Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

オリジナル曲では初のコラボ曲を配信リリース

石崎ひゅーい×菅田将暉、オフショット映像交えた「あいもかわらず」ライブ映像公開

2022.08.02 13:00

2022.08.02 13:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

石崎ひゅーいが、7月25日に東京・恵比寿リキッドルームで開催したデビュー10周年記念ライブ「石崎ひゅーい 10th Anniversary LIVE 『、』」より、菅田将暉をサプライズゲストに迎え初披露したコラボ曲『あいもかわらず』のライブ映像を公開した。

『あいもかわらず』は、石崎ひゅーいのデビュー10周年を記念して作られた楽曲で、本日8月2日に配信シングルとしてリリース。「さよならエレジー」や「虹」など、これまで石崎が菅田に数多くの楽曲提供をしてきたが、楽曲コラボするのは2020年発表の中島みゆき「糸」のカバー以来で、オリジナル曲としてのコラボはこれが初となる。

YouTubeで公開された「あいもかわらず」のライブ映像は、オフショットを交えたものでふたりの仲のいい関係性が垣間見える内容になっている。

石崎ひゅーい「あいもかわらず」コメント
菅田くんに初めてこの歌を聞いてもらった時、「熟成されたチーズ」みたいと表現してくれて、その言葉が面白くて、でも優しくて、すごくあたたかい気持ちになりました。僕らは音楽っていう大きなフィールドの中で真面目に馬鹿らしく、少しくさい言い方になるけど、’愛”っていう形のないものを追い求めてきた気がします。
そんな途方もない旅を一緒に菅田くんと歩めたらと思ってこの曲を書きました。
この先何年たっても「あいもかわらず」歌っていられますように。

菅田将暉「あいもかわらず」コメント
この春、ひゅーいくんから一緒に歌いたい曲があるんだと連絡がきました。
その時僕は実家にいて、これからについて考えていました。
子どもの頃と同じベッドで横になりながらその曲を聴きました。
嘘みたいに不安が吹き飛んで、やるべき事が見えました。
変わらない好きなものをただ愛していこうと思えました。
いつもこんな風に僕はひゅーいくんに救われています。
「あいもかわらず」宜しくお願いします。
ひゅーいくん10周年おめでとう!

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

石崎ひゅーい×菅田将暉『あいもかわらず』

石崎ひゅーい×菅田将暉『あいもかわらず』

2022年8月2日(火)配信リリース
作詞作曲:石崎ひゅーい 編曲:トオミヨウ

配信はこちら

石崎ひゅーい

アーティスト情報

1984年3月7日生まれ。茨城県水戸出身。本名。シンガーソングライター。
両親の影響で幼少の時からトム・ウェイツ、デヴィッド・ボウイなどを聴いて育つ。

中学からバンド活動を開始。当初よりヴォーカルを務める。高校卒業後、大学で結成したバンドにてオリジナル曲でのライブ活動を本格化させる。その後ソロシンガーに転向し、精力的なライブ活動を展開。

2012年7月25日「第三惑星交響曲」でメジャーデビュー。
2015年6月公演(東京・大阪)の劇団鹿殺し「彼女の起源」に客演出演で初の演技に挑戦。2016年12月公開の映画「アズミ・ハルコは行方不明」で、スクリーンデビューを果たす。その後、映画「そらのレストラン」や、ドラマ「左ききのエレン」に出演するなど、役者としても存在感を放つ。
2016年11月石崎ひゅーいを代表するバラード曲「花瓶の花」のMV(監督:松居大悟、出演:蒼井優、村上虹郎)が、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2016MUSIC VIDEO部門で優秀賞を受賞。
菅田将暉に楽曲提供した「さよならエレジー」(日本テレビ系日曜ドラマ『トドメの接吻(キス)』主題歌)と「虹」(映画『STAND BY ME ドラえもん 2』主題歌)がストリーミング2億回再生を超える大ヒットを記録。2021年10月には、ナインティナイン矢部浩之のアーティストソロデビュー曲「スタンドバイミー」を楽曲提供し話題に。2022年4月より、テレビ朝日木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長season6』の主題歌を担当。新曲「花束」を提供。7月25日のデビュー日に、10周年記念ライブ『、』(てん)を東京・リキッドルームにて開催。8月2日に菅田将暉とのコラボ曲「あいもかわらず」を配信リリースした。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 昨年行われたライブの映像作品化も決定 syrup16gが5年ぶりフルアルバムを11月リリース、12月に大阪と横浜でワンマンを開催

    2022.09.27 18:00

    2021年11月に本編すべて新曲というライブを東京ガーデンシアターで開催したsyrup16gが、5年ぶり14曲入りのフルアルバム『Les Misé blue』を11月23日にリリースすることを発表した。 アルバムには同ライブで披露した12曲に加え、新たに書き下ろした2曲を追加した14曲が収録。コロナ禍を反映したダークな心情の曲、叫ぶ曲、彼ら特有の軽快で優しい曲、揺れるようなメロディが美しい曲とバラエティに富んだsyrup16gらしいアルバムに仕上がっており、これまでも持ち味だったコンポーザー五十嵐隆による押韻、ダブルミーニングにもさらに磨きがかかっているとのこと。 また、同アルバムのCDとTシ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9431/">…

    #syrup16g

  • ピーター・ストーメア、デミ・ムーアら出演 マイケル・ベイ製作、映画『ソングバード』豪華キャストを捉えた場面写真公開

    2022.09.16 17:00

    10月7日(金)より公開される映画『ソングバード』の場面写真が公開された。 新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るう中、逆境を逆手に取り、リアルな緊迫感を伴った都市空間――外出制限の真っ只中のロサンゼルスで撮影されたのが、映画『アルマゲドン』(1998年)や『トランスフォーマー』シリーズで知られる“ハリウッドの破壊王”マイケル・ベイがプロデュースを務めた本作。未曾有のパンデミックの真っ最中に、現在の状況がさらに悪化した未来を描くスリリングな試み。ロックダウン後、一番最初に撮影されたハリウッド作品である。 ウイルスに免疫がある運び屋ニコは、ロックダウン下で恋におち、ドアやスマートフォ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8784/">…

    #ソングバード#デミ・ムーア#ピーター・ストーメア#ブラッドリー・ウィットフォード#マイケル・ベイ

  • 以前からエルフ耳の手術を受けたいと発言 グライムスがエルフ耳の手術をしたことを示唆する

    2022.09.21 20:00

    カナダ出身のアーティスト、グライムスがSNSでエルフ耳の手術を受けたことを示唆する投稿をしたことが話題になっている。 先月から吸血鬼の歯とエルフ耳の手術を受けたいとSNSで明かしていたグライムス。「誰かオースティンかロサンゼルスで、吸血鬼の歯をつくることができる安全で信頼できる人を知っている方いませんか?また、エルフ耳をつくることができる人もいたら教えてほしいです(軟骨は回復しなく、一生縫い跡が残るから手術はまだ悩んでいる)」と自身のTwitterで質問していた。 その後、実際にエルフ耳の手術を受けたかは明かしていないが、9月17日には頭に包帯を巻いた状態の写真をシェアし、「クレイジーなことを<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9049/">…

    #Grimes#グライムス

  • 特別展「毒」のタイアップソングに BiSHが12ヵ月連続作第9弾タイトル発表、カップリングはチッチ作詞作曲

    2022.09.11 20:00

    BiSHが、9月21日(水)にリリースする12ヵ月連続リリース第9弾作品のタイトル含む詳細とアートワーク、アーティストビジュアルを公開した。 このたび発表された作品タイトルは『UP to ME』。表題曲「UP to ME」は作曲を松隈ケンタが、作詞を松隈ケンタとJ×S×Kが手掛けるパンクロックナンバー。同楽曲は11月1日(火)より国立科学博物館で開催される特別展「毒」のタイアップソングにもなっている。 また、カップリングの「YOUTH」の作詞作曲をメンバーのセントチヒロ・チッチが務めていることも明らかになった。メンバーが作曲した楽曲が収録されるのは、アイナ・ジ・エンド作曲・モモコグミカンパニー<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8297/">…

    #BiSH

  • イナズマロック フェス 2022 特集 西川貴教ロングインタビュー【前編】──イナズマの進化がもたらした変化、滋賀に築き上げたもの

    2022.09.10 18:00

    昨年5月にソロプロジェクト「T.M.Revolution」のデビュー25周年を迎え、今年8月には本名名義でのセカンドアルバム『SINGularity II -過形成のprotoCOL-』をリリース、同作を引っ提げたライブツアーを9月7日に完走した西川貴教。 そんな彼が次に登る山は、自身が発起人として2009年より主催する『イナズマロック フェス 2022』だ。ヴォーカリストとしてのみならず、俳優、声優、地上波TV番組MCなど、その活躍は文字通り多岐に渡り、日本を代表するエンターテイナーとしてのポジションを確固たるものにする西川だが、2008年より地元・滋賀の「ふるさと観光大使」の顔も併せ持って<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8233/">…

    #T.M.Revolution#イナズマロック フェス 2022#インタビュー#西川貴教

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube