Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

今回の監督は松居大悟、今泉力哉、三宅唱

杉咲花の休日を人気監督が妄想して描く、WOWOW“撮休”シリーズ第4弾が来年2月放送

2022.11.21 08:00

2022.11.21 08:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

知られざる俳優のオフの姿をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、毎話異なるパラレルストーリーで贈るWOWOWが手がけるオムニバスドラマ“撮休“シリーズ。その新作として杉咲花主演の『杉咲花の撮休』が2023年2月に放送・配信されることが決定した。

ドラマや映画の撮影期間に突然訪れた休日、通称“撮休”を俳優たちはどのように過ごすのか。これまでの『有村架純の撮休』『竹内涼真の撮休』『神木隆之介の撮休』に続く第4弾となる本作。

今回主人公に迎えたのは、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞と新人俳優賞を同時に受賞し、2020年には連続テレビ小説『おちょやん』でヒロインを務めた杉咲花。監督は、映画『ちょっと思い出しただけ』をはじめドラマや演劇を手掛ける松居大悟、『愛がなんだ』などで等身大の恋愛模様を巧みな会話で恋愛群像劇へと昇華してきた今泉力哉、ベルリン国際映画祭でのプレミア上映を皮切りに世界中の映画祭で上映された映画『ケイコ 目を澄ませて』の三宅唱が務める。脚本家としては前出の監督3人の兼務に加え、小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』などで知られる作家・燃え殻、今年11月公開の映画『ある男』でも脚本を担当している向井康介、そしてドキュメンタリー映画の構成を務め、WOWOWでは『連続ドラマW 鵜頭川村事件』を手掛けた和田清人が参加する。

今回の発表に際し、杉咲花からのコメントも届いている。

杉咲花 コメント
──オファーを受けた際の心境やWOWOW初主演を演じられたことについて
自分の名前がタイトルに入っている不思議さや自分の役を演じる可笑しさを思わず忘れてしまうほど純度が高く穏やかで、なのに混沌とした奇妙さもあって、くすっと笑えてくる作品で。素晴らしい制作陣の皆さまとご一緒させていただけたこと、贅沢すぎる時間でした。

──演じられた各話それぞれの“杉咲花”像への印象や自身の新しい発見について
どれも自分な気がするし、どれも自分ではない気がする。だけど日々の生活を思い浮かべると、打ち合わせをする時、大切な人といる時、お風呂に入る時、人は、ときどきもしかしてそんな状態なのではないかと思えてきて。この営みがつづく限り、私は私を演じるのだろうという妙な心地良さを感じたりしました。

──視聴者へのメッセージ
あまりにも多面的な本作をどう形容したらよいのだろうと考えていると、なんだかとてもおもしろい気持ちになってしまいます。人のずるさに笑えたり、心のはたらきに救われたり。どっちでもよくなったり腹ごしらえしたくなるような作品になっているのではないかな、と思います。愛おしい6本をたくさんの方にお楽しみいただけたら嬉しいです。

全ての画像・動画を見る(全1点)


作品情報

WOWOW『杉咲花の撮休』

WOWOW『杉咲花の撮休』

2023年2月10日(金)放送・配信スタート(全6話)

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:杉咲花、上白石萌歌、松浦祐也、若葉竜也、芹澤興人、中田青渚、岡部たかし、塚本晋也、泉澤祐希、菊池亜希子、ロン・モンロウ、光石研、坂東龍汰、芋生悠、足立智充、橋本愛、松尾諭
監督:松居大悟、今泉力哉、三宅唱
脚本:松居大悟、燃え殻、今泉力哉、向井康介、和田清人・三宅唱
制作協力:ホリプロ
製作著作:WOWOW

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 新田たつおによる不朽の名作が令和に復活 『静かなるドン』が伊藤健太郎主演で映画化、今春公開へ

    2023.01.20 09:00

    映画『静かなるドン』が2023年春に全4話・2週連続で公開されることが発表された。 原作は「週刊漫画サンデー」にて1988年〜2013年まで連載され、累計発行部数4500万部突破の新田たつおによる同名コミック。高杉真宙主演の『ナニワ金融道』に続く「令和アウトローレーベル」第二弾作品として公開される。 関東最大規模の暴力団新鮮組のひとり息子近藤静也。けれど、彼は「ヤクザなんて嫌い、カタギとして平和に生きたい」と願い、デザイン会社で働き、イマドキの草食系男子として生きている。仕事ができないと怒られながらも、同僚の秋野さんに淡い恋心を抱き、普通に働く毎日。それが静也の幸せ。しかし、そんな静也の生活が<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17461/">…

    #伊藤健太郎#山口健人#新田たつお#本宮泰風#静かなるドン

  • 2022年にコラボアルバム『18』をリリース ジョニー・デップがジェフ・ベックの最期にベッドサイドを訪れていたと報じられる

    2023.01.13 16:20

    英国のギター・レジェンドにして、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジともに、いわゆるイギリス3大ギタリストと評されるジェフ・ベックが1月10日に亡くなった。世界で最も評価されているギタリストのひとりであり、数多くのミュージシャンに影響を与えた伝説的なギタリストであるが、彼の友人でありコラボレーターでもあるジョニー・デップがジェフ・ベックのベッドサイドを訪れていたと報じられている。 2022年にジェフ・ベックとのコラボアルバム『18』をリリースし、一緒にツアーも周っていたジョニー・デップは、他のロックスターとともにジェフ・ベックの最期にベッドサイドを訪れていたとPEOPLE誌は報じている。ジョニ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16897/">…

    #ジェフ・ベック#ジョニー・デップ

  • 蔦谷好位置が2022年マイベスト2位に選定 Bialystocks、『関ジャム』プロが選ぶマイベスト10曲にランクインした「灯台」のライブ映像公開

    2023.01.30 00:00

    昨年ポニーキャニオン内レーベルIRORI Recordsよりメジャーデビューを果たした2人組バンドBialystocksが、メジャー1stアルバムに収録されている楽曲「灯台」のライブ映像を公開した。 1月29日(日)に放送されたテレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』の人気企画「プロが選ぶ年間マイベスト10曲」にて、「灯台」が蔦谷好位置が選ぶ10曲の2位にランクインしたBialystocks。昨年のメジャーデビュー以降、全国FM・AMラジオ及びCS放送46局にてパワープレイ・ローテーションを獲得。週間USEN HIT J-POPでも3位に、J-WAVE「SAISON CARD TOKIO HOT<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18121/">…

    #Bialystocks

  • ヨルシカの楽曲が物語の随所に象徴的に登場 広瀬すず×永瀬廉ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』主題歌がヨルシカ新曲「アルジャーノン」に決定

    2023.01.13 18:00

    ヨルシカの新曲「アルジャーノン」が、1月17日(火)より放送スタートする広瀬すず主演TBS火曜ドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』(毎週火曜よる10時)の主題歌に決定した。 『夕暮れに、手をつなぐ』は九州の片田舎で育った浅葱空豆(広瀬すず)が、幼馴染みの婚約者を追って上京した先で音楽家を目指す青年・海野音(永瀬廉)と運命的で衝撃的な出逢いを果たすことから始まる青春ラブストーリー。恋愛ドラマの名手・北川悦吏子が『オレンジデイズ』以来19年ぶりに完全オリジナル脚本で“青春ラブストーリー”を手がける。とっくに恋に落ちているのに、なかなか恋が始まらない夢追う2人の世界で一番美しいラブストーリーが描かれる。 <a href="https://bezzy.jp/2023/01/16890/">…

    #ヨルシカ#夕暮れに、手をつなぐ#広瀬すず#永瀬廉

  • 35歳の誕生日に2022年を振り返る スクリレックスが音楽活動を休止していた理由を明かす 「人生の目的を失っていた」

    2023.01.17 17:45

    今月に新曲「Rumble」と「Way Back」を公開した世界的人気DJ/プロデューサーのスクリレックスが、しばらく音楽活動から遠ざかっていた理由を明かした。 1月15日に35歳の誕生日を迎えたスクリレックスは、Twitterにて2022年を以下のように振り返っている。 「2022年は人生で最も大変な年だった。多くの人にとってもそうだったかもしれない。前に進むドライブがない状態で、人生の目的を失っていた。母親がLollapaloozaツアーの2日目に亡くなり、それを乗り越えられないでいた。痛みを飲み込み、進み続けた。みんな私が消えた理由を聞くけど、私にとって2022年は転機で、自分のプロジェク<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17232/">…

    #Skrillex#スクリレックス

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube