Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

アカデミー賞韓国代表選出&カンヌ映画祭監督賞受賞

パク・チャヌク監督6年ぶりの新作『別れる決心』2月17日公開決定

2022.12.01 08:00

© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

2022.12.01 08:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

パク・チャヌク監督最新作『原題:헤어질 결심/英題:Decision to Leave』が、『別れる決心』の邦題で2023年2月17日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国公開されることが決定。併せてメインビジュアルと予告映像が公開された。

今年5月のカンヌ国際映画祭コンペティション部門での監督賞受賞以来、世界の批評家・映画サイトから絶賛を浴び、本年度アカデミー賞国際長編映画賞部門の韓国代表に選出。韓国では公開後に発売された脚本集がベストセラー1位を獲得、決めセリフがSNSで流行し、BTSのメンバーRMも複数回鑑賞するほどハマったと自身のSNSで報告するなど、社会現象といえるブームを巻き起こしている。さらに先日開催された韓国の“アカデミー賞”とも称される、最も権威ある映画祭、青龍賞で監督賞をはじめ6冠を獲得した。

監督を務めるのはパク・チャヌク。『オールド・ボーイ』(2003年)で第57回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。その後『渇き』(2009年)、『イノセント・ガーデン』(2013年)、『お嬢さん』(2016年)など唯一無二の作品で世界中の観客と批評家を唸らせ続けてきた巨匠の6年ぶりの最新作は、サスペンスとロマンスが溶け合う珠玉のドラマ。

男が山頂から転落死した事件を追う刑事ヘジュン(パク・ヘイル)と、被害者の妻ソレ(タン・ウェイ)は捜査中に出会った。取り調べが進む中で、お互いの視線は交差し、それぞれの胸に言葉にならない感情が湧き上がってくる。いつしか刑事ヘジュンはソレに惹かれ、彼女もまたへジュンに特別な想いを抱き始める。やがて捜査の糸口が見つかり、事件は解決したかに思えた。しかし、それは相手への想いと疑惑が渦巻く“愛の迷路”のはじまりだった……。

主演は『殺人の追憶』(2003年)、『グエムル 〜漢江の怪物〜』(2006年)とポン・ジュノ監督作品への出演で一躍注目を集め、ドラマ、アクション、時代劇などキャリアを通して幅広い分野で活躍しているパク・ヘイルと、アン・リー監督『ラスト、コーション』(2007年)でヒロインを演じ一躍国際的な女優としての地位を確立、『ブラックハット』(2015年)でハリウッドにも進出しているタン・ウェイ。

物語は、刑事ヘジュンが、崖から転落死した男の妻ソレの調査を開始することから始まる。取り調べが進む中で、お互いの視線は交差し、それぞれの胸に言葉にならない感情が湧き上がってくる。いつしか刑事ヘジュンはソレに惹かれ、彼女もまたヘジュンに特別な想いを抱きはじめ……。パク・チャヌクの盟友であり Netflix『シスターズ』も話題のチョン・ソギョンと共に手掛ける、二転三転する先の読めないストーリー、相手の本心を知りたいヘジュンとソレのスリリングな駆け引きに、ハマる批評家や観客が続出した。

映画『別れる決心』60秒予告 2023/2/17(金)公開

この度公開された予告映像では、山での転落死事件をきっかけに“刑事と容疑者”として出会った二人が、疑いを抱きつつ惹かれ合っていく様をサスペンスとロマンスが一体となった映像で表している。

また、併せて解禁されたビジュアルは手錠で繋がれたヘジュンとソレをとらえたもの。控えめに触れ合う指先、交わらない視線は「疑惑がふたりを惹き寄せ、愛がふたりを引き裂いた」というキャッチコピーと相まって、二人の行く末を想像せずにはいられないビジュアルとなっている。

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

別れる決心

© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

© 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED

別れる決心

2023年2月17日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開
配給:ハピネットファントム・スタジオ
原題:헤어질 결심/2022年/韓国映画/シネマスコープ/上映時間:138分/映画の区分:G

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:パク・チャヌク
脚本:チョン・ソギョン、パク・チャヌク
出演:パク・ヘイル、タン・ウェイ、イ・ジョンヒョン、コ・ギョンピョ
提供:ハピネットファントム・スタジオ、WOWOW

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 4人の悩みや想いを表情とセリフで表現 北村匠海×中川大志W主演映画『スクロール』キャラ別ポスター&本編映像公開

    2023.02.01 18:00

    2⽉3⽇(⾦)より全国公開される映画『スクロール』から、主要キャスト4名のキャラクターポスターと本編映像が公開された。 本作の原作は、YOASOBIの⼤ヒット曲「ハルジオン」の原作者としても知られる橋⽖駿輝が2017年に発表した同名小説。理想と現実のギャップに溺れながらも、社会、そして⾃分と必死に向き合う若者たちの姿を描く。 学⽣時代に友だちだった“僕”とユウスケのもとに、友⼈の森が⾃殺したという報せが届く。就職はしたものの上司からすべてを否定され、「この社会で夢など⾒てはいけない」とSNSに想いをアップすることで何とか⾃分を保っていた“僕”と、毎⽇が楽しければそれでいいと刹那的に⽣きてきたユ<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18297/">…

    #スクロール#中川⼤志#北村匠海#古川琴⾳#松岡茉優

  • ライブ当日を追ったアフタームービーが公開 BiS、日比谷野音での現5人体制ラストライブを生産枚数限定でBlu-ray化

    2023.01.10 20:00

    WACK所属のアイドルグループBiSが、先日の1月8日(日)に東京・日比谷公園大音楽堂で開催したワンマンライブ「ESCAPE from BiSimulation」を完全収録した映像作品を3月15日に緊急リリースすることを発表した。 同ライブは、グループの脱退を発表していたオリジナルメンバーのイトー・ムセンシティ部とネオ・トゥリーズが在籍する5人体制での最後のワンマンライブ。チケットはSOLD OUTしており、多くの研究員(※BiSファン総称)の要望を受け映像化が急遽決定した。今作は完全生産枚数限定で、クラウン徳間ミュージックショップのみで販売される。 また今回のリリース発表に合わせて「ESCA<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16723/">…

    #BiS

  • 15秒のティザー映像が公開 オジー・オズボーンがスーパーボウル中に放映されるCMで奇妙な新入社員を演じる

    2023.01.27 20:15

    1970年にブラック・サバスのボーカリストとしてデビューして以来、“プリンス・オブ・ダークネス”として世界中のハードロック/メタルファンを魅了したベテランボーカリスト、オジー・オズボーン。現在健康上の問題でライブをすることが難しいと明かしている彼だが、米国のNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のスーパーボウル中に放映されるCMに出演するようだ。 テレビCM枠が世界一高額なことでも知られているスーパーボウルであるが、この度財務や人事サービスを提供する会社Workdayが、オジー・オズボーンを起用したCMを放映すると明かした。CMのフルバージョンはスーパーボウル当日(日本時間2月13日)まで<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18059/">…

    #オジー・オズボーン#スーパーボウル#スーパーボウルハーフタイムショー

  • ポスターは”撮休”シリーズらしい色鮮やかなデザインに 『杉咲花の撮休』パラレルなストーリーが垣間見えるプロモーション映像公開

    2023.01.07 10:00

    WOWOWが手掛け2月10日(金)より放送・配信されるドラマ『杉咲花の撮休』から、プロモーション映像とポスタービジュアルが公開された。 多忙な毎日を送る人気俳優はドラマや映画の撮影期間に突然訪れた休日、通称“撮休”をどのように過ごすのか。本作は知られざる俳優のオフの姿をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、毎話異なるパラレルストーリーで贈る大人気オムニバスドラマシリーズの第4弾となる。 『有村架純の撮休』『竹内涼真の撮休』『神木隆之介の撮休』に続く本作の主演は、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で第40回日本アカデミー賞を受賞した杉咲花。監督は、映画『ちょっと思い出しただけ』を手掛けた松居大悟、<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16489/">…

    #杉咲花#杉咲花の撮休

  • 初回盤付属ライブ映像のダイジェストも くるりが新作『愛の太陽 EP』トレーラー公開、新曲2曲の一部が試聴可能に

    2023.01.20 18:00

    くるりが、3月1日(水)にリリースする『愛の太陽 EP』のトレーラー映像をバンド公式YouTubeチャンネルにて公開した。 今作には、2月23日(木・祝)に全世界配信&劇場公開される有村架純主演&今泉力哉監督のNetflix映画『ちひろさん』主題歌「愛の太陽」、佐賀県江北町制70周年記念楽曲「宝探し」、Netflixシリーズ『リラックマと遊園地』主題歌「ポケットの中」、Amazon Originalドラマ『モアザンワーズ / More Than Words』主題歌「八月は僕の名前」、3年ぶりに京都梅小路公園で実施された『京都音楽博覧会2022』開催日にリリースされた「真夏日」、新曲とな<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17549/">…

    #くるり#ちひろさん

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube