Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

それぞれの不安や葛藤が入り混じった印象的なシーンに

映画『スクロール』北村匠海、中川大志、松岡茉優、古川琴音を捉えた場面写真公開

2022.11.18 18:00

©橋爪駿輝/講談社 ©2023映画「スクロール」製作委員会

2022.11.18 18:00

全ての画像・動画を見る(全10点)

北村匠海×中川大志W主演の映画『スクロール』の公開日が2月3日(金)に決定し、併せて本作の場面写真が公開された。

原作は、橋爪駿輝が2017年に発表したデビュー小説『スクロール』。理想と現実のギャップに溺れながらも、社会、そして自分と必死に向き合う若者たちの姿を描き、若い世代から“自分たちの物語”と圧倒的な共感を獲得。物語は、鈍色の⻘春を駆ける若者たちのリアリティ溢れる⻘春群像劇。“生きること”そして“愛すること”をエモーショナルに表現し、光が射す明日を強く感じさせてくれるストーリーを独創的な世界観で描くのは、様々な映像のジャンルをクロスオーバーして活躍する清水康彦監督。さらに研ぎ澄まされたセンスで唯一無二の映像美で魅せる川上智之が撮影監督を担当。そして本作のW主演である北村匠海と中川大志と共に本作を彩るのは、これまで数々の映画賞を受賞してきた松岡茉優と、話題作への出演が続く古川琴音。

学生時代に友だちだった〈僕〉(北村匠海)とユウスケ(中川大志)のもとに、友人の森が自殺したという報せが届く。就職はしたものの上司からすべてを否定され、「この社会で夢など見てはいけない」とSNSに想いをアップすることで何とか自分を保っていた〈僕〉と、毎日が楽しければそれでいいと刹那的に生きてきたユウスケ。森の死をきっかけに“生きること・愛すること”を見つめ直す二人に、〈僕〉の書き込みに共鳴し特別な自分になりたいと願う〈私〉(古川琴音)と、ユウスケとの結婚がからっぽな心を満たしてくれると信じる菜穂(松岡茉優)の時間が交錯していく。⻘春の出口に立った4人が見つけた、きらめく明日への入口とは──?

『スクロール』©橋爪駿輝/講談社 ©2023映画「スクロール」製作委員会

この度、 公開されたのは〈僕〉、ユウスケ、菜穂、〈私〉の4人を中心とした場面写真10点。学生時代の友人である〈僕〉とユウスケが、友人の死をきっかけに再会を果たすところから物語が動き出す。ユウスケから友人の死の報告を受け呆然とする〈僕〉を捉えた様子や、上司からのパワハラに苦しみ、SNSに想いをアップしたことで共鳴し、少しづつ距離が近づく〈僕〉と〈私〉のかけがえのない瞬間。〈僕〉とは対照的に、毎日が楽しければそれでいいと刹那を生きるユウスケが、結婚こそ全てと信じる菜穂との出会いで、人生が大きく動いていく。そんなふたりが見つめ合う印象的なシーンも解禁。いつもは楽観的なユウスケだが、性格とは裏腹に真剣な眼差しを浮かべるテレビ局員としての一面も垣間見れる。その他、菜穂と〈私〉がバーで物思いにふける姿や、それぞれの不安や葛藤が入り混じった印象的なシーンが切り取られている。

全ての画像・動画を見る(全10点)


作品情報

『スクロール』

©橋爪駿輝/講談社 ©2023映画「スクロール」製作委員会

©橋爪駿輝/講談社 ©2023映画「スクロール」製作委員会

『スクロール』

2023年2月3日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開全国公開
原作:橋爪駿輝「スクロール」(講談社文庫)
※2022年12月刊行予定

公式サイトはこちら

キャスト&スタッフ

出演:北村匠海、中川大志、松岡茉優、古川琴音
監督・脚本・編集:清水康彦
脚本:金沢知樹、木乃江祐希

音楽:香田悠真
撮影:川上智之
照明:穂苅慶人
録音・音響効果:桐山裕行
美術:松本千広
制作プロダクション:イースト・ファクトリー
配給:ショウゲート

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube