Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

バンド史上最もアップテンポなハウスミュージック

Lucky Kilimanjaroが新曲「一筋差す」MV公開、フェイスアートを施した熊木幸丸がダンス

2022.11.30 00:00

2022.11.30 00:00

全ての画像・動画を見る(全4点)

Lucky Kilimanjaroが、本日配信リリースした新シングルのタイトル曲「一筋差す」のミュージックビデオを公開した。

11月25日にツアー「Lucky Kilimanjaro presents.TOUR“YAMAODORI 2022”」のファイナル公演をLINE CUBE SHIBUYAにて開催し、2023年4月5日にアルバムのリリースと、アルバムを引っ提げたツアーの開催を発表したLucky Kilimanjaro。

新シングルはLucky Kilimanjaro史上一番アップテンポなハウスミュージックで冬にフォーカスした楽曲「一筋差す」と、熊木幸丸の優しい歌声が印象的な冬の恋愛ソング「越冬」の2曲を収録。

「一筋差す」のMVは、今までの作品と異なり顔面にフェイスアートを施した熊木幸丸のサイバーなビジュアルに光とダンスの幻想的な演出が加わった映像作品で、「冬だってハウスミュージックで爆音で踊りたい」という熊木の言葉を表現し、心も体もおどり出す映像作品となっている。

なお、2023年の全国ツアー「Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023」のFC先行チケットが12日まで申し込み受付中。

全ての画像・動画を見る(全4点)


作品情報

デジタルシングル『一筋差す』

『一筋差す』ジャケット

『一筋差す』ジャケット

デジタルシングル『一筋差す』

2022年11月30日(水)リリース

収録曲

1. 一筋差す
2. 越冬

イベント情報

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

2023年5月28日(日)金沢:EIGHT HALL
2023年6月3日(土)札幌:SAPPORO FACTORY HALL
2023年6月10日(土)大阪:Zepp Namba
2023年6月11日(日)名古屋:Zepp Nagoya
2023年6月17日(土)仙台:仙台PIT
2023年6月24日(土)広島:CLUB QUATTRO
2023年6月25日(日)福岡:Zepp Fukuoka
2023年7月1日(土)東京:豊洲PIT
2023年7月2日(日)東京:豊洲PIT

企画制作:dreamusic Artist Management,Inc./VINTAGE ROCK std.
TOTAL INFORMATION:VINTAGE ROCK std.

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro

アーティスト情報

Lucky Kilimanjaroは、同じ大学の軽音サークルで出会った6人で結成された。彼らが自ら考案し、掲げる「世界中の毎日をおどらせる」というバンドのテーマは、Lucky Kilimanjaroの音楽性と精神性を如実に反映した言葉である。彼らがおどらせるのはライブハウスやクラブのフロアだけではない。昨日から今日へ、そして明日へ。連続する日々を、そこにある私たちの生活と心をも、Lucky Kilimanjaroはおどらせる。

2018年にEP『HUG』でメジャーデビュー。その後、2020年にはメジャー初のフルアルバム『!magination』を、2021年にはメジャー2ndフルアルバム『DAILY BOP』をリリースしたLucky Kilimanjaro。作詞作曲を手掛けるボーカル・熊木幸丸の多作ぶりとバンドとしてのリリーススピードの速さで周囲を驚かせながら、作品を経る毎にクリエイティビティとキャパシティを広げていく彼ら。その音楽世界の根幹にあるのは、やはり、熊木のソングライティングである。時代や自己の内部に深く向き合いながらも、まるで友達のように親密な語り口で聴き手に寄り添いながら、明日をよりよく生きるための新たな視点と提案をもたらす歌詞。そして、先鋭的なポップミュージックのビート感やサウンド感を貪欲に取り入れながらも、きっと多くの人が懐かしさを感じるであろう、日本語の歌としての喜びを突き詰めていく彼のソングライティングは、蔦谷好位置やヒャダインといった音楽家たちからも高く評価され、また、Hey!Say!JUMPやDISH//といったアーティストへの楽曲提供にも繋がっている。

Lucky Kilimanjaroにとって、2021年は「駆け抜けた」という表現がしっくりくる1年だった。3月の『DAILY BOP』をリリース以降も、4月には日比谷野外大音楽堂での初のワンマンライブを開催。その後、5月から Zepp Haneda をファイナルとした7都市を回る初の全国ツアーを敢行し、さらに10月からは新たな全国ツアーを開催。このツアーではファイナル公演のZepp DiverCityがソールドアウドしたことに伴い、新木場STUDIO COASTでの追加公演も開催された。会場のキャパシティはツアーを追うごとに大きくなっているが、そこで生み出される興奮の濃度は、薄まるどころか、むしろライブを追うごとに色濃くなっている。躍動するリズム、色とりどりのメロディ、歌はときに鼓舞するように、ときに語りかけるように響き、人と人の間を伝播する、音と熱――Lucky Kilimanjaroが生み出すのは音楽だけでなく「空間」そのものといえるが、彼らが生み出す空間に満ちるものは、とても優しく、熱く、そして幸福なものである。

Lucky Kilimanjaroのライブは、バンドミュージックならではのアンサンブルのふくよかさと熱狂を持ちつつも、曲と曲がノンストップで繋がることで持続する高揚感が生み出される様子は、まるでクラブミュージックのようでもある。そのパフォーマンスを観れば彼らの音楽に「垣根」というものが存在しないことを実感するだろう。そして、垣根のなさは観客も同じ。実際に彼らのライブに足を運べば、熱心な音楽フリークやカップル、家族連れなど、「老若男女」という言葉では収まりがつかないほどに様々な人々が、体や心をおどらせている光景が広がっている。

2022年3月30日には新たなフルアルバム『TOUGH PLAY』を発売。アルバムを引っ提げたバンド史上最大動員の全国ツアー『Lucky Kilimanjaro presents. TOUR”TOUGH PLAY”』のファイナルの会場はパシフィコ横浜で開催。7月13日「ファジーサマー」発売と、9月11日から始まる『Lucky Kilimanjaropresents. TOUR ”YAMAODORI 2022”』の開催を発表。Lucky Kilimanjaroは、世界中の毎日をおどらせ続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ライブの定番「タイムセール逃してくれ」など全4曲 サバシスター初の全国流通盤、1st EP『アテンション!!』“サバ”の日にリリース

    2023.01.20 21:00

    2022年に結成した話題のガールズバンド“サバシスター”が、2023年3月8日に1st EP『アテンション!!』をリリースすることを発表した。 2022年9月にリリースした自主制作盤デモEP『鯖ノ壱』が大きな話題を呼び、サーキットイベントや04 Limited Sazabysのツアーゲストに抜擢されるなど、結成年から多くのライブに出演。今年5月には「VIVA LA ROCK 2023」への出演が決定するなど、2023年も動向から目が離せない新米ガールズバンド、サバシスター。 今作はそんなサバシスターにとって初の全国流通盤であり、ライブの定番曲「サバシスター’s THEME」や「タイムセール逃し<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17564/">…

    #サバシスター

  • 35歳の誕生日に2022年を振り返る スクリレックスが音楽活動を休止していた理由を明かす 「人生の目的を失っていた」

    2023.01.17 17:45

    今月に新曲「Rumble」と「Way Back」を公開した世界的人気DJ/プロデューサーのスクリレックスが、しばらく音楽活動から遠ざかっていた理由を明かした。 1月15日に35歳の誕生日を迎えたスクリレックスは、Twitterにて2022年を以下のように振り返っている。 「2022年は人生で最も大変な年だった。多くの人にとってもそうだったかもしれない。前に進むドライブがない状態で、人生の目的を失っていた。母親がLollapaloozaツアーの2日目に亡くなり、それを乗り越えられないでいた。痛みを飲み込み、進み続けた。みんな私が消えた理由を聞くけど、私にとって2022年は転機で、自分のプロジェク<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17232/">…

    #Skrillex#スクリレックス

  • 活動復帰したmidoriko含む6人での初パフォーマンス ExWHYZ、初ツアーファイナルZepp DiverCity公演より「STAY WITH Me」ライブ映像公開

    2023.01.26 21:00

    ExWHYZが、1月12日(木)にZepp DiverCityで開催したツアーファイナルより、本編最後を飾った「STAY WITH Me」のライブ映像を公開した。 2022年6月に突如解散したEMPiREのメンバーであるyu-ki、mayu、midoriko、mikina、maho、nowの6名で結成されたグループ、ExWHYZ。11月2日には大沢伸一(MONDO GROSSO)、Denny White、Shin Sakiura、80KIDZなど国内外の様々なクリエイターが参加した1stアルバム『xYZ』をリリースした。 2022年11月3日から初の全国ツアー「ExWHYZ First Tou<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17959/">…

    #ExWHYZ

  • 『8 Mile』のテレビドラマリメイクも発表 50セントがドクター・ドレーと制作を開始すると明かす

    2023.01.10 18:10

    エミネムのレーベル〈Shady Records〉とドクター・ドレーのレーベル〈Aftermath Entertainment〉から2003年にデビューしたラッパー、50セント。ドクター・ドレーがエグゼクティブ・プロデュースした1stアルバム『Get Rich Or Die Tryin’』は全米で900万枚を超える大ヒットとなり、アメリカで最も売れたヒップホップアルバムの10位にランクインしている。1stシングル「In Da Club」、そして「Heat」「If I Can’t」「Back Down」などの楽曲はドクター・ドレーがプロデュースした。そんな大ヒット作を作った2人であるが<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16688/">…

    #50 Cent#50セント#エミネム#ドクター・ドレー

  • 初のオール女性スタッフによる新アー写も公開 竹内アンナ、デビュー5年目に5枚目のEP『at FIVE』を2月22日にリリース

    2023.01.10 12:30

    シンガーソングライター・竹内アンナの新作EP盤のタイトルが『at FIVE』であることが発表され、発売日が2月22日(水)に決定した。 タイトルの“at”は“Anna Takeuchi”の頭文字を意味しており、デビューEP『at ONE』からスタートし今作が5作目のEPとなる。昨年9月から3ヵ月連続配信された「あいたいわ」「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」「サヨナラ」を含む全5曲が収録される。 また、今回の発表とともに最新のアーティスト写真も公開された。今までのEPシリーズを踏襲するような自然体の竹内アンナを表現しており、初のオール女性アー<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16632/">…

    #竹内アンナ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube