Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

Aska Matsumiyaからのコメントも

A24新作『アフター・ヤン』予告編公開 テーマ曲を制作した坂本龍一からのコメントも到着

2022.08.12 11:00

© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

2022.08.12 11:00

全ての画像・動画を見る(全8点)

10月21日(金)より公開されるコゴナダ監督作『アフター・ヤン』から日本版予告映像と場面写真が公開。あわせて本作のオリジナル・テーマを制作した坂本龍一と音楽を担当したAska Matsumiyaからのコメントも到着した。

本作の監督/脚本は前作『コロンバス』が世界中で話題となった映像作家コゴナダ。小津安二郎監督の信奉者としても知られる韓国系アメリカ人のコゴナダ監督は、気鋭のスタジオA24とタッグを組み、派手な視覚効果やスペクタクルに一切頼ることなく、唯一無二の未来的な世界観を構築した。さらにオリジナル・テーマ曲を敬愛する坂本龍一に依頼し、音楽を手掛けたAska Matsumiyaの美しいアレンジに加えて、岩井俊二監督作品『リリイ・シュシュのすべて』で多くの映画ファンの胸に刻まれた名曲「グライド」を、Mitskiが歌う新バージョンで甦らせた。

映画『アフター・ヤン』予告篇|10.21[Fri]公開

この度公開された予告編は、緑あふれる風景のなか家族写真を撮影しようと父・ジェイク(コリン・ファレル)や養女・ミカ(マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ)から呼ばれるAIロボット・ヤン(ジャスティン・H・ミン)が意味深長な表情を浮かべるシーンから始まる。ある日、ヤンは故障し動かなくなってしまう。家族の一員であるヤンを修理すべく奔走するジェイクだが、「修理は無理だ」と現実を突きつけられる。しかしヤンには他のAIロボットにはない<記録映像>を撮影する特殊なパーツが備わっていることを発見する。ヤンの体内に残された映像とは。人間にとっての愛おしい日々の記憶は、AIロボットにとってどう映るのか?

あわせて解禁となった場面写真では、小津安二郎を敬愛するコゴナダ監督らしいこだわりの感じられるカットやどこかノスタルジックな雰囲気のある美しいカットに加え、家族4人で挑戦するダンスバトルの模様も。

優しく切ないピアノの旋律が印象的なオリジナルテーマを作曲した坂本龍一と、観る者の心にそっと寄り添うような音楽を担当したAska Matsumiyaからのコメントは以下の通り。

坂本龍一

坂本龍一

コゴナダのvideo blogは以前からよく見ていました。それらはとても素晴らしいもので、小津への愛が尋常ではないことがよく伝わります。その点で非常に興味をもっていましたし、一度LAでコンサートをした時にお会いしたことがあり、とても好印象を持ちました。彼の前作「Columbus」はとても静かで美しい映画でしたので、今作にも期待していました。関わることができて幸せです。

Aska Matsumiya

Aska Matsumiya

コゴナダ監督とは「新しく、近未来的でありながら、人間味のある音楽にしたい」と話し合いました。未来に必要なのは人間らしさであり、原点回帰である、という逆説的な意味合いを込めて、チェロやピアノといった人間味のある楽器を、未来的なシンセ音やAIで作ったバリエーションと混ぜていきました。

初めてRyuichiの音楽を映像と合わせて聴いた時、とても感動しました。観客の感情をヤンと共にリアルタイムで変えていくため、彼はコードの間の空間を絶妙に配置しています。加えて、段々と移り変わっていく和音の繊細さと力強さ。まさに完璧です。

全ての画像・動画を見る(全8点)

作品情報

アフター・ヤン

© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

アフター・ヤン

10月21日(金)より全国公開
2021年|アメリカ|英語|カラー|ビスタサイズ|5.1ch|96分|原題:After Yang|字幕翻訳:稲田嵯裕里|映倫:G一般
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:コリン・ファレル、ジョディ・ターナー=スミス、ジャスティン・H・ミン、マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ、ヘイリー・ルー・リチャードソン
監督・脚本・編集:コゴナダ
原作:アレクサンダー・ワインスタイン「Saying Goodbye to Yang」(短編小説集「Children of the New World」所収)
撮影監督:ベンジャミン・ローブ
美術デザイン:アレクサンドラ・シャラー
衣装デザイン:アージュン・バーシン
音楽:Aska Matsumiya オリジナル・テーマ:坂本龍一 フィーチャリング・ソング:「グライド」Performed by Mitski, Written by 小林武史

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 監督は星野源らと共にGQのアワードに選ばれた石原海 羊文学、アニメ【推しの子】第2期ED主題歌MV公開 塩塚モエカが葛藤を抱えた主人公を熱演

    2024.07.02 18:00

    羊文学の新曲で、TVアニメ『【推しの子】』第2期エンディング主題歌に決定した「Burning」のミュージックビデオが7月3日(水)の23時30分に公開される。 今回のミュージックビデオは、光と闇が錯綜する舞台の上で、様々な葛藤を抱えながらも力強く生きていく主人公(Vo.塩塚モエカ)の姿を映し出した作品。 ディレクターは、雑誌GQ JAPANが発表したグローバル・プロジェクト「GQ Global Creativity Awards 2024(グローバル・クリエイティビティ・アワード)」にも選出された映画監督の石原海が担当。視聴予約ページではミュージックビデオのティザー第一弾が公開されている。 な<a href="https://bezzy.jp/2024/07/46807/">…

    #【推しの子】#羊文学

  • 7月28日は正真正銘ラストステージが行われた日 BLANKEY JET CITYがアルバム10作品をアナログ化、7月28日ついに全曲サブスク解禁

    2024.07.09 22:00

    2000年に解散したBLANKEY JET CITYから、2024年から2025年まで続くプロジェクトが3つ解禁された。 1つ目は7月10日(水)にライブアルバム『LAST DANCE』のサブスク解禁。2つ目は9月25日(水)より来年にかけて順次、初アナログ化を含む全オリジナル・アルバムのアナログ化。そして、ついに7月28日(日)に全曲がサブスク解禁されることが発表となった。 BLANKEY JET CITYは浅井健一(Vo/Gt)、照井利幸(B)、中村達也(Dr)による伝説の3ピースロックバンド。解散から24年経った今も音楽シーンに絶大な影響力を誇り、全世代のアーティストからリスペクトされ続<a href="https://bezzy.jp/2024/07/47233/">…

    #BLANKEY JET CITY

  • 「三期生ライブ」代々木第一体育館2daysも開催決定 櫻坂46「引きこもる時間はない」MV公開、向井純葉をセンターに“殻を打ち破る”意味を伝える

    2024.06.24 21:50

    櫻坂46が、6月26日(水)に発売する9thシングル『自業自得』に収録される「引きこもる時間はない」のMusic VideoをオフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。 三期生メンバーによる新曲「引きこもる時間はない」は歌唱メンバー・フォーメーションが明かされていない中でMusic Videoが公開となり、映像の中で三期生・向井純葉が初めてセンターを務めることが判明。一人ひとりのソロシーンをつなぎ合わせた構成で、自分の殻を打ち破り外に飛び出す意味を力強く伝える映像となっている。監督は櫻坂46の楽曲では初となる鴨下大輝が務め、メンバーにはそれぞれに前衛的なスタイリングとメイクが施された。 <a href="https://bezzy.jp/2024/06/46361/">…

    #向井純葉#櫻坂46

  • 橋爪駿輝監督が10年に渡る魂と愛の物語を描く 磯村勇斗とオク・テギョンがW主演、Netflixシリーズ『ソウルメイト』制作決定

    2024.06.28 08:00

    磯村勇斗とオク・テギョンを主演に迎え、新鋭・橋爪駿輝が脚本と監督を務めるNetflixシリーズ『ソウルメイト』の制作が決定した。 本作は10年の歳月に渡り、二人の青年が歩んだ魂と愛の物語。意図せず親友の人生を壊してしまったことをきっかけに、すべてを捨てて日本を去った鳴滝琉。見知らぬ国の教会で命を落としそうになったところを韓国人のボクサー、ファン・ヨハンに救われる。それぞれに深い傷を抱く二人の魂は、ベルリン、ソウル、東京の3都市を舞台に、〈共に生きたい〉と願うほど次第に邂逅していく。 ドラマ『不適切にもほどがある!』、映画『正欲』や『月』など出演で活躍する磯村勇斗が琉を、ドラマ『ヴィンチェンツォ<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46504/">…

    #オク・テギョン#ソウルメイト#磯村勇斗

  • 華麗なヘッドスピンも披露する日本版予告解禁 ワン・イーボーが青春の全てをブレイキンにかけた青年に、主演最新作『熱烈』9月6日公開

    2024.06.25 09:00

    ブレイキン全国大会でトップを目指すひたむきな青年が、挫折しながらも夢に向かって突き進む青春映画『熱烈』が9月6日(金)に日本公開となる。 主演は2019年放送のドラマ『陳情令』でブレイクしたワン・イーボー(王一博)。2024年は5月3日に公開されたトニー・レオンとのW主演作『無名』、6月28日公開の『ボーン・トゥ・フライ』、そして9月6日公開の『熱烈』と主演3作品が連続公開される。 本作から初解禁された予告編は、プロダンサーを夢見る青年、陳爍(チェン・シュオ)と、エースに逃げられ身代わりを探すブレイキンチーム「感嘆符!」のコーチ、ディンレイ(ホアン・ボー)の紹介で幕を開ける。 ワン・イーボー演<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46367/">…

    #ワン・イーボー#熱烈

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube