Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

11年ぶりに復活した伝説的バンド

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、ライブ中にセキュリティにタックルされる

2022.07.25 15:00

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン「Killing In The Name」トロント公演

2022.07.25 15:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

2022年7月9日に米ウィスコンシン州で11年ぶりのライブを行ったRage Against The Machine(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)。現在「Public Service Announcement」ツアーを実施中の伝説的なバンドであるが、現地時間7月23日に行われたトロント公演にて、セットリスト最後の曲となった「Killing In The Name」の演奏中に、ファンがステージに押しかけるというハプニングがあった。

バンドを守るために飛び出したセキュリティガードであったが、飛び出した先にはギタリストのトム・モレロがいたのだ。結果的にトム・モレロがセキュリティにタックルされ、ステージから落ちてしまうというアクシデントが起こった。タックルされたトム・モレロに気がついたボーカルのザック・デ・ラ・ロッチャは、「待て!待て!」とバンド演奏を中止させた。

しばらくして起き上がったトム・モレロに観客は拍手と歓声を送り、ザック・デ・ラ・ロッチャは「そういうの(ステージに押しかけるの)は止めよう。私たちは大丈夫だ。みんな愛してるけど、そういうのはやらないように」と、ステージに押しかけたファンに対してメッセージを送った。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは「Killing In The Name」を最初から演奏しなおし、無事ライブを終えた。

タックルされるトム・モレロの映像は1:00から見ることができる。

全ての画像・動画を見る(全2点)


レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

アーティスト情報

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(英: Rage Against the Machine)は、アメリカ合衆国のロックバンド。 1990年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成された。英語圏ではRATM、日本においてはレイジという略称で呼ばれる。

「レッド・ツェッペリンとパブリック・エナミーの融合」と呼ばれる特徴的なサウンドと、マルコムX、チェ・ゲバラ、マーチン・ルーサー・キング・ジュニアなどから思想的影響を受けた政治メッセージを持つ歌詞が特徴。彼らのライヴにおいてはしばしばゲバラの肖像画が掲げられ、アンプの前などに星条旗が逆さまに吊るされた。また、ムミア・アブ=ジャマールの釈放を求めたり、無料の反戦コンサートを開いたりするなど、音楽の枠にとどまらず実際に政治活動も行っている。

2000年に解散したが、2007年に再結成を果たすも2011年のライブ以降は再び活動を休止状態となる。2020年3月〜4月に再結成ライブを計5公演行う予定との情報が公式Instagramにより発表されたが、新型コロナウイルス感染症の流行により2021年6月に延期。その後も幾度か新型コロナの影響で復活ライブの延期を余儀なくされていたが、2022年7月9日にアメリカ・ウィスコンシンで11年ぶりの復活ライブを行った。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube