Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” #1

「木﨑ゆりあという人間」

2022.07.16 12:00

2022.07.16 12:00

全ての画像・動画を見る(全4点)

わざわざ山﨑と打ち込まないと変換されないめんどくさい名字にやっと慣れてきた。

ぶっちゃけ、木崎でも木﨑でもどっちでもいいくらいには適当な性格。でも、この名字が大好きだ。できれば手放したく無いくらいに愛している。

“木﨑”と“ゆりあ”という名前はとても組み合わせが強いらしく、名前を平仮名でゆりあにすると一生1人で生きていけるくらい気が強い女性になりますけど大丈夫ですか?という姓名判断の先生の忠告に、なんの躊躇もなくGOサインを出した両親から生まれました。もしも私が結婚できなかったら2人を訴えてやる。。。
 
と、まあ冗談は置いといて、
はじめてのエッセイ連載が始まりました!

わくわく。そわそわ。

真面目な話から日常のしょうもない話まで幅広く綴っていきたいなと思っています。ですが、今回は木崎(変換するのがめんどくさくなった。)ゆりあという人間を知ってもらうために、昔話に付き合ってください。
 
幼少期、今のところ私の絶好調期。
それはもうどこに行っても可愛い可愛いと褒められて生きてきました。笑

あだ名は小さなジャイアン。
おもちゃやぬいぐるみの頂点に立つ生意気さ。

母曰く、2つ上の兄に叱られるとあぐらで定規を咥えながら「ごめんなしゃーい」と謝るようなクズっぷりだったらしい。我ながら腹が立つ。小学生になっても相変わらず兄とは毎日喧嘩していたけれど、今ではワンピースの新刊が出るたびにコンビニに一緒に買いに行き(正確には買ってもらう)遅くまで熱く語りながら酒を飲む仲だ。両親にも沢山甘えて、甘やかされて、沢山の愛をもらいまして、本当に恵まれた環境ですくすく元気に育ちました。

(わがまま娘時代)

そしてあっという間に中学生

当時の私は、芸能の仕事をすることになんの疑問もなくて、自分がちょっと特別なんだと信じていた13歳。なんと国民的アイドルになりました。

アイドルになりたかった訳ではなかった、なんならかなり向いてもなかった、それでも8年間続けて色々な経験をした。

選ばれない悔しさ
キャプテンの重み
センターで踊る喜び
ファンの方がくれる無償の愛

そうして21歳で出てきた言葉は「アイドルはもうお腹いっぱい」だった。

グラビア、ラジオ、バラエティ、有難いことに沢山の仕事をさせてもらえた。全部楽しいし、全部好き、だけど不思議と“役者”の仕事だけが特別に感じて仕方なかった。

はじめてお芝居をした時、え?これってなに?なになに?すんごく面白い!!あ、私きっとこの仕事を一生やる気がする。直感でそう思って胸がときめいたのを今でも覚えている。

それはとても自由で、どこにも答えがなくて、ひたすら役と向き合いながら理解し、自分ではない誰かとして一瞬を生きる仕事。

医者になったり、弁護士になったり、犯罪者になったり、どんなに共感できない役も、台詞も、作品が始まった瞬間ふつふつと愛情が湧いてきて、アップする時には、全部が私になっていて、なんだか不思議な気持ちになる。

今思うと演じるという行為は、私にとって、私のバランスを保つために必要な行為だったのかもしれない。

(現場の写真。血まみれです。痛くないので笑顔です。)

そうやってなんだかんだ生きてるうちに気がついたら26歳になっていました。

若干アラサーに足を突っ込んだ今の私は、心と身体と相談して、一度休養という道を選んだ。

勉強なんか1ミリも入っていない空っぽの頭で、ぐちゃぐちゃになるまで悩んだ結果、理由はひどく簡単なことだった。

私は、自分の好き、わくわくを見失ってしまった、それだけ。

でも私にとってそれはとても重要なことだった、水の中で息ができないみたいな毎日が続いてどうにもできなかった。

なにが原因か、どうしたら治るか、そんなことはどうでもいい。ただ私は今の自分と生きていかないといけなくて、過去の選択を後悔しないように毎日を必死に生きるだけ。

昨日の自分を少しでも愛せるように。

私の行動を、私の弱さを、私が1番に理解してあげて、時には否定しながら、微かに光る方向を探してゆっくり歩いているのです。
 
ここでは、毎日ハッピーな方も、どん底にいる方も、なーんにも考えてない方も、全員ウェルカム。また、覗きに来てください。

PS 珈琲豆だと思っていた粉がインスタントだと教えられショックを隠せません。

木﨑ゆりあのコミュニティはこちら

きざきさんち。

きざきさんち。

「きざきさんち。」では木﨑ゆりあが今感じていることを投稿やライブ配信でリアルタイムにお伝えしていきます。
いつでもここでおかえりなさいと言えるように、皆さんをお待ちしてます。

入会はこちら

全ての画像・動画を見る(全4点)


RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 現代社会に通じるテーマの不朽の傑作『切腹』

    第5回 2022.09.18 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第5回目は1962年に公開された映画『切腹』。舞台は1630年。幕閣の中枢として活躍を認められていた井伊家の江戸屋敷門前に、老いた浪人(仲代達矢)が突然訪ねてくる。生活苦の末、生き恥を晒していくのも何なので、武士らしく切腹して死のうと思うから、その場所にお宅の庭先を貸してくれ、という要件だった。これを聞いて不審に思った家老の斎藤勘解由(三國連太郎)は彼を家にあげ、つい先日全く同じことを訪ねてきて切腹をした若い浪人の話を聞かせる……。滝口康彦の小説『異聞浪人記』(1958年)を原作に、小林正樹監督が撮っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8846/">…

    #仲代達矢#切腹#関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

  • × ナノカ × × サウナ ①

    第3回 2022.09.07 12:00

    第3回目になりました。タイトルの通り、今回は『サウナ』への想いを綴ろうと。しております。 企画の軸であるカメラマンとのコラボはどうなったんや?と、思われている方もいるかもしれません。 そちらも引き続きやります!!!そちらの計画も進んでおります! 撮影に関してはいいタイミングが重なった時に決行できる感じなので他にも色んなワタクシゴトを聞いてくださると嬉しいです。 そしてたまにくるカメラマンコラボ回も楽しみにしていてくださると嬉しいです。そんなわがままな私です。どうぞよろしくお願いします。 ということで!改めて今回は『サウナ』について。よく聞かれる事にも答えていきながら菜乃花的サウナへの向き合い方<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7917/">…

    #× ナノカ ×#サウナ#菜乃花

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー みんなで食べたら美味しいね

    第3回 by 小春 2022.09.04 12:00

    今日も冷やし中華の昼ごはんの日がやってきた。夏休みになると毎週やってくるのだ。絵日記と、アイスと、スイカと、冷やし中華の思い出が強い。毎年夏が来れば思い出す。母がせっせと色々な食べ物を細切りにする。卵だとかきゅうりだとか。他は忘れたけどとにかく細切りにしたものを黄色い麺の上に乗せてつゆをかけて食べる。毎年食べているので味はなんとなく知っている。そして家族みんなと一緒に食べるたびに一人ぼんやり思っていた。 これ、美味しいか…? 多分母は料理が下手ではないのでこの料理自体の好みの問題ということはよくわかっていた。そして毎週出てくるので毎週考えていた。この料理のどこが苦手なのか。だからといって別に残<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7513/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

  • パンサー・菅の若者に教えたい遊び スーパーポテト――秋葉原で触れる遊びの原点

    第2回 2022.09.09 12:00

    パンサー・菅の若者に教えたい遊び、第2回目で紹介するのは秋葉原のレトロゲームショップ『スーパーポテト』さん。秋葉原はここ何十年かで街が生きているかの如く、一定のラインからはブレずに進化を続けていてとても興味深いエリアでございます。 元々僕はゲーム漫画アニメなどのカルチャーが好きなので、比較的若い頃からよく秋葉原には遊びに行っていました。ここ最近「Y2Kファッション」という2000年代に流行ったファッションがまた盛り上がってきているとシソンヌの長谷川君が言っていましたし、僕たちからしたら懐かしいの代表である「カセットテープ」が逆に新しいと言ってラジカセで音楽を聴いてみたりしているなんて話も聞きま<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7942/">…

    #パンサー・菅#パンサー・菅の若者に教えたい遊び

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー 地獄の仮免技能試験〜怒涛の連続三回落ち〜

    第4回 by もも 2022.09.15 12:00

    何回落ちるのか。何回落ちれば受かるのか。私は一生免許取得に辿り着けない地獄にいる。 一発試験は難しいと聞いた。聞いてはいたが出来ないものなどこの世には存在しないと思った。ましては、私は誰よりも負けず嫌いであり、頑張り屋さんであり、めげずに踏ん張る力を持っていると自負している。私は私を褒めながらここまでやってきた。しかしどうだろう。何回落ちるんだろう。何回試験を受けて何回試験に落ちるんだろう。私はこれでも私を褒められるだろうか。自分が試されている。何があっても褒めてきた。そうして自分のモチベーションとやらを思いっきり上げてきた。ここまで保って来たのだ。飽き性で落ち込みやすい自分と付き合ってきたん<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8535/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube