Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

オリジナル・テーマ曲を坂本龍一が手がける

A24最新作『アフター・ヤン』10月21日公開 AIロボットの中に隠された記憶映像を辿る

2022.08.03 11:00

© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

2022.08.03 11:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

A24製作最新作『After Yang』が邦題『アフター・ヤン』として10月21日(金)より日本公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと場面写真が公開された。

舞台は遠くない未来。AIロボットのヤンは、ある一家のもとで養女のミカとともに、慎ましくも幸せな日々を送っていた。しかしある日、ヤンは突然の故障で動かなくなってしまう。父親のジェイクはふさぎ込む娘のためにヤンの修理の手段を模索するが、その過程でヤンが撮り溜めた断片的な記録映像を発見する。そこには、家族に向けられたヤンの温かなまなざしと、ある秘密が残されていた……。

監督/脚本は、前作『コロンバス』が世界中で話題となった映像作家コゴナダ。小津安二郎監督の信奉者としても知られる韓国系アメリカ人のコゴナダ監督は、長編第2作となる本作で気鋭のスタジオA24とタッグを組み、派手な視覚効果やスペクタクルに一切頼ることなく、唯一無二の未来的な世界観を構築した。さらにオリジナル・テーマ曲を敬愛する坂本龍一に依頼し、音楽を手掛けたAska Matsumiyaの美しいアレンジに加えて、岩井俊二監督作品『リリイ・シュシュのすべて』で多くの映画ファンの胸に刻まれた名曲「グライド」を、Mitskiが歌う新バージョンで甦らせた。

残された記録映像を手がかりにヤンのミステリアスな過去をたどっていく主人公ジェイクに扮するのは、『THE BATMAN-ザ・バットマン-』での怪演も記憶に新しいコリン・ファレル。加えて、『ウィズアウト・リモース』のジョディ・ターナー=スミス、『アンブレラ・アカデミー』のジャスティン・H・ミン、2011年生まれの子役マレア・エマ・チャンドラウィジャヤが切なくも温かな“未来の家族”を体現している。そして『コロンバス』で主演を務めたヘイリー・ルー・リチャードソンが物語の鍵を握る謎めいた女性を演じる。

この度公開されたポスタービジュアルには、家族三人とともに、人間と何ら変わりない外見ながら時が止まってしまったAIロボット・ヤンの姿が映る。交わらない視線はすれ違う家族の風景を思わせるが、ミカが優しくヤンの手を取り微笑みかける様子、その隣に添えられた「ありがとう、お兄ちゃん」というキャッチコピーが、かけがいのない絆で結ばれた関係性を想起させる。ヤンの体内に残された映像には何が映っているのか。そこに刻まれたヤンの記録/記憶は、いったい何を物語るのか。そしてAIに感情は宿るのか。本作はそうした幾多のミステリーを提示しながら、さして遠くない未来に現実化しうる人とロボットとの関係性を観る者に問いかける。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

『アフター・ヤン』

© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

© 2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

『アフター・ヤン』

10月21日(金)より全国公開
2021年|アメリカ|英語|カラー|ビスタサイズ|5.1ch|96分|原題:After Yang|字幕翻訳:稲田嵯裕里|映倫:G一般
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:コリン・ファレル、ジョディ・ターナー=スミス、ジャスティン・H・ミン、マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ、ヘイリー・ルー・リチャードソン
監督・脚本・編集:コゴナダ
原作:アレクサンダー・ワインスタイン「Saying Goodbye to Yang」(短編小説集「Children of the New World」所収)
撮影監督:ベンジャミン・ローブ
美術デザイン:アレクサンドラ・シャラー
衣装デザイン:アージュン・バーシン
音楽:Aska Matsumiya オリジナル・テーマ:坂本龍一 フィーチャリング・ソング:「グライド」Performed by Mitski, Written by 小林武史

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 約束から1年6ヵ月の時を経て実現 NulbarichとPhum Viphuritが念願の共演、「A New Day」パフォーマンス映像を公開

    2022.09.21 15:00

    NulbarichとPhum Viphuritによる「A New Day」のパフォーマンス映像が「AREA DIP」の公式YouTubeチャンネルにて公開された。 Phum Viphuritは、バンコクを拠点に活動する26歳のシンガーソングライター。2018年3月にリリースした「Lover Boy」はSpotifyとYouTube合わせて1億回再生に達するヒットを記録している。 2人は昨年リリースしたNulbarichの最新アルバム『NEW GRAVITY』に収録されている「A New Day」でコラボレーション。新型コロナウイルス感染拡大の影響により楽曲制作に関する全ての作業をリモートで行っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8997/">…

    #Nulbarich#Phum Viphurit

  • 高専時代の五条悟と夏油傑、家入硝子がお披露目 『呪術廻戦』アニメ第2期が「懐玉・玉折」に決定 ティザービジュアルが公開

    2022.09.17 17:30

    2023年放送が決定している『呪術廻戦』TVアニメ第2期にて「懐玉(かいぎょく)・玉折(ぎょくせつ)」編が描かれることが決定。合わせてティザービジュアルが公開された。 『呪術廻戦』は発行部数7,000万部を突破している大人気コミック。初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』は、興行収入138億円の大ヒットを記録した。 この度、TVアニメ第2期にて描かれるのは、シリーズ屈指の人気キャラクターである五条悟と夏油傑の高専時代のエピソード「懐玉(かいぎょく)・玉折(ぎょくせつ)」。劇場版にて示唆された彼らの決別した過去がついに明らかとなる。 公開されたのは、五条や夏油に加えて同じく高専時代の同級生であ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8849/">…

    #MAPPA#中村悠一#呪術廻戦#櫻井孝宏#芥見下々#遠藤 綾

  • 本日公開のPV第2弾で音源が初解禁 女王蜂がTVアニメ『後宮の烏』OPテーマ担当、EDテーマは新人女性シンガーkrage

    2022.09.09 20:00

    10月1日より地上波にて放送がスタートするTVアニメ『後宮の烏』のオープニングテーマに女王蜂の新曲「MYSTERIOUS」が、エンディングテーマに新人女性シンガー・krageの新曲「夏の雪」が決定した。 『後宮の烏』は、夜伽をすることのない特別な妃「烏妃」と呼ばれる寿雪と時の皇帝・高峻を中心に織りなされるシリーズ累計発行部数120万部を突破した中華幻想譚小説を原作としたTVアニメ。本日『後宮の烏』の本PV第2弾が公開され「MYSTERIOUS」と「夏の雪」の音源が初解禁となった。 女王蜂の新曲「MYSTERIOUS」は10月26日にシングルとしてリリースされる。CD+Blu-rayの初回生産限<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8189/">…

    #krage#女王蜂#後宮の烏

  • 本日武道館で初披露、来年の全国ツアーも発表 go!go!vanillas、Hump Back林萌々子とのコラボ曲を来週配信リリース&MVプレミア公開

    2022.09.30 22:00

    本日日本武道館にてワンマンライブを行ったgo!go!vanillasが、10月5日(水)に新曲「Two of Us feat. 林萌々子」を配信リリースすることと、同日20時にミュージックビデオをYouTubeにてプレミア公開することを発表した。 バンド史上2度目となる日本武道館公演のアンコールにて、Hump Backの林萌々子(Vo/Gt)がサプライズ登場し初披露された新曲「Two of Us feat. 林萌々子」は、go!go!vanillas初となるコラボ楽曲。愛らしく胸を打つ林萌々子の歌声と、牧達弥が織りなす掛け合いが印象的な今作は、ファンク・ロック・カントリーの要素を兼ね備えた至極<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9715/">…

    #go!go!vanillas

  • 初回盤には今年3月のオンラインライブ映像を収録 菅田将暉が全曲に作詞作曲で参加、『クワイエットジャーニー – EP』11月9日リリース決定

    2022.09.30 18:00

    菅田将暉が、10月より開催するツアー名をタイトルに冠したCD『クワイエットジャーニー – EP』を11月9日にリリースすることを発表した。 2017年から本格的に音楽活動を開始し、2019年リリースの「まちがいさがし」がストリーミング3億回再生を突破、同年末には『第70回NHK紅白歌合戦』への初出場のほか、『第61回 日本レコード大賞』特別賞を受賞した菅田将暉。2020年11月リリースの「虹」もストリーミング再生2億回を超え、2022年10月からはライブツアー「菅田将暉 LIVE TOUR 2022 “クワイエットジャーニー”」の開催を控えている。 同ツアー名を冠したEPには、菅田<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9666/">…

    #菅田将暉

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube