Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

ヒップホップで社会を生き抜く!

インディーズ・アーティスト必見!エド・シーランともコラボしたインディペンデント・ラッパー、ラスのカムアップを紹介

2022.08.21 12:00

Russ「Losin' Control」

2022.08.21 12:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

世界で最も成功したインディペンデント・アーティストと言ったとき、誰を思い浮かべるだろうか?近年のヒップホップファンであれば、Russ(ラス)の名前を思い浮かべる人も多いだろう。ヒップホップ業界には多くのインディペンデント・アーティストがいるが、ラスは地道な活動で名を広め、最も成功したインディペンデントアーティストの一人と言っても過言ではないだろう。2022年の9月に30歳になる彼は、2011年から今までに15枚のアルバムをリリースしており、全てのアルバムを自身のレーベル〈DIEMON〉と〈Russ My Way〉からリリースしている。

2015年にSoundCloudでリリースした「What They Want」がBillboard Hot 100で83位、そして「Losin’ Control」が62位にチャートインし、ヒップホップファンの間で徐々に話題になったラス。アルバム『There’s Really a Wolf (2017)』、『Zoo (2018)』、『Shake the Snow Globe (2020)』ではインディペンデントアーティストとしてコロンビアと流通パートナーシップを組み、3作品ともビルボード10位以内に入るヒット作となった。

また、今年の7月にはSpotify月間リスナー数世界1位を誇るエド・シーランとのコラボ曲「Are You Entertained」をリリースし、インディペンデントアーティストとして快挙を成し遂げた。そんなラスがいかにして、ここまで巨大なファンベースを築いたかを紹介したい。

活動とKPI

2011年から2014年までの間に、アルバム11枚をリリースしたラス。その3年間で大量にアルバムをリリースしたにも関わらず、思ったような結果が出なかった彼は、戦略を変えて活動することに決めたと明かしている。彼はそこから毎週SoundCloudに曲をアップし、3年間かかさずそのペースで曲を公開し続けたのだ。その3年間でアップした曲のなかには、数年後に100万枚のセールスを記録するものもあった。当時の活動について、彼は2017年のインタビューにてこのように語っている。

3年ぐらいの間、毎週1曲をSoundCloudで公開していたんだ。そこから徐々にいい感じになったかな。最初の20週ぐらいは、本当に何も起こらないんだ。誰も曲を聞いてくれなかったけど、そんな状態でもプロジェクトをリリースし続けた。特に大きくなったきっかけとかはなく、本当に徐々にビルドアップしていった。

3年間毎週1曲をコンスタントにリリースするなかで、特にキャリアが飛躍的に成長したきっかけなどはなく、徐々にファンベースが広がったと語る。アルバムを11枚リリースしても満足がいく結果が出なかった彼は、曲を小出しにしていくことにより、アルバムをリリースしたときにもらえるほんの少しの反響を長続きさせることにフォーカスしたのだ。その結果、彼の人生を応援するコアなファンベースができあがったと語っている。

これは気合いなどの精神論ではなく、ビジネスでいうところの「KPI」に当たると言えるだろう。KPIとは、「Key Performance Indicator/重要業績評価指標」という意味であり、ざっくり説明すると「最終的な目標を達成するために、現状を分析し、毎日達成する数字を決める」という、目標達成に向けた行動を細かくブレイクダウンした数字的指標のことである。例えば「月に〇〇件の仕事を受注したい場合は、週に〇〇件、1日〇〇件のテレアポをする」といった、仕事の進み具合を判断するための指標である。スポーツにおいては、このKPIという概念が「トレーニングメニュー」として具体的な数字に落とし込まれているとも言える。ラスは「リリースをするとリスナーが〇〇人ぐらい増える。目標のリスナーまで成長させるにはを毎週1曲を公開する」というKPIを無意識にたてていたのだろう。

地道な活動でカムアップしようとしているインディペンデントアーティストからすると、彼の例はとてもインスパイアリングであろう。2010年代であったため、SoundCloudで曲を公開することが彼にとっての正解となったが、自分にとって最適なプラットフォームに置き換えることにより、活動の参考になるだろう。

全ての画像・動画を見る(全2点)


2015年にSoundCloudでリリースした「What They Want」がBillboard Hot 100で83位、そして「Losin' Control」が62位にチャートインし、ヒップホップファンの間で徐々に話題になったラス。アルバム『There's Really a Wolf (2017)』、『Zoo (2018)』、『Shake the Snow Globe (2020)』ではインディペンデントアーティストとしてコロンビアと流通パートナーシップを組み、3作品ともビルボード10位以内に入るヒット作となった。
また、今年の7月にはSpotify月間リスナー数世界1位のエド・シーランとのコラボ曲「Are You Entertained」をリリースし、インディペンデントアーティストとして快挙を成し遂げた。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • チケット完売に伴いライブ中継決定 高橋幸宏50周年記念ライブに木村カエラ、坂本美雨、立花ハジメ、スカパラ、原田知世が追加

    2022.09.09 18:00

    9月18日(日)に東京・NHKホールで開催される高橋幸宏の50周年記念ライブ「LOVE TOGETHER 愛こそすべてに」へ出演する追加のゲスト・アーティストが新たに発表された。 1972年のサディスティック・ミカ・バンド加入以来、プロフェッショナルとして本格的な音楽活動をスタートして満50年となる高橋幸宏を祝したスペシャルなライブイベント。自身のソロ・ワークを柱としながら、サディスティック・ミカ・バンド、Yellow Magic Orchestra、THE BEATNIKS、pupa、METAFIVEといった活動の中で培った音楽仲間と、高橋幸宏とその作品を愛するリスナーが一堂に会し、互いにユ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8159/">…

    #原田知世#坂本美雨#木村カエラ#東京スカパラダイスオーケストラ#立花ハジメ#高橋幸宏

  • 北は北海道、南は鹿児島まで巡る SUPER BEAVERが2023年4月よりホールツアー開催、初めて行く街を中心に19公演

    2022.10.03 18:00

    SUPER BEAVERが、2023年4月から6月にかけて19公演に及ぶホールツアー「都会のラクダ HALL TOUR 2023 〜 ラクダ紀行、ロマン飛行 〜」の開催を発表した。 2020年4月にメジャー再契約を果たし、10月1日より放送がスタートした大人気TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第6期のオープニングテーマに新曲「ひたむき」が起用され、同曲を表題曲としたニューシングルを11月30日(水)にリリースするSUPER BEAVER。 「都会のラクダ HALL TOUR 2023 〜 ラクダ紀行、ロマン飛行 〜」と銘打たれた今回のツアーは、4月14日(金)の宇都宮市文化会館公演を皮切りに<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9959/">…

    #SUPER BEAVER

  • 自身の制作プロセスについても語る ドージャ・キャット、次作は90年代ドイツのレイヴ音楽に影響されているとコメント

    2022.09.16 19:00

    ドージャ・キャットが、CR Fashion Bookのインタビューで制作中のニュー・アルバムについて語った。 2021年にリリースしたアルバム『Planet Her』が大ヒットをし、楽曲「Kiss Me More」でグラミー賞を受賞したドージャ・キャット。現在4枚目となるアルバムを制作しており、ニュー・アルバムについて聞かれた彼女は以下のようにコメントしている。 「私たちには今とても多くのアイディアがあって、そのアイディアの質を一定するにすることに挑戦している。あまり多くは語れないけど、とても多くのことが起こっているの。90年代のジャーマン・レイヴにハマっていて、とても楽しい。今もちろんトレン<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8785/">…

    #Doja Cat#ドージャ・キャット#レイヴ

  • 3年ぶりに有観客でアーティストライブが実現 「早稲田祭2022」でSUPER BEAVERのワンマンライブが開催決定

    2022.09.30 18:00

    例年来場者数が20万人を超える早稲田大学の学園祭「早稲田祭2022」の初日の11月5日(土)に開催される「WASEDA ARENA SUMMIT vol.3 Supported by teket」にSUPER BEAVERが出演することが決定した。 早稲田大学の戸山キャンパス内・早稲田アリーナで開催される今回のイベントは、早稲田大学公認のライブイベント企画団体である『早稲田大学UBC』『ROCK STEADY WASEDA』『Waseda Music Records』の三団体が共同企画。早稲田祭では約4000人を動員したBiSH出演の「早稲田祭2019」でのワンマンライブ以来、3年ぶりの有観客<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9667/">…

    #SUPER BEAVER#早稲田祭

  • ジャケット写真&オリジナル特典の画像も公開 藤原さくら、ファン投票で「ゆめのなか」弾き語りver.が新EPに収録決定

    2022.09.26 18:00

    藤原さくらが11月9日にリリースするシングルEP『まばたき』に、「ゆめのなか」の弾き語りバージョンが収録されることが決定した。 シンガーソングライターとしてはもちろん、10月スタートのTVドラマ『束の間一花』にヒロイン役として出演するなど、多彩な活動を行なっている藤原さくら。シングルEP『まばたき』リリース決定を記念して開催されていた弾き語り再録曲を決めるファン投票で1位に選ばれた前アルバム『SUPERMARKET』収録の楽曲「ゆめのなか」がEPに収録されることが決定した。 同時に『まばたき』のジャケット写真も公開された。同作の完全生産限定盤は、CDと撮りおろし写真、藤原さくら自身による全曲セ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9386/">…

    #藤原さくら

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube