Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ヴィンテージ機材を用いてカッティング

KIRINJIの最新アルバム『crepuscular』アナログ盤が11月に発売、テーマ別プレイリストも隔週公開

2022.08.22 12:00

2022.08.22 12:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

KIRINJIが、2021年12月に発売したアルバム『crepuscular』のアナログ盤を11月16日にリリースする。

『crepuscular』はKIRINJIが堀込高樹のソロ・プロジェクトとなって初のオリジナル・アルバムで、先行配信された「再会」、映画『鳩の撃退法』主題歌「爆ぜる心臓 feat. Awich」を含む全9曲を収録。「ソフトなサイケ感」をキーワードにKIRINJIの録音初参加となるミュージシャンを複数迎えて制作、生音とプログラミングが絶妙に融合した近年の流れを汲みつつ、より自由度を増した最新型のKIRINJIサウンドとなっている。

今回のアナログ盤は、Piccolo Audio Worksの松下真也がヴィンテージ機材を用いてカッティングを担当した。

なお、各配信サイトではKIRINJIのテーマ別プレイリストの公開がスタート。プレイリストは全6種で、8月15日公開された第一弾「SUMMER」は最新シングル「Rainy Runway」を含む6曲で構成されている。隔週月曜日に公開されていく予定で、テーマ別の選曲を通じてKIRINJIミュージックの多彩な魅力を楽しめる趣向となっている。

KIRINJIは10月17日・18日の渋谷クラブクアトロでの2デイズ・ワンマン「KIRINJI LIVE 2022」を筆頭に、6月からスタートさせた弾き語りツアー「KIRINJI 弾き語り~ひとりで伺います」、各種フェスへの出演や12月のTAHITI 80とのツーマン・ライブなどを控えている。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

『crepuscular』(12cm LP)

『crepuscular』アナログ盤ジャケット写真

『crepuscular』アナログ盤ジャケット写真

『crepuscular』(12cm LP)

2022年11月16日(水)発売
初回プレス完全限定盤:UCJJ-9031
¥4,400(tax in)
発売・販売:ユニバーサル ミュージック

購入はこちら

収録曲

Side A
1. ただの風邪
2. 再会
3. first call
4. 薄明 feat. Maika Loubté

Side B
5. 曖昧me
6. 気化猫
7. ブロッコロロマネスコ
8. 爆ぜる心臓 feat. Awich
9. 知らない人

デジタル・シングル『Rainy Runway』

『Rainy Runway』ジャケット

『Rainy Runway』ジャケット

デジタル・シングル『Rainy Runway』

2022年6月22日(水)配信

配信はこちら

イベント情報

KIRINJI LIVE 2022

KIRINJI LIVE 2022

2022年10月17日(月)、18日(火)
東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

Live Member:
堀込高樹(Vocals, Guitar)
千ヶ崎学(Bass)
シンリズム(Guitar)
So Kanno(from BREIMEN)(Drums)
宮川純(Keyboards)
小田朋美(Synthesizers, Vocals)

KIRINJI LIVE 2022

KIRINJI 弾き語り~ひとりで伺います

KIRINJI 弾き語り~ひとりで伺います

2022年
8月26日(金) 高知・蛸蔵 <SOLD OUT>
8月27日(土) 愛媛・萬翠荘 <SOLD OUT>
8月28日(日) 香川・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2階ミュージアムホール <SOLD OUT>
9月25日(日) 長野・上田映劇
10月28日(金) 新潟※会場・詳細は近日解禁
10月29日(土) 福島・旧広瀬座
10月30日(日) 宮城・塩竈市杉村惇美術館 大講堂

KIRINJI 弾き語り~ひとりで伺います

1996年実兄弟である堀込高樹、堀込泰行の二人で「キリンジ」を結成。
1998年メジャーデビュー。
2013年堀込泰行がキリンジを脱退。同年に新メンバー5人を迎えバンド編成「KIRINJI」として再始動。
2021年からは堀込高樹のソロプロジェクト「KIRINJI」として活動中。
自身の作品の他、様々なアーティストへの楽曲提供やドラマ、映画のBGM、テーマソング制作等、幅広い分野で活躍している。
音楽への深い造詣に裏打ちされたジャンルにとらわれない曲作り、アップデートし続けるサウンドプロダクション、ユニークな視点から繰り出される詞世界は、音楽ファンのみならず多くのミュージシャンや著名人からも支持を得続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • メタリカを解雇されてから40年 メガデスのデイヴ・ムステインがメタリカと一緒に制作したいと発言する

    2022.10.04 22:00

    メタリカの最初期のメンバーとして、メタリカの作曲に大きく貢献したメガデスのフロントマン、デイヴ・ムステイン。彼は1983年にメタリカを解雇され、メタリカを見返すためにもメガデスを結成しており、2004年にライブで共演するまでメタリカと仲違いしていた。そんなデイヴ・ムステインがメタリカのフロントマンであるジェームス・ヘットフィールドと一緒に制作をしたいと発言した。 Vinyl Writer Musicのインタビューに出演し、作曲とキャリアを長続きさせる方法について聞かれたデイヴ・ムステインは、以下のように答えている。 「そうだな。多分私のキャリアが長く続いている理由は、単に頑固だからかもしれない<a href="https://bezzy.jp/2022/10/10160/">…

    #Megadeth#Metallica#メガデス#メタリカ

  • 挑戦し続けるチームを思って書き下ろし ゆずの新曲「Frontier」が「NBA Japan Games 2022」公式ソングに決定

    2022.09.26 17:00

    今年デビュー25周年を迎えるゆずによる書き下ろし曲「Frontier」が「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」公式ソングに決定した。 「Frontier」はこれまでもたくさんのアスリートを歌で応援してきたゆずが大会をイメージして書き下ろした新曲。現時点で発売は未定だが、バスケットボールを彷彿とさせるリズミカルでスピード感のある曲調が特徴的で自ら道を切り拓き挑戦し続ける姿を応援する歌詞が際立つ曲となっている。なお、同曲のショートバージョンはNBA公式動画配信サービス「NBA Rakuten」および同サービスの公式YouTu<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9378/">…

    #NBA#ゆず

  • 『花は誰のもの?』ロングヒット記念インタビュー 元チェッカーズ鶴久政治が石田千穂に説くヒット曲の大切さ、STU48「花は誰のもの?」に願う未来

    2/2 2022.10.02 12:00

    瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ・STU48が今年4月にリリースした楽曲「花は誰のもの?」が、USENをはじめ口コミを中心にじわじわと広まっている。発売から約半年経ったいまも、その勢いは止まることを知らず、ダンスリリックビデオは300万回再生が目前に。「ミュージックステーション」への出演も果たすなど、世の中へと波及し続けている。 先に公開したインタビュー前編では、今回採用された「トライアングルセンター」のひとり、石田千穂にSTU48とはどんなグループかを聞いた。後編では「花は誰のもの?」の作曲者で元チェッカーズの鶴久政治を招き、石田とともに世界平和を願うメッセージソングである本楽曲が生ま<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9577/">…

    #STU48#インタビュー#石田千穂#鶴久政治

  • 聞いたこともない金額をオファーされたと発言 The 1975のマット・ヒーリィがエド・シーランのツアー前座を断った理由を明かす

    2022.09.14 18:30

    10月14日にニュー・アルバム『Being Funny in a Foreign Language』をリリースするThe 1975のフロントマン、マット・ヒーリィがThe New York Times誌にて、エド・シーランとの交流について語った。 マット・ヒーリィは、エド・シーランにスタジアムツアーのサポートアクトを頼まれたが、断ったと明かしている。 「ここまでビッグになって、商業的に成功することに興味がないと言うのは難しいかもしれない。でも、今までの方法が間違えていないのであれば、変えなくてもいいというのもある。私たちは常に何をやるかわからない状態で、トライしようとしていたわけでもない。だか<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8573/">…

    #Being Funny In A Foreign Language#The 1975#エド・シーラン

  • スティーヴ・レイシー「Bad Habit」カバー映像も ウェット・レッグが『Spotify Singles』に登場、アシュニコ「Daisy」と自身の楽曲をカバー

    2022.09.21 18:30

    リアン・ティーズデールとヘスター・チャンバースの2人組バンド、ウェット・レッグがSpotifyのオリジナルプログラム『Spotify Singles』に参加、ジェームス・フォードと共にレコーディングした2曲をリリースした。 2021年6月にデビューシングル『Chaise Longue』をリリースし、デビューアルバム『Wet Leg』が2022年の英マーキュリー賞の最終候補にも選ばれているウェット・レッグ。 今回リリースした2曲のうち1曲は、新世代ポップスター、アシュニコ「Daisy」のカバー。同楽曲は2人が緒に作曲を始めた当時、ハックニーにあるリアンの家でよく聴いていた曲だという。ヘスターはこ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9038/">…

    #Wet Leg

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube