Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

RELATED TOPICS関連記事

  • 水面に広がるスカートで個々の個性も表現 櫻坂46、9thシングル『自業自得』新ビジュアル公開 センター山下瞳月が強い眼差しを向ける

    2024.06.03 10:50

    櫻坂46が、6月26日(水)に発売する9thシングル『自業自得』の新アーティストビジュアルを公開した。 昨夜放送されたレギュラー番組「そこ曲がったら、櫻坂?」(テレビ東京)の番組内CMにてティザー映像が公開され、発表が待ち望まれていた新ビジュアル。櫻坂46のメンバーが水面に佇む中、センターを務める三期生・山下瞳月が強い眼差しを向けており、水面に広がるスカートが個々の個性を彩っているように見える。 また、表題曲「自業自得」のMusic Videoが6月5日(水)22時にYouTubeでプレミア公開されることも決定。さらに、楽曲がMusic Video公開に先駆けて同日6月5日(水)0時から先行配<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45253/">…

    #山下瞳月#櫻坂46

  • 「劇情」と題し9月に東名阪で開催 クジラ夜の街が崎山蒼志との2マンツアー発表、初ファンクラブでチケット先行受付もスタート

    2024.06.21 21:00

    クジラ夜の街が、9月にシンガーソングライター・崎山蒼志との2マンツアーを東名阪3ヵ所で開催する。 本日6月21日はクジラ夜の街の結成日。それを記念してLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催された自身初のホールライブ“7歳”にて崎山蒼志との2マンツアーは発表された。 もともと年齢が近く交流もあったことから実現した今回のツアーは、SMA 50th Anniversary presents クジラ夜の街×崎山蒼志「劇情」と題し、両アーティストが所属する株式会社ソニー・ミュージックアーティスツの創立50周年イヤーに企画される様々なライブやイベントの一環として行われる。 また、クジラ夜の<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46288/">…

    #クジラ夜の街#崎山蒼志

  • 白シャツ姿が爽やかな3人の笑顔も捉える 大西流星、窪塚愛流、猪狩蒼弥が恋に揺らぐ姿を映す『恋を知らない僕たちは』場面写真解禁

    2024.06.08 12:00

    8月23日(金)に公開される映画『恋を知らない僕たちは』から主演の大西流星、窪塚愛流、猪狩蒼弥の場面写真が解禁された。 原作は「虹色デイズ」「アオハル荘へようこそ」の水野美波による同名コミック。映画初主演となるなにわ男子の大西流星を主演に迎え、窪塚愛流、齊藤なぎさ、莉子、猪狩蒼弥、志田彩良といった今をときめくキャストたちが集結した。 高校2年の英二(大西流星)と直彦(窪塚愛流)は中学からの親友同士。英二は幼馴染の泉(莉子)を密かな想いを寄せるが、泉は直彦と付き合っていた。さらに、泉と同じクラスの小春(齊藤なぎさ)は直彦に心を奪われ、瑞穂(志田彩良)は英二を意識し始め、太一(猪狩蒼弥)は瑞穂を一<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45494/">…

    #大西流星#恋を知らない僕たちは

  • プチョン国際ファンタスティック映画祭への正式出品も決定 押切蓮介×白石晃士『サユリ』8月23日公開、ムビチケ特典は描き下ろしポストカード

    2024.06.19 19:00

    押切蓮介の同名ホラー漫画を白石晃士監督が実写化した映画『サユリ』の公開日が8月23日(金)に決定した。 累計20万部を突破し、異能・押切蓮介のホラー表現到達点と呼ばれるホラー漫画『サユリ』は、とある家族が夢のマイホームへと引っ越した途端、次々と不可解な現象に襲われるというストーリー。原作者の押切にとって、自身の作品の中でも「一番好き」と語るほど思い入れのある作品だ。監督の白石晃士は、大ヒットホラー『貞子vs伽椰子』や松坂桃李主演のサスペンススリラー『不能犯』などを生み出し、これまでに幽霊、呪い、オカルト、モキュメンタリーなど様々なジャンルのホラー作品を数多く手掛けてきた“ホラーを知り尽くした映<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46146/">…

    #サユリ#押切蓮介#白石晃士

  • 完全オリジナル脚本で“アポロ計画”の舞台裏を描く 世界が目撃した月面着陸はフェイクか?『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』日本版予告解禁

    2024.05.29 12:00

    7月19日(金)に日本公開されるスカーレット・ヨハンソン主演映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』の日本版予告とポスターが解禁された。 アポロ11号の月面着陸から55年。世界では今、人類が再び月を目指す米国主導の探査計画「アルテミス計画」が進行中で、計画通りに進めば2028年に初めて日本人が月に降り立つことが決定している。そんな“宇宙ブーム”が到来している中、本作では55年前のアポロ11号の月面着陸「アポロ計画」の裏側と奮闘を完全オリジナル脚本で描く。 キャストには脚本に惚れ込みプロデューサーにも名を連ねるスカーレット・ヨハンソンのほか、『ザ・ロストシティ』のチャニング・テイタム、『ヴェノム』<a href="https://bezzy.jp/2024/05/45050/">…

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube