Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

レコーディング前に緊張する様子も

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』本編映像公開 「Honeycomb」をレコーディングする姿を捉える

2022.08.10 15:00

©️2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

2022.08.10 15:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

8月12日(金)より公開されるドキュメンタリー映画『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』より、ブライアン・ウィルソンの貴重なレコーディング映像が公開された。

「サーフィン・U.S.A.」「グッド・バイブレーション」「神のみぞ知る」、そして名盤『ペット・サウンズ』『スマイル』。他の追随を許さない、聴く者の心を撃ち抜く歌唱と旋律の美しさ。音楽の神に愛された「ビーチ・ボーイズ」の創設メンバー、ブライアン・ウィルソン。その輝かしすぎる栄光の日々の半面、稀代の天才ソングライターが抱えていた、哀しくも壮絶な真実ーー。人生の喜びと悲しみを振り返り、秘められた想いが今、「天才」自身の言葉によってつむがれる。

映画『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』本編映像:貴重なレコーディング風景

このたび公開された本編映像では、現在のウィルソンが「ユナイテッド・レコーディング」で「カントリー音楽の父」「ブルーヨーデラー」「歌うブレーキ係」など数々の異名をとるジミー・ロジャーズの「Honeycomb」(1957年)を、仲間とともにセッションし、レコーディングする様子が切り取られている。「Honeycomb」は、ボブ・メリルが1954年に書いた曲で、ジミー・ロジャーズのカヴァー・ヴァージョンが全米チャートで第1位を記録。ビーチ・ボーイズでは1974年の『15ビッグ・ワンズ』の時期に同曲をレコーディングしたもののリリースには至らず、ウィルソンは2015年のソロ・ツアーなどで演奏していた。

映像は、レコーディング・スタジオに到着したウィルソンが、いつも一緒のバンド・メンバーに会うにもかかわらず緊張してしまうシーンから始まる。レコーディングのアイディアについて説明しながら、自らピアノを演奏したりと、稀代の天才と呼ばれたその才能は枯渇することをしらない。ワンダーミンツのダリアン・サハナジャや、『ペット・サウンズ』50周年アニバーサリー・ツアーにて音楽監督を務めたポール・マーテンズ、そして2019年に亡くなってしまったニッキー・ワンダーことニック・ワルスコら、バンド・メンバーと精力的に演奏する姿が描かれる。

本編には、カール・ウィルソン&ジャック・ライリー作「ロング・プロミスト・ロード」をはじめとする、かつてビーチ・ボーイズ名義でリリースされた楽曲を映画用に新録したヴァージョンや、この映画のためにジム・ジェームス(マイ・モーニング・ジャケット)とウィルソンの共作による新曲「Right Where I Belong」も用意されている。精神疾患から逃れ切れていないものの、ビーチ・ボーイズのデビュー時のように、ほとんどやったこともないサーフィンの曲を無理に書くことなく、身の丈に合ったペースと創造性の中で新たな充足の日々を満喫しているウィルソン。本作で彼は、再出発の日差しの中で人生の喜びと悲しみを振り返る。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』

©️2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

©️2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

『ブライアン・ウィルソン/約束の旅路』

8月12日(金)より、TOHO シネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー
2021年/アメリカ/英語/93分/原題:Brian Wilson: Long Promised Road/字幕監修:萩原健太
配給:パルコ ユニバーサル映画
宣伝:ポイント・セット

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:ブレント・ウィルソン
製作:ティム・ヘディントン、テリサ・スティール・ペイジ、ブレント・ウィルソン
出演:ブライアン・ウィルソン、ジェイソン・ファイン、ブルース・スプリングスティーン、エルトン・ジョン、ニック・ジョナス、リンダ・ペリー、ドン・ウォズ、ジェイコブ・ディラン、テイラー・ホーキンス、グスターボ・ドゥダメル、アル・ジャーディン、ジム・ジェームス、ボブ・ゴーディオ

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ノスタルジックなポップ・チューン 大阪発インディーポップバンドEasycome、新曲「忘れない」を9月21日配信リリース

    2022.09.14 21:00

    大阪を拠点に活動する4人組インディーポップバンド・Easycomeが前作から約半年ぶりの新曲「忘れない」を9月21日に配信リリースする。 Easycomeは2015年に大学のサークル仲間と組んだバンドからメンバーチェンジ、改名を経て2016年に会場限定盤ミニアルバムを2枚リリース。以降は「りんご⾳楽祭2016」などに出演を果たし、2018年にメンバーチェンジを経て2019年7月に1stアルバム『Easycome』をリリースし、2019年7月度のタワレコメンにも選出されている。 2022年3月には配信シングル「君が好き」をリリースし、レトロ・ユーモアの溢れるMVと意欲的なサウンドが注目を集めた。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8559/">…

    #Easycome

  • 初回盤はスタジオ一発録りセッション映像付き ウルフルズ3年ぶりアルバム『楽しいお仕事愛好会』収録曲&ジャケットが公開

    2022.09.18 16:00

    ウルフルズが、11月9日にリリースする約3年ぶり16枚目のオリジナルアルバム『楽しいお仕事愛好会』の収録曲とジャケット写真を公開した。 今年デビュー30周年を迎え、「ULFULS 30th Anniversary」と銘打ち精力的な活動を続けるウルフルズ。『楽しいお仕事愛好会』は30周年プレ・イヤーを記念してリリースされたセルフカバーアルバム3部作に続く作品で、現在CMがオンエア中のタイアップ楽曲2曲(「グッゴー!」「アイズ」)、配信シングル4曲(「続けるズのテーマ」「サンシャインじゃない?」「ゾウはネズミ色」「よんでコールミー」)に加え、今回、新曲「ツーベーコーベー」「楽しいお仕事愛好会」「踊<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8856/">…

    #ウルフルズ#サンコン Jr.#ジョン B#トータス松本

  • アルバムのタイトルは『四季』 リュックと添い寝ごはん、新曲「everyday」公開に合わせ2年ぶりアルバム&結成5周年記念ワンマン発表

    2022.09.14 00:00

    平均年齢20歳の3ピースバンド、リュックと添い寝ごはんが新曲「everyday」をリリースし、メンバー自主制作による縦型ミュージックビデオを公開。合わせて2nd Albumのリリースと結成5周年を祝したスペシャルワンマンライブの開催を発表した。 本日リリースされた「everyday」のMVは、リリース発表から撮影時のメンバーがはしゃぐ模様がオフショットとしてSNSに毎日アップされていたが、本編はそれを上回るはしゃぎ具合を収めた映像に。3人が心底楽しそうに歌って踊って食べる様子が捉えられている。今作ではメンバーのサイン入りジャケ写パネルがもらえるLINE MUSICキャンペーン(詳細はこちら)、<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8505/">…

    #リュックと添い寝ごはん

  • 新曲「さよならシェルター」の初OAも決定 BUCK-TICKデビュー35周年記念、1987年と同じポーズで撮影した巨大ポスターが新宿駅で掲示スタート

    2022.09.12 12:00

    2022年9月21日(水)にデビュー35周年を迎えるBUCK-TICK。そのアニバーサリーを記念した巨大ポスターの掲示が、東京メトロ・新宿駅構内の新宿メトロスーパープレミアムセットでスタートしている。 1987年9月21日にライブビデオ『バクチク現象 at THE LIVE INN』でメジャーデビューしたBUCK-TICKは、1989年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でアルバムチャート1位を獲得。デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームを席巻するに至った。以降、35年間一度もメンバーチェンジをすることなく、日本のロックシーンで活躍し続けている。 この度掲示された巨大ポスター<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8316/">…

    #BUCK-TICK

  • ライブ活動を再開した心境も明かす オジー・オズボーン、NFL開幕戦のライヴ映像を公開 初の公式LINEスタンプも発売

    2022.09.14 19:30

    9月9日(金)にニュー・アルバム『ペイシェント・ナンバー9』を発売したオジー・オズボーンが、その前日の9月8日にNFLのラムズ対ビルズのハーフタイムショーに出演した。伝説的なロックスターにとって3年ぶりとなるアメリカでのライブであったが、放送局NBCが10秒しかパフォーマンスをオンエアしなかったことにより、SNSでは多くのファンが不満の意を表していた。 ファンの不満を受け、オジー・オズボーンはハーフタイムショーの全編をYouTubeにて公開しており、ニュー・アルバム『Patient Number 9』からのタイトルトラックと、人気曲「Crazy Train」を披露している。バックバンドには、『<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8582/">…

    #オジー・オズボーン#ザック・ワイルド#ハーフタイムショー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube