Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

来年のツアーも開催できるかわからないとコメント

オジー・オズボーンが自身の健康状態を語る 今では歩くことも困難だと明かす

2022.12.14 17:15

オジー・オズボーン(Photo: Ross Halfin )

2022.12.14 17:15

全ての画像・動画を見る(全2点)

9月9日にニュー・アルバム『PATIENT NUMBER 9』をリリースしたオジー・オズボーンが、自身の健康状態について語った。

2020年の1月にはパーキンソン病と診断され、6月に手術を受けた現在74歳のオジー・オズボーン。手術は上手くいったと報告されているが、彼はこの度SiriuxXMに出演した際に、歩くことに苦労していると明かしている。

「かなり大変だよ。外に出て、ちゃんと活動したいのに。医者がやった地獄のような手術はすごかったよ。まじでみんなが全く想像できないレベルだ。医者に、もし手術をしないのであれば首の下から麻痺する可能性が高いと言われたんだ。
頭は大丈夫だし、クリエイティビティもあるし、歌も大丈夫だ。ただ、今ではあまり歩けないんだ。生活してて、どれだけフラストレーションが溜まるようになったか伝えきれないよ。人生を生きていて、このようなアホみたいなことひとつによって、長い期間全てを台無しにされる。こんなに病気になったことは今までないよ」

さらにオジー・オズボーンは、2023年に開催されるツアーも実施できるかわからないとコメントし、今年の8月に地元バーミンガムで行われたライブでも背中を固定するサポーターを使用していた。今年の8月には「フックとか鈎に吊るされてでも、ファンにありがとうと言うためにステージに戻る。ファンからの愛とサポートを感じているし、回復中に送ってくれたみんなの願いに感謝したい」とファンへの感謝の気持ちを述べていた。

全ての画像・動画を見る(全2点)


オジー・オズボーン

アーティスト情報

英国バーミンガム出身。1970年ブラック・サバスのヴォーカルとしてアルバム『黒い安息日』でデビュー。瞬く間に人気を獲得し2ndアルバム『パラノイド』で早くも全英1位を獲得するなど、ヘヴィ・メタルの始祖的バンドのフロントマンとしてシーンの第一線で活躍するも’78年暮れにブラック・サバスを脱退。1980年(日本は’81年)の1stアルバム『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』、翌年の2ndアルバム『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』でソロとしても早々に成功を収め、“ヘヴィ・メタルの帝王”としての地位を不動のものとする。鳩やコウモリを食いちぎるなどロック史に残る奇行の数々とは裏腹に、楽曲はメロディックかつキャッチーでソングライターとしても高く評価されている。ランディ・ローズ、ザック・ワイルド、ジェイク・E・リー、ガス・Gなど、名ギタリストをこれまで多数輩出してきたことでも有名である。これまでブラック・サバスで9枚、ソロとして11枚のオリジナル・アルバムを発表している。

(引用)https://www.sonymusic.co.jp/artist/OzzyOsbourne/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube