールスランキング新人部門では海外アーティスト史上2組目の1位を獲得している。 公開されたMVは、“自分の歩むべき道を堂々と歩んでいこう、自分を信じよう”という楽曲に込められたメッセージが込められた作<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8982/">…

    #ITZY

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube