Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

竹内涼真×横浜流星W主演『アキラとあきら』主題歌

back numberが新曲の歌詞全編を解禁、新アーティスト写真の公開も

2022.08.02 17:00

2022.08.02 17:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

back numberが、8月26日公開される映画『アキラとあきら』主題歌として新曲「ベルベットの詩」を書き下ろし。歌詞公開と併せて、新たなアーティスト写真も公開された。

楽曲フルコーラスの解禁に先立って、8月2日17時より歌詞サイト『Uta-net』にて歌詞全編を見ることができる。

映画『アキラとあきら』は、『半沢直樹』『陸王』など数々のベストセラーを生み出してきた作家・池井戸潤原作による小説。対照的な宿命を背負った2人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう感動巨編として、向井理と齋藤工の主演で連続ドラマ化もされた。今回の映画では、主演を竹内涼真と横浜流星が務める。

なお、新曲「ベルベットの詩」は映画『アキラとあきら』の予告映像でその一部を聴くことができる。


全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

映画『アキラとあきら』

映画『アキラとあきら』

映画『アキラとあきら』

映画『アキラとあきら』

8月26日(金)全国東宝系にて公開

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

原作:「アキラとあきら」(池井戸潤著/集英社文庫刊)
出演:竹内涼真 横浜流星
高橋海人(King & Prince) 上白石萌歌 児嶋一哉 満島真之介 塚地武雅 宇野祥平
奥田瑛二 石丸幹二 ユースケ・サンタマリア 江口洋介
監督:三木孝浩
脚本:池田奈津子
企画:WOWOW
制作プロダクション:TOHOスタジオ
配給:東宝
(C)2022「アキラとあきら」製作委員会

イベント情報

「back number “SCENT OF HUMOR TOUR 2022”」

「back number “SCENT OF HUMOR TOUR 2022”」

2022年4月2日(土)【愛媛】愛媛県武道館
2022年4月3日(日)【愛媛】愛媛県武道館
2022年4月9日(土)【北海道】北海道立総合体育センター北海きたえーる
2022年4月10日(日)【北海道】北海道立総合体育センター北海きたえーる
2022年4月16日(土)【愛知】日本ガイシホール
2022年4月17日(日)【愛知】日本ガイシホール
2022年4月30日(土)【広島】広島グリーンアリーナ
2022年5月1日(日)【広島】広島グリーンアリーナ
2022年5月7日(土)【新潟】朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
2022年5月8日(日)【新潟】朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
2022年5月21日(土)【大阪】大阪城ホール
2022年5月22日(日)【大阪】大阪城ホール
2022年5月28日(土)【埼玉】さいたまスーパーアリーナ
2022年5月29日(日)【埼玉】さいたまスーパーアリーナ
2022年6月9日(木)【大分】別府ビーコンプラザ コンベンションホール
2022年6月11日(土)【大分】別府ビーコンプラザ コンベンションホール
2022年6月12日(日)【大分】別府ビーコンプラザ コンベンションホール
2022年6月18日(土)【福井】サンドーム福井
2022年6月19日(日)【福井】サンドーム福井
2022年6月28日(火)【大阪】大阪城ホール
2022年6月29日(水)【大阪】大阪城ホール
2022年7月9日(土)【宮城】宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2022年7月10日(日)【宮城】宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2022年7月20日(水)【千葉】幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
2022年7月21日(木)【千葉】幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
(振替公演)
2022年9月7日(水)【千葉】幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
2022年9月8日(木) 【千葉】幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

「back number “SCENT OF HUMOR TOUR 2022”」

Vocal & Guitar : 清水依与吏(シミズイヨリ) 
Bass : 小島和也(コジマカズヤ)
Drums : 栗原寿(クリハラヒサシ)

2004年、群馬にて清水依与吏を中心に結成。
幾度かのメンバーチェンジを経て、2007年現在のメンバーとなる。
デビュー直前にiTunesが選ぶ2011年最もブレイクが期待できる新人アーティスト“Japan Sound of 2011”に選出。
2011年シングル『はなびら』でメジャーデビュー。メジャー初となるオリジナルアルバム『スーパースター』はオリコンウィークリーチャート4位を記録した。年間ラジオ・ エアプレイチャートで2ndシングル『花束』が邦楽で1位を記録、ゴールドディスク大賞ベスト5ニュー・アーティスト受賞、CDショップ大賞入賞。全国11ヶ所のワンマンツアーが全て即完し、さらに追加した渋谷公会堂公演も即完。
2014年、8thシングル『高嶺の花子さん』(2013年6月リリース)、9thシングル『fish』(2014年2月リリース)、そして10thシングル『繋いだ手から』(2014年3月リリース)を含むニューアルバム『ラブストーリー』を3月26日にリリース、5月からはそのアルバムを引っさげた初の全国ホールツアー「love stories tour 2014」(20ヵ所21公演)を開催し全て即日完売。追加公演で行われた横浜アリーナ2DAYS、大阪城ホール1DAYも即日完売となり大成功を収めた。
2016年1月にスタートした26ヶ所27公演のホールツアー、さらに6月から追加を含めて6ヶ所12公演のアリーナツアーは全箇所即日ソールドアウト。5月に発売されたシングル『僕の名前を』は映画『オオカミ少女と黒王子』主題歌となりiTunes ウィークリーチャート1位を獲得、11月発売シングル『ハッピーエンド』は映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』主題歌として話題を集めた。そして、12月28日には自身初のベストアルバム『アンコール』をリリースし、80 万枚を越える大ヒットを記録。
2017年2月からスタートした全国アリーナツアー「All Our Yesterdays Tour 2017」では30万人を動員し、2017年12月にリリースした、映画『8年越しの花嫁~奇跡の実話~』主題歌『瞬き』がロングセラーを記録。7月から10月にかけて東・名・阪 計5公演のドームツアーを全箇所SOLD OUT で大成功させた。2018年8月リリースした『大不正解』が映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』主題歌に、そして2018年10月から『オールドファッション』がTBS 系金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」主題歌、『HAPPY BIRTHDAY』がTBS系火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」主題歌と2クール連続でドラマ主題歌に起用され話題となった。2019年3月に3年3ヶ月ぶりの6thアルバム『MAGIC』をリリースし、4月から自身最大規模のアリーナツアー「NO MAGIC TOUR2019」を全国18箇所35公演で開催、35万人を動員した。2020年10月にはTBS系日曜劇場「危険なビーナス」主題歌の『エメラルド』を配信シングルとしてリリース。2021年5月には日本テレビ水曜ドラマ「恋はDeepに」主題歌『怪盗』を配信リリース。
ABEMAオリジナル恋愛番組「虹とオオカミには騙されない」(8月1日スタート)の主題歌として書き下ろしの新曲『黄色』のCDシングルを9月29日に発売。
また、コロナ禍の影響でインターハイが史上初めて中止となったことがきっかけで制作され、 本来その開会式が行われる予定だった2020年8月18日0時にYouTubeのback numberオフィシャルチャンネルに限定してサプライズ公開された楽曲「水平線」を、2021年8月13日インターハイの開会式開催の日に各配信プラットフォームにてリリース。Billboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で9週連続ストリーミングチャート1位を記録したのをはじめ、67のマンスリー・ウィークリー・デイリー・リアルタイムチャートで1位を記録し、MUSIC VIDEOは1.5億再生を突破(2022年7月現在)。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 著名人からの推薦コメントも到着 マスコミに立ち向かった伝説のスピーチ『プリンセス・ダイアナ』本編映像公開

    2022.09.28 12:00

    9月30日より公開予定の映画『プリンセス・ダイアナ』より本編映像が公開され、著名人からの推薦コメントも到着した。 世界中で大フィーバーを巻き起こし日本でも高い人気を誇ったダイアナ元皇太子妃のドキュメンタリー映画が、没後25年となる今年秋、世界で初めて劇場公開される。歴史に残る結婚式。子供が生まれた日。離婚にまつわるスキャンダル。AIDSの子供を抱きあげる姿。そして彼女が亡くなった日――。世界中で25億人が見たという、ダイアナ妃の葬儀。カメラは全てを映し出していた。むきだしの映像が、ダイアナ元皇太子妃の人生を物語る。 ダイアナ妃の人生、そして悲劇的な死については過去にも何度も語られてきたが、アカ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9501/">…

    #エド・パーキンズ#プリンセス・ダイアナ

  • デビュー35周年記念リリース第1弾 森高千里、1992年のツアー「ROCK ALIVE」を新編集 初映像化曲を追加し5枚組BOXを限定発売

    2022.09.15 00:35

    森高千里のデビュー35周年リリース第1弾として、1992年のツアー『CHISATO MORITAKA CONCERT TOURʻ92「ROCK ALIVE」』を収録したライブ映像作品『LIVE ROCK ALIVE COMPLETE BOX』が11月23日(水・祝)にリリースされる。 今作には、シングル「ファイト!!」「コンサートの夜」「私がオバさんになっても」といった代表曲を収録した6thアルバム『ROCK ALIVE』を引っさげ、⼥性ソロシンガーとしては初の全国47都道府県を制覇したツアーを収録。全55ヵ所60公演をまわり10万⼈を動員したツアーから1992年9月30日の東京・中野サンプラ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8575/">…

    #森高千里

  • CMにはaiko本人もカメオ出演 aikoが19歳から温めていた「夏恋のライフ」がポテトチップスCMソングに、本日配信リリース

    2022.09.14 00:00

    aikoが「夏恋のライフ」(読み:かれんのらいふ)を本日9月14日(水)に配信リリース。同曲がカルビーポテトチップスのCMソングに起用されることが発表された。 「夏恋のライフ」はaikoが19歳の時に作った楽曲で、いつの日か作品にしたいと思っていたというaikoにとって大切な一曲。aikoがカルビーポテトチップスのCMソングを担当するのは、2021年にリリースされた「食べた愛」に続き今年で2回目で、CMキャラクターは昨年に続き女優の川口春奈が担当する。9月19日(月)より全国でオンエア開始される同商品のじゃがいもチップス「素材のおいしさ」篇、9月26日(月)より全国でオンエア開始のポテトチップ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8494/">…

    #aiko

  • ⺟と娘の視点から乳がんをテーマに描く 吉田美月喜&常盤貴子主演『あつい胸さわぎ』2023年公開 前田敦子、佐藤緋美も出演

    2022.09.19 12:00

    演劇ユニットiakuの横⼭拓也が、⺟と娘の視点から乳がんをテーマに描いた舞台を、 主演に吉田美月喜と常盤貴子をむかえて映画化した『あつい胸さわぎ』が2023年初頭に公開されることが決定。合わせて追加キャストとメインビジュアルが公開された。 乳がんを患った娘(吉田美月喜)と、子離れできない母(常盤貴子)の“一夏の恋の胸さわぎ”を“あつく”描いた本作。 千夏(吉田美月喜)の幼馴染で思いをよせる同級生役・川柳光輝を、映画『MOTHER マザー』で第44回日本アカデミー新人俳優賞、第63回ブルーリボン賞新人賞などを受賞した奥平大兼が演じ、千夏に影響を与える友人でもあり昭子(常盤貴子)の同僚役・花内透子<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8921/">…

    #あつい胸さわぎ#佐藤緋美#前田敦子#吉田美月喜#常盤貴子#横⼭拓也

  • 黒人女性としてロックをやる意味を語る ウィローが2021年にロックミュージックに転向した理由とは?

    2022.09.21 17:00

    10月6日にニュー・アルバム『<COPINGMECHANISM>』をリリースするウィロー・スミスが、ロックミュージックをやる理由を語った。 2021年にリリースした『lately I feel EVERYTHING』で、ロックミュージックに転向したウィロー。彼女は今月17日に公開されたthe Observerのインタビューにて、黒人女性としてロックのジャンルに居場所を見つける必要性について以下のようにコメントしている。 「疎外されたコミュニティたちが、今まで受け入れられてこなかった場所に足を踏み入れて、“私は人間で、私もここにいていい”と示すことが重要。私たちは皆、あらゆる種類のす<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9023/">…

    #Willow#ウィロー・スミス

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube