Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

“日々を縫って生きる事を楽しみたい”という感情を描く

秋山黄色、5ヵ月ぶりの新曲「ソーイングボックス」の全貌を公開

2022.07.28 00:00

2022.07.28 00:00

秋山黄色が、前作の3rd Album『ONE MORE SHABON』から約5か月ぶりの新曲「ソーイングボックス」を8月3日より配信リリースすることを発表。あわせて、これまで一部が公開されていたジャケット写真の全貌も公開した。

「ソーイングボックス」は、“日々を縫って生きる事を楽しんでみたい”という感情を遊び心のあるビートに載せた楽曲。SNS上でハッシュタグ「#ヒビヲヌイアワセテ」とともにジャケット写真の一部が投稿され話題となっていた。

さらに、本楽曲のミュージックビデオが8月3日に公開されることも決定。イラスト・アニメーションを大鳥が担当、ディレクターをいがきちが務めている。実写とアニメーションを織り交ぜ、新進気鋭のクリエイター2組がタッグを組んだ映像となった。

また、Apple Music、Spotify、iTunesでは「ソーイングボックス」オリジナル待ち受け画像が全員にプレゼントされる事前予約キャンペーンが本日よりスタート。7月28(木)の0:00から8月2日(火)23:59の期間に予約した人を対象に、iTunesでは「スマホ待ち受け画像”フタリ”ver.」、Apple Musicでは、「スマホ待ち受け画像”ヒト”ver.」、Spotifyでは「スマホ待ち受け画像”バケモノ”ver.」がプレゼントされる。詳細は各サブスクリプションサービスでチェックしよう。

なお、秋山黄色は10月には東阪でホールワンマンツアー秋山黄色『一鬼一遊TOUR Lv.4』を開催することが決定しており、今夏は各地フェスへの出演も予定されている。

事前予約キャンペーンについて

期間内に「ソーイングボックス」をiTunesの“Pre-order”、Apple Musicの “Pre-add”、Spotifyの “Pre-save”にて事前予約した方全員に【オリジナルスマホ待ち受け画像】をプレゼント

【応募期間】
7月28日(木) 0:00~8月2日(火) 23:59

【特典】
iTunes:スマホ待ち受け画像”フタリ”ver.
Apple Music:スマホ待ち受け画像”ヒト”ver.
Spotify:スマホ待ち受け画像”バケモノ”ver.

■iTunes Pre-orderはこちら 
【応募方法】
①iTunesにて「ソーイングボックス」をプリオーダー(予約注文)する
②プリオーダー(予約注文)完了を確認できる画面をスクリーンショット
③下記の応募フォームより、スクリーンショット画像・必要事項を記入してご応募
応募フォーム

■Apple Music Pre-add/Spotify Pre-saveはこちら
【応募方法】
①上記URLにアクセス
②プライバシーポリシーと注意事項に同意の上チェックして頂き、Apple Musicをご利用の方は「Pre-add on Apple Music」、Spotifyをご利用の方は「Spotify」をタップ
③画面に「予約登録が完了しました。」と表示されたら、その画面をスクリーンショットで保存。
④下記の応募フォームより、スクリーンショット画像・必要事項を記入してご応募
応募フォーム

作品情報

配信シングル『ソーイングボックス』

『ソーイングボックス』配信ジャケット

『ソーイングボックス』配信ジャケット

配信シングル『ソーイングボックス』

2022年8月3日 配信

配信はこちら

イベント情報

秋山黄色『一鬼一遊TOUR Lv.4』秋山黄色「一鬼一遊TOUR Lv.4」

秋山黄色『一鬼一遊TOUR Lv.4』

10月1日(土) NHK大阪ホール
10月13日(木) 中野サンプラザホール

チケット一般発売日(2公演ともに):8月27日(土)
券種 / 料金:指定席 / ¥6,500(税込 / ドリンク代無し)

秋山黄色『一鬼一遊TOUR Lv.4』秋山黄色「一鬼一遊TOUR Lv.4」

・未就学児入場不可(小学生以上のご入場される方全てにチケット必要)
・枚数制限:お1人様4枚まで

1996年3月11日生まれ、栃木県出身。楽曲の全てを手掛けるソロアーティスト。
中学生の頃、TVアニメ「けいおん!」に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時に初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で楽曲を発表をするところから音楽キャリアをスタート。2017年12月より宇都宮と東京を中心にライブ活動を開始。2018年「やさぐれカイドー」「猿上がりシティーポップ」がSpotifyバイラルチャート上位にランクイン。
2019年Spotify『Early Noise 2019』に選出。夏フェス等の出演を経て、2020年1月TVドラマ「10の秘密」の主題歌『モノローグ』収録の1stフルアルバム『From DROPOUT』を3月4日にEPICレコードジャパンよりリリース。
2022年3月には「一鬼一遊 PRE TOUR Lv.3」と題して、自身初のホールワンマンを地元栃木県にて開催し、その後4月には全国10カ所11公演を開催し大成功を収めた。10月には東阪ホールツアー「一鬼一遊TOUR Lv.4」の開催も決定している。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 小雪、12年ぶりの主演作 映画『桜色の風が咲く』予告編&場面写真が公開 福島智からのコメントも

    2022.09.15 08:00

    11月4日(金)より、シネスイッチ銀座、ユーロスペース他にて全国順次公開される映画『桜色の風が咲く』から予告編と場面写真が公開された。 本作は、9歳で失明、18歳で聴力を失いながらも世界で初めて盲ろう者の大学教授となり、東京大学の教授として教鞭をとっている福島智と母・令子の実話にもとづく物語。 2003年TIME誌による「アジアの英雄」に選出され、現在は、東京大学先端科学技術研究センターバリアフリー分野教授を務める福島智の幼少期から大学受験までの姿を描く。また令子が、盲ろう者である智との日常の中から考案した、リアルタイムで言葉を伝える新たなコミュニケーションの手段“指点字”。 現在、多くの人々<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8506/">…

    #吉沢悠#小雪#松本准平#桜色の風が咲く#田中偉登#福島智

  • 4年ぶりにフジ系ドラマ主題歌を書き下ろし Official髭男dismの新曲「Subtitle」が川口春奈&目黒蓮共演ドラマ『silent』主題歌に決定

    2022.10.01 05:00

    Official髭男dismの新曲「Subtitle」が、10月6日(木)にスタートするフジテレビ系木曜劇場『silent』の主題歌に決定した。 オリジナル作品となる連続ドラマ『silent』は、主演の川口春奈が演じる主人公の青羽紬(あおばつむぎ)が、かつて本気で愛した恋人である目黒蓮演じる佐倉想(さくらそう)と、音のない世界で“出会い直す”という、切なくも温かいラブストーリー。 Official髭男dismがフジテレビ系連続ドラマの主題歌を担当するのは4年ぶりとなる。今回主題歌を書き下ろしたヒゲダンのメンバーは「”冬の歌は冬作るんじゃなくて、夏に作るんです。そうしないと冬に間に合いませんから<a href="https://bezzy.jp/2022/10/9782/">…

    #Official髭男dism#silent#川口春奈#目黒蓮

  • プロジェクトを成功させる感謝の心 DJキャレドが大物アーティストたち多数とコラボする秘訣を明かす

    2022.09.12 19:30

    8月26日にニュー・アルバム『God Did』をリリースし、Billboard 200で1位を獲得したDJキャレド。今作もドレイク、リル・ウェイン、カニエ・ウェスト、エミネム、ジェイ・Z、フューチャーなどのビッグネームが参加しているが、DJキャレドが大物アーティストたちとコラボをする秘訣をGQのインタビューにて明かした。 「私は実際に音楽を作ることよりも、人間関係を重要視する。音楽は祝いだから、全員が納得して幸せな状態であることを大切にしている。内容が痛みについてであったとしても、世界に公開したとき、それは色んな意味で祝いになる」 実際に自分で作曲/制作をしていない場合も多く、どちらかというと<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8364/">…

    #DJ Khaled#DJキャレド#God Did#ドレイク

  • 今年のガラ・セレクションは邦画4本含む全14本 第35回東京国際映画祭予告編が公開、Newspeak「Bonfire」がフェスティバルソングに

    2022.09.20 04:00

    10月24日(月)~11月2日(水)の期間開催される第35回東京国際映画祭の予告編が、9月23日(金)からの都内近郊劇場での上映開始に先立ちYouTubeで公開された。 約60秒の予告編には、オープニング作品の『ラーゲリより愛を込めて』とクロージング作品の『生きる LIVING』の他に、世界の国際映画祭で注目された話題作や邦画大作の最新作などを上映する「ガラ・セレクション」部門の全14本中13本の映像が収録。ガラ・セレクション部門は、昨年は10本全てが洋画作品だったが、今年は邦画作品が4本の入った14本となり、国際映画祭にふさわしい国際色豊かなラインナップとなっている。 また、今回の予告編では<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8933/">…

    #Newspeak#東京国際映画祭

  • マット・ヒーリィが楽曲について語る The 1975がニュー・アルバムから「All I Need to Hear」のライブパフォーマンス映像を公開

    2022.09.22 17:00

    10月14日にニュー・アルバム『Being Funny in a Foreign Language』をリリースするThe 1975が、4枚目のシングルとなる「All I Need to Hear」のライブ・パフォーマンス映像を公開した。 「All I Need to Hear」は、『Being Funny in a Foreign Language』のジャケット撮影や、アルバムの先行配信曲「I’m in Love With You」と「Part of the Band」のMVを手掛けたSamuel Bradleyが監督を務めている。フロントマンのマット・ヒーリィは、9月20日に公開<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9121/">…

    #The 1975

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube