Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” #1

「木﨑ゆりあという人間」

2022.07.16 12:00

2022.07.16 12:00

全ての画像・動画を見る(全4点)

わざわざ山﨑と打ち込まないと変換されないめんどくさい名字にやっと慣れてきた。

ぶっちゃけ、木崎でも木﨑でもどっちでもいいくらいには適当な性格。でも、この名字が大好きだ。できれば手放したく無いくらいに愛している。

“木﨑”と“ゆりあ”という名前はとても組み合わせが強いらしく、名前を平仮名でゆりあにすると一生1人で生きていけるくらい気が強い女性になりますけど大丈夫ですか?という姓名判断の先生の忠告に、なんの躊躇もなくGOサインを出した両親から生まれました。もしも私が結婚できなかったら2人を訴えてやる。。。
 
と、まあ冗談は置いといて、
はじめてのエッセイ連載が始まりました!

わくわく。そわそわ。

真面目な話から日常のしょうもない話まで幅広く綴っていきたいなと思っています。ですが、今回は木崎(変換するのがめんどくさくなった。)ゆりあという人間を知ってもらうために、昔話に付き合ってください。
 
幼少期、今のところ私の絶好調期。
それはもうどこに行っても可愛い可愛いと褒められて生きてきました。笑

あだ名は小さなジャイアン。
おもちゃやぬいぐるみの頂点に立つ生意気さ。

母曰く、2つ上の兄に叱られるとあぐらで定規を咥えながら「ごめんなしゃーい」と謝るようなクズっぷりだったらしい。我ながら腹が立つ。小学生になっても相変わらず兄とは毎日喧嘩していたけれど、今ではワンピースの新刊が出るたびにコンビニに一緒に買いに行き(正確には買ってもらう)遅くまで熱く語りながら酒を飲む仲だ。両親にも沢山甘えて、甘やかされて、沢山の愛をもらいまして、本当に恵まれた環境ですくすく元気に育ちました。

(わがまま娘時代)

そしてあっという間に中学生

当時の私は、芸能の仕事をすることになんの疑問もなくて、自分がちょっと特別なんだと信じていた13歳。なんと国民的アイドルになりました。

アイドルになりたかった訳ではなかった、なんならかなり向いてもなかった、それでも8年間続けて色々な経験をした。

選ばれない悔しさ
キャプテンの重み
センターで踊る喜び
ファンの方がくれる無償の愛

そうして21歳で出てきた言葉は「アイドルはもうお腹いっぱい」だった。

グラビア、ラジオ、バラエティ、有難いことに沢山の仕事をさせてもらえた。全部楽しいし、全部好き、だけど不思議と“役者”の仕事だけが特別に感じて仕方なかった。

はじめてお芝居をした時、え?これってなに?なになに?すんごく面白い!!あ、私きっとこの仕事を一生やる気がする。直感でそう思って胸がときめいたのを今でも覚えている。

それはとても自由で、どこにも答えがなくて、ひたすら役と向き合いながら理解し、自分ではない誰かとして一瞬を生きる仕事。

医者になったり、弁護士になったり、犯罪者になったり、どんなに共感できない役も、台詞も、作品が始まった瞬間ふつふつと愛情が湧いてきて、アップする時には、全部が私になっていて、なんだか不思議な気持ちになる。

今思うと演じるという行為は、私にとって、私のバランスを保つために必要な行為だったのかもしれない。

(現場の写真。血まみれです。痛くないので笑顔です。)

そうやってなんだかんだ生きてるうちに気がついたら26歳になっていました。

若干アラサーに足を突っ込んだ今の私は、心と身体と相談して、一度休養という道を選んだ。

勉強なんか1ミリも入っていない空っぽの頭で、ぐちゃぐちゃになるまで悩んだ結果、理由はひどく簡単なことだった。

私は、自分の好き、わくわくを見失ってしまった、それだけ。

でも私にとってそれはとても重要なことだった、水の中で息ができないみたいな毎日が続いてどうにもできなかった。

なにが原因か、どうしたら治るか、そんなことはどうでもいい。ただ私は今の自分と生きていかないといけなくて、過去の選択を後悔しないように毎日を必死に生きるだけ。

昨日の自分を少しでも愛せるように。

私の行動を、私の弱さを、私が1番に理解してあげて、時には否定しながら、微かに光る方向を探してゆっくり歩いているのです。
 
ここでは、毎日ハッピーな方も、どん底にいる方も、なーんにも考えてない方も、全員ウェルカム。また、覗きに来てください。

PS 珈琲豆だと思っていた粉がインスタントだと教えられショックを隠せません。

木﨑ゆりあのコミュニティはこちら

きざきさんち。

きざきさんち。

「きざきさんち。」では木﨑ゆりあが今感じていることを投稿やライブ配信でリアルタイムにお伝えしていきます。
いつでもここでおかえりなさいと言えるように、皆さんをお待ちしてます。

入会はこちら

全ての画像・動画を見る(全4点)

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 渡辺みり愛のソラ模様 萌え萌え…きゅん?

    第14回 2024.04.27 17:00

    本日は念願のメイドカフェです!!メイドカフェ実はお客様として行くのは初めてでずっと行ってみたかったんです。乃木坂46に所属していた時に一度だけ、お仕事でメイドさん体験をさせていただいた事がありました。 かと言ってプライベートで1人で行くにはハードルが高く感じてしまっていまして、「エッセイでいけるのでは…?」と何とも邪な考えをして、お願いしてしまいました!!!!笑 そんな私のわがままを聞いてくださり、スタッフさんが連れて行ってくださいました。「あっとほぉーむカフェ」さん。 入った瞬間からメイドさんの世界に取り込まれました。本物の「おかえりなさいませ♡お嬢様♡」が聞けました。ありがとうございます。<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43884/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • パンサー・菅の若者に教えたい遊び 高田馬場で見つけた異空間、“カワイイ”を漬け込んだバー『あでぃくしょん』

    第9回 2024.05.17 19:00

    パンサー・菅の若者に教えたい遊び、今回紹介するのは高田馬場駅近くにあるコンセプトバー、ジビエ料理で有名な『米とサーカス』系列店のにゅ〜ニッポンバー『あでぃくしょん』でございます。 どんなコンセプトか簡単に言いますと『カワイイ』が大好きな19歳のバーチャル女子、パミンちゃんの部屋でございます。このパミンちゃん、公式サイトによりますとお菓子にサプリメント、服にアクセサリーにぬいぐるみ、コスメにギャンブルに大人のおもちゃなどの『カワイイ“廃棄物”』で溢れた部屋との事。カワイイのアンテナがパラボラ並みの混沌女子みたいですね、非常に素敵です。 そのこだわりの溢れたパミンちゃんの部屋に毎夜人が集まってくる<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44077/">…

    #パンサー・菅#パンサー・菅の若者に教えたい遊び

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 何度観ても飽きない!ブラッド・ピット主演の傑作コメディアクション『ブレット・トレイン』

    第20回 2024.05.04 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画を語る連載『関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!』。第20回は2022年に日本で劇場公開されたデヴィッド・リーチ監督作『ブレット・トレイン』。 殺し屋の男が自分の幼い息子に怪我を負わせた犯人と接触するために乗り込んだ、東京発、京都行きの夜行新幹線。そこにはロシアマフィアの大物ヤクザの息子と、その護衛にあたる2人組の殺し屋も乗っていた。そして、主人公である不運な運び屋もとあるスーツケースを盗む任務で乗車する。あらゆる登場人物の企みが交差し、カオスな殺し合いが新幹線という密室で始まるのだった。 ブラッド・ピット主演、伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を原作<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44201/">…

    #関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube