Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

チューニングがずれたギターでレコーディングしたことが発覚

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテが「Scar Tissue」の“正しい弾き方”を明かす

2023.03.14 17:00

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 2023年2月19日東京ドーム公演より/Photo by TEPPEI KISHIDA

2023.03.14 17:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

先月の19日に16年ぶりの単独来日公演を東京ドームで果たしたレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。昨年には最新作『Unlimited Love』をリリースしたベテランバンドだが、ギタリストのジョン・フルシアンテが明かした人気曲「Scar Tissue」の正しい弾き方が話題になっている。

きっかけはYouTuberのPaul Davidのとある説から始まった。彼はジョン・フルシアンテによる「Scar Tissue」のイントロを何度弾いてもしっくりこなかったようで、何度も試すうちにギターの2弦を13〜14セントほど低くチューニングすることによって違和感がなくなったと明かしている。半音は100セントのため、微量であるが認識できるほどの変化である。彼は「予想していなかったけど、チューニングが“狂っている”状態なのに良く聞こえる」とコメントした。

ジョン・フルシアンテは、リック・ルービンのレッド・ホット・チリ・ペッパーズ特集ポッドキャストの最新回に出演した際に、この説を肯定している。彼は「意図的にやったわけではなく、単にチューニングがズレていた。私のギターテックがそのことについて教えてくれたんだ。少しチューニングがズレていたけど、とても良いサウンドに聞こえる。もし良くなかったらみんな気がつくだろう」とコメントした。

また、ジョン・フルシアンテは昔のブルースの楽曲を弾いているときにも同様のことに気がついたようで、正しいチューニングとされている音の“間”を使うことにより表現できるサウンドもあると語った。

「普通にみんなが使う12音の間に、セントで区切られた音がある。その音の間にあるものを使うことによって、良い表現が生まれたりする。そういう意味で、“Scar Tissue”はたまたまそれが上手くいったんだと思う。聴いた感じチューニングが狂ってるようには聞こえないからね!」

全ての画像・動画を見る(全7点)


レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

アーティスト情報

メンバーは、アンソニー・キーディス(Vo)、フリー(Ba)、チャド・スミス(Dr)、ジョン・フルシアンテ(Gt)。

ヴォーカルのアンソニー・キーディスとベースのフリーを中心に83年に結成。日本では通称レッチリとして知られ、今やLA出身のロック・シーン最強のバンドとして君臨している。

壮絶なライヴ・パフォーマンス、そして『Under the Bridge / アンダー・ザ・ブリッジ』に象徴されるストリートの悲哀を漂わせる名曲の数々で多くのファンを獲得し、2012年4月にはバンドはロックの殿堂(Rock and Roll Hall of Fame)入りを果たす。

これまでに8000万枚以上ものアルバム・セールスを記録しており、Youtubeでは50億回の再生回数、スポティファイでは220億回のストリーミング再生回数を誇っている。

5作のマルチ・プラチナム・アルバム、最優秀ロック・アルバム(『STADIUM ARCADIUM / ステイディアム・アーケディアム』)、最優秀ロック・パフォーマンス賞(デュオもしくはグループ)」(「Dani California / ダニー・カリフォルニア」)、「最優秀ロック・ソング賞」(「Scar Tissue / スカー・ティッシュ」)、「最優秀ハード・ロック・パフォーマンス(ウィズ・ヴォーカル)賞」(「Give It Away / ギヴ・イット・アウェイ」)をはじめとする6つのグラミー賞を獲得。バンドはまた、11曲という全米のオルタナティヴ・ラジオ・チャートで史上最も多くのナンバー1シングルを獲得したアーティストとしての記録と、ナンバー1に累計81週という最多エントリー記録も打ち立てている。

2011年にリリースした『I'M WITH YOU / アイム・ウィズ・ユー』は18ヶ国で1位を獲得。2016年に11作目となるアルバム『The Getaway / ザ・ゲッタウェイ』をリリース。そして2022年4月1日、通算12作目となるアルバム『Unlimited Love / アンリミテッド・ラヴ』を全世界リリース。

今作はバンドを脱退し、2021年に復帰したギターのジョン・フルシアンテが参加。日本には、2016年『Fuji Rock Festival』、そして2019年『Summer Sonic』出演。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube