Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

最終的に馬に「失せろ」と言われる

オジー・オズボーンが過去の薬物使用について語る「馬に1時間ほど話しかけていた」

2022.08.26 19:00

オジー・オズボーン『PATIENT NUMBER 9』

2022.08.26 19:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

9月9日にニュー・アルバム『PATIENT NUMBER 9』をリリースするオジー・オズボーンが、過去のドラッグ使用についてのエピソードを紹介した。

Classic Rock誌にて、1970年代の思い出話を披露したオジー・オズボーン。ブラック・サバスの4thアルバム『Vol. 4』の制作当時、彼はメンバー全員とロサンゼルスに住み、そこでアルバムを作りながらドラッグなどをやっていたようだ。しかし、彼はとあるドラッグの使用をやめた理由について、このように語っている。

当時のアメリカは、ドリンクにアシッドを入れるのが流行っていたんだ。私はあまり気にしていなく、たくさん摂取していたんだけど、イギリスに戻ったときに終わりがきた。アシッドを10タブ摂取して、散歩にでかけたんだ。結果的に、そこにいた馬に1時間ぐらい話しかけていた。最後にその馬は私のほうを見て、“失せろ”って言ったんだ。それでもうやめようと思ったよ

アシッドを摂取した結果、馬に1時間ほど話しかけていたオジー・オズボーン。最終的には喋るはずのない馬にも「失せろ」と言われ、さすがに使用を止めようと決心したと明かした。現在はドラッグ以外にも、アルコールもタバコも完全に断ったようで、2018年にはOrange County Registerにて以下のように語っている。

「アルコールも飲まないし、タバコもやらない。ドラッグもやらない。今考えると、なんで当時はバーに行って酔いつぶれてコカインとかやるのが楽しいと思っていたんだろうもし今、コカインと酒と銃を渡されて、どれか一つ選ばないといけなかったら、銃を選ぶだろう。酒とドラッグはなんの得にもならない」

2020年の1月にパーキンソン病と診断され、6月には手術を受けていたオジー・オズボーンであるが、現在は回復しており、今年の6月にはジェフ・ベックをフィーチャリングした新曲「PATIENT NUMBER 9」をリリースしている。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)初回限定盤

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9) 通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9) 通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)初回限定盤

9月9日(金)世界同時発売
SICP 31579 ¥2,750(税込)
・トッド・マクファーレン・イラスト・ジャケット仕様
・大型ソフトパック仕様
・両面プリント・ポスター封入
・高品質Blu-spec CD2仕様
・解説・歌詞・対訳付

特設サイト

収録内容

1. ペイシェント・ナンバー9(feat. ジェフ・ベック)/ Patient Number 9 (ft. Jeff Beck)
2. イモータル(feat. マイク・マクレディ)/ Immortal (ft. Mike McCready)
3. パラサイト(feat. ザック・ワイルド)/ Parasite (ft. Zakk Wylde)
4. ノー・エスケイプ・フロム・ナウ(feat. トニー・アイオミ)/ No Escape From Now (ft. Tony Iommi)
5. ワン・オブ・ゾウズ・デイズ(feat. エリック・クラプトン)/ One Of Those Days (ft. Eric Clapton)
6. ア・サウザンド・シェイズ (feat. ジェフ・ベック) / A Thousand Shades (ft. Jeff Beck)
7. ミスター・ダークネス(feat. ザック・ワイルド)/ Mr. Darkness (ft. Zakk Wylde)
8. ナッシング・フィールズ・ライト(feat. ザック・ワイルド)/ Nothing Feels Right (Zakk Wylde)
9. イーヴル・シャッフル(feat. ザック・ワイルド)/ Evil Shuffle (ft. Zakk Wylde)
10. デグレデイション・ルールズ(feat. トニー・アイオミ)/ Degradation Rules (ft. Tony Iommi)
11. デッド・アンド・ゴーン / Dead And Gone
12. ゴッド・オンリー・ノウズ / God Only Knows
13. ダークサイド・ブルース / Darkside Blues

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤

9月9日(金)世界同時発売
SICP 31569/¥2,750(税込)
・ジュエル・ケース仕様
・高品質Blu-spec CD2仕様 
・解説・歌詞・対訳付

特設サイト

収録内容

1. ペイシェント・ナンバー9(feat. ジェフ・ベック)/ Patient Number 9 (ft. Jeff Beck)
2. イモータル(feat. マイク・マクレディ)/ Immortal (ft. Mike McCready)
3. パラサイト(feat. ザック・ワイルド)/ Parasite (ft. Zakk Wylde)
4. ノー・エスケイプ・フロム・ナウ(feat. トニー・アイオミ)/ No Escape From Now (ft. Tony Iommi)
5. ワン・オブ・ゾウズ・デイズ(feat. エリック・クラプトン)/ One Of Those Days (ft. Eric Clapton)
6. ア・サウザンド・シェイズ (feat. ジェフ・ベック) / A Thousand Shades (ft. Jeff Beck)
7. ミスター・ダークネス(feat. ザック・ワイルド)/ Mr. Darkness (ft. Zakk Wylde)
8. ナッシング・フィールズ・ライト(feat. ザック・ワイルド)/ Nothing Feels Right (Zakk Wylde)
9. イーヴル・シャッフル(feat. ザック・ワイルド)/ Evil Shuffle (ft. Zakk Wylde)
10. デグレデイション・ルールズ(feat. トニー・アイオミ)/ Degradation Rules (ft. Tony Iommi)
11. デッド・アンド・ゴーン / Dead And Gone
12. ゴッド・オンリー・ノウズ / God Only Knows
13. ダークサイド・ブルース / Darkside Blues

オジー・オズボーン

アーティスト情報

英国バーミンガム出身。1970年ブラック・サバスのヴォーカルとしてアルバム『黒い安息日』でデビュー。瞬く間に人気を獲得し2ndアルバム『パラノイド』で早くも全英1位を獲得するなど、ヘヴィ・メタルの始祖的バンドのフロントマンとしてシーンの第一線で活躍するも’78年暮れにブラック・サバスを脱退。1980年(日本は’81年)の1stアルバム『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』、翌年の2ndアルバム『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』でソロとしても早々に成功を収め、“ヘヴィ・メタルの帝王”としての地位を不動のものとする。鳩やコウモリを食いちぎるなどロック史に残る奇行の数々とは裏腹に、楽曲はメロディックかつキャッチーでソングライターとしても高く評価されている。ランディ・ローズ、ザック・ワイルド、ジェイク・E・リー、ガス・Gなど、名ギタリストをこれまで多数輩出してきたことでも有名である。これまでブラック・サバスで9枚、ソロとして11枚のオリジナル・アルバムを発表している。

(引用)https://www.sonymusic.co.jp/artist/OzzyOsbourne/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • CMにはaiko本人もカメオ出演 aikoが19歳から温めていた「夏恋のライフ」がポテトチップスCMソングに、本日配信リリース

    2022.09.14 00:00

    aikoが「夏恋のライフ」(読み:かれんのらいふ)を本日9月14日(水)に配信リリース。同曲がカルビーポテトチップスのCMソングに起用されることが発表された。 「夏恋のライフ」はaikoが19歳の時に作った楽曲で、いつの日か作品にしたいと思っていたというaikoにとって大切な一曲。aikoがカルビーポテトチップスのCMソングを担当するのは、2021年にリリースされた「食べた愛」に続き今年で2回目で、CMキャラクターは昨年に続き女優の川口春奈が担当する。9月19日(月)より全国でオンエア開始される同商品のじゃがいもチップス「素材のおいしさ」篇、9月26日(月)より全国でオンエア開始のポテトチップ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8494/">…

    #aiko

  • かかととシューレースにPerfumeのロゴ入り Perfumeが木型から監修、オリジナルスニーカーがツアー会場で販売決定

    2022.10.03 19:00

    Perfumeが10月7日(金)よりアーティストオンラインショップ「A!SMART」にて発売するファッションプロジェクト「Perfume Closet」の新作スニーカーが、「Perfume 9th Tour 2022 “PLASMA”」宮城・埼玉・北海道のライブ会場でも販売されることが決定した。 2022年7月27日(水)に約4年ぶりにリリースしたオリジナル・アルバム『PLASMA』を携え、現在全国9都市を巡るアリーナツアーを開催中のPerfume。 「Perfume Closet」はPerfumeの楽曲を通して繋がれる洋服を創りたいという発案のもと、日常の中で洋服やアクセサリーを身に着けるこ<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9993/">…

    #Perfume#Perfume Closet

  • 新曲「さよならシェルター」の初OAも決定 BUCK-TICKデビュー35周年記念、1987年と同じポーズで撮影した巨大ポスターが新宿駅で掲示スタート

    2022.09.12 12:00

    2022年9月21日(水)にデビュー35周年を迎えるBUCK-TICK。そのアニバーサリーを記念した巨大ポスターの掲示が、東京メトロ・新宿駅構内の新宿メトロスーパープレミアムセットでスタートしている。 1987年9月21日にライブビデオ『バクチク現象 at THE LIVE INN』でメジャーデビューしたBUCK-TICKは、1989年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でアルバムチャート1位を獲得。デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームを席巻するに至った。以降、35年間一度もメンバーチェンジをすることなく、日本のロックシーンで活躍し続けている。 この度掲示された巨大ポスター<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8316/">…

    #BUCK-TICK

  • “新海作品史上最強“の音楽体制 RADWIMPS、新海誠監督映画『すずめの戸締まり』主題歌「すずめ feat.十明」を本日24時配信

    2022.09.29 11:40

    新海誠監督による映画『すずめの戸締まり』が、11月11日(金)より全国公開。RADWIMPSが書き下ろした同映画の主題歌「すずめ feat.十明」が、9月30日(金)0時よりiTunes、レコチョクほか主要音楽配信サイト・各種サブスクリプションサービスにて先行配信されることが決定した。 新海誠監督の3年ぶりとなる最新作『すずめの戸締まり』は、日本各地の廃墟を舞台に災いの元となる“扉”を閉めていく旅をする少女・すずめの解放と成長を描く冒険物語。 主題歌「すずめ feat.十明」は、野田洋次郎が「この楽曲と十明の間に、誰も割って入ることのできない結びつきを感じた」と評する女性ボーカル・十明(とあか<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9588/">…

    #RADWIMPS#すずめの戸締まり#十明#新海誠

  • 米レコード協会によって新たに22のプラチナ認定 リル・ウェインが40歳の誕生日に新たな売上記録を達成する

    2022.09.28 19:30

    14歳でラッパーとしてデビューし、現在も活躍し続けるリル・ウェインが、40歳の誕生日に新たな売上記録を複数達成したとアメリカレコード協会が発表した。 数々の有名ラッパーが参加したパーティーで、40歳の誕生日を祝ったリル・ウェイン。彼の誕生日に、アメリカレコード協会が新たに22つのプラチナディスクを贈呈したと発表した。1×プラチナ認定で100万枚相当の売上を達成したことを示すプラチナディスクであるが、楽曲「6 Foot 7 Foot」と、ドレイクとフューチャーが参加した「Love Me」が7×プラチナ認定され、「How to Love」「A Milli」が6×プラチナ認定となった。さらに「Rig<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9557/">…

    #Lil Wayne#ドレイク#リル・ウェイン

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube