Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

過半数がイーロン・マスクは辞任すべきと答える

スヌープ・ドッグ、自分がTwitterの代表になるべきかというアンケートに賛同の声集まる

2022.12.20 18:00

snoopdogg.com/By The Royal Society, CC BY-SA 3.0

2022.12.20 18:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

イーロン・マスクが買収して以来、連日話題になっているTwitter社。彼の決断を批判するアーティストも多く、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーはメンタルヘルスのためにTwitterを退会していた。

12月18日にTwitterのアンケート機能を使用し、自身がTwitterの代表を辞任すべきかユーザーに聞いたイーロン・マスク。彼は「私はTwitterの代表から降りるべきですか?アンケート結果に従います」と投稿し、17,502,391人のユーザーがアンケートに参加した。その結果、“Yes”が57.5%、“No”が42.5%となり、アンケートに答えた過半数のユーザーがイーロン・マスクに辞任を求めていることが発覚した。

その後、スヌープ・ドッグが投稿した「私がTwitterを運営するべきですか?」というアンケートには3,398,119ユーザーが答えており、“Yes”が81%、“No”が19%と、大幅に“Yes”が勝る結果となった。多くのユーザーはスヌープ・ドッグがTwitterを運営することを望んでいるようで、彼が真剣なのかふざけているのかは不明であるが、興味深い結果となった。

スヌープ・ドッグはラッパーとしての活躍以外にも、オリジナルのジンのブランド「INDOGGO」、朝食シリアル「Snoop Loopz」、自身のゲーム「Snoop Dogg’s Rap Empire」などもリリースしており、今年の2月には〈Death Row Records〉も買収していた。CEOとしてのスキルも持っているスヌープ・ドッグであるが、彼がTwitterの代表になる日は来るのだろうか。

全ての画像・動画を見る(全1点)


スヌープ・ドッグ

アーティスト情報

1972年LAはロング・ビーチ生まれ。ギャングの一員として荒涼とした幼少期を過ごしてきたスヌープ・ドッグ(当時スヌープ・ドギー・ドッグ)が、ラッ プに専念しようと91年にネイト・ドッグ、ウォーレン・Gと共にクリーク213を結成。西海岸の首領(ドン)=ドクター・ドレーに見出され92年「ディープ・カヴァー」でレコード・デビューを果たす。その後、ドクター・ドレーの歴史的ソロ・アルバム『クロニック』に大々的にフィーチャーされ、大きな注目を 集める。全編ドクター・ドレーの制作のもと、彼のインタースコープ傘下のレーベル=デス・ロウから満を持してリリースされたデビュー・アルバム『ドギー・ スタイル』(’93)は西海岸のギャングの生き様をリアルに描き、強烈な世界観を提示、驚異的な大ヒットを記録。瞬く間にアメリカを代表するラッパーとな る。その後、名前をスヌープ・ドギー・ドッグからスヌープ・ドッグに変更するもレーベル内の紛争に巻き込まれEMI傘下のノー・リミット・レーベルに移籍、多数のプロデューサー/ラッパーたちとの交流を深めながらコンスタントにアルバムをリリースし、常にシーンのトップ街道を突き進む。特にファレル・ ウィリアムスとのコラボレーション・アルバム『Paid tha Cost to Be da Bo$$』発表後の突き抜け具合は、目を見張るモノがある。再びインタースコープ傘下のゲフィン・レーベルに移籍後も、『R&G(リズム&ギャングス タ):ザ・マスターピース』と06年末の『ダ・ブルー・カーペット・トリートメント』と壮大なスケールのアルバムを立て続けに発表。唯一無二のヴォイスと フロウのラップ・スタイルはすでに孤高の粋にすら入っている。また音楽活動での後進の育成はもちろん、自身のバスケット・ボール・チームを通じた地域社会 の活性化、ハリウッド界への進出なども精力的に行い、その発言、行動には大きな注目が常に集まっている。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/snoop-dogg/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube