Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

1998年以来上演されていない二人芝居

三谷幸喜伝説の舞台『笑の大学』、内野聖陽&瀬戸康史を迎え四半世紀ぶりに上演決定

2022.11.10 04:00

2022.11.10 04:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

三谷幸喜による二人芝居『笑の大学』が、2023年2月8日(水)よりPARCO劇場にて上演されることが決定。東京を皮切りに、3月4月と新潟、長野、大阪、福岡、宮城、兵庫、沖縄と巡演することが発表された。

同作はファンの中でも特に人気の高い作品であるにも関わらず、1998年以来1度も日本で公演が行われてこなかった舞台。来年2023年にPARCO劇場が50周年を迎えるにあたり開催されるPARCO劇場開場50周年記念シリーズとして、四半世紀ぶりに蘇る。

1994年よりほぼ毎年PARCO劇場をホームグラウンドに数々の名作を発表してきた三谷幸喜。40周年記念公演では『ホロヴィッツとの対話』『国民の映画』、2020年リニューアルオープン時の記念シリーズでは、三谷文楽『其礼成心中』、PARCO MUSIC STAGE『三谷幸喜のショーガール』、『大地(Social Distancing Version)』などを上演し、PARCO劇場の節目を飾ってきた。

1996年にパルコ・プロデュース公演として青山円形劇場で初演された『笑の大学』は、第2回読売演劇大賞で「最優秀作品賞」を受賞し、その後1998年にPARCO劇場にてアンコール公演が行われ、東京・札幌・大阪・福岡の4都市56ステージを巡演。ロシア語、韓国語、中国語、フランス語にも翻訳され、海外で上演され続けている不朽の名作が三谷幸喜自身の演出で上演される。

物語の時代設定は、戦争色が濃厚になる昭和15年。登場人物は、警視庁検閲係・向坂睦男(さきさかむつお)と劇団「笑の大学」座付作家・椿一(つばきはじめ)。非常時に喜劇など断じて許さないとする向坂は上演中止に追い込もうと執拗なまでの注文を繰り返す。しかしなんとか上演許可をもらいたい椿は、向坂が要求する無理難題を逆手に取りながら、あくまで真正面からの書き直しに挑戦する。警視庁の取調室を舞台に、相対する男二人のドラマが始まる……。

検閲官・向坂睦男役にはドラマ『JIN-仁-』『きのう何食べた?』、NHK大河ドラマ『真田丸』(作:三谷幸喜)、舞台『おのれナポレオン』(作・演出:三谷幸喜)、『M バタフライ』など多数の作品に出演し2021年には紫綬褒章を受章した俳優・内野聖陽。劇団『笑の大学』の座付作家・椿一役はドラマ『透明なゆりかご』、映画『コンフィデンスマン JP -英雄編-』『愛なのに』、ミュージカル『日本の歴史』(作・演出:三谷幸喜)、舞台『世界は笑う』、現在ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)に出演中の瀬戸康史が演じる。

三谷幸喜 コメント
「笑の大学」は大好きな作品。だからこそ、託したい俳優さんに出会うまで再演はしないと決めていました。内野さんの「向坂」が見たいと思った時から、今回のプロジェクトは始まりました。そして瀬戸さんは今の僕が最も頼りにしている俳優さんの一人。この二人で「笑の大学」を上演できるというのは、僕にとって最高の喜びです。
今まで待った甲斐がありました。今回初めて観る方も、以前ご覧になった方も、新しく生まれ変わる「笑の大学」にきっと満足して頂けると思っています。この作品でPARCO劇場開場50周年記念シリーズに参加できることを、僕はとても嬉しく思っています。なんと言ってもこの劇場は、自分を育ててくれた大切な場所ですから。

内野聖陽 コメント
25年前の、脚本家三谷さんの素晴らしい戯曲と、25年後の、演出家三谷さんとのお仕事なんて、一度に2度美味しい思いができる、こんな素晴らしく贅沢なことはありません。
ボクがこの本で素敵だなって感じることがいっぱいあって、顔の筋肉が緩んでしまう瞬間もたくさんあって、声を出して笑ってしまうところもたくさんあって、涙腺が緩んでしまうときもあって、そんな素敵なものを、いっぱいいっぱい舞台の上に花開かせたいと思っています。気鋭の若手、瀬戸康史くんとのセッションもとても楽しみです。みなさんどうぞご期待して待っていてください。
お稽古励みます!

瀬戸康史 コメント
まず、舞台版と映画版を観た時に、演じる人物によってこんなに印象が違うのだと驚いたのを覚えています。それは、登場人物がほぼほぼ二人しかいないからでしょう。その二人の俳優が持つ性質が空間を支配して、ダイレクトに観客に伝わる感じ。でも、それが気持ちの悪い生々しさではなく、どこかクセになる生々しさなんですよね。ずっとこの二人の掛け合いを見ていたいと思わせる三谷幸喜さんの力…とんでもないです。内野さんとは今回初共演で、まだまだ謎だらけです。なので今は、優しい人かな?怖い人だったらどうしよう。と、まるで検閲官にどきどきしながら対峙する作家のような気持ちです(笑)
二人芝居も初めてなので、とにかく新鮮さを大切に、相手からのエネルギーをいくらでも受け取れる心の余裕を持って、楽しんで演じられればと思います。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

PARCO劇場開場50周年記念シリーズ『笑の大学』

『笑の大学』ビジュアル

『笑の大学』ビジュアル

PARCO劇場開場50周年記念シリーズ『笑の大学』

2023年
東京公演
2月8日(水)-3月5日(日)PARCO劇場
新潟公演
3月11日(土)-3月12日(日)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
長野公演
3月18日(土)-3月19日(日)まつもと市民芸術館主ホール
大阪公演
3月23日(木)-3月26日(日)サンケイホールブリーゼ
福岡公演
3月30日(木)-4月2日(日)キャナルシティ劇場
宮城公演
4月6日(木)-4月9日(日)電力ホール
兵庫公演
4月13日(木)-4月16日(日)県立芸術文化センター阪急中ホール
沖縄公演
4月20日(木)-4月21日(金)那覇文化芸術劇場なはーと

東京公演一般発売:2023年1月7日(土)

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

作・演出:三谷幸喜
出演:内野聖陽 瀬戸康史

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 老舗和菓子メーカーとのコラボ鬼日だんごも販売決定 電気グルーヴ、33年目「鬼日」は限定サウンド試聴などHPが特殊仕様に

    2022.11.17 00:00

    本日11月17日、電気グルーヴが設定した記念日「鬼日」(キビ)が33年目を迎えた。 「鬼日」は、1990年11月17日、メジャー・ファーストアルバム『FLASH PAPA』をマンチェスターで制作時、ピエール瀧が「カフェ・ド・鬼」のレコーディングにおいて「鬼」のフレーズを何度やってもOKが出ず数十回にわたり延々と「鬼」と言わなければいけなかったエピソードに由来。それ以降、瀧が「今まで生きてきた人生の中で最も“鬼”という言葉を口にした日」として、この日を「鬼日」とした。 電気グルーヴのオフィシャルHPは本日1日限定で鬼日仕様となっており、電気グルーヴからのメッセージが掲載されているほか、2022年<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13369/">…

    #電気グルーヴ

  • フィオナ役解禁を知らせるPVも公開 佐倉綾音が『SPY×FAMILY』女性諜報員・夜帳ことフィオナ・フロスト役に決定

    2022.11.19 23:30

    本日放送されたTVアニメ『SPY×FAMILY』第2クールのMISSION:20「総合病院を調査せよ/難解な暗号を解読せよ」にて、主人公・ロイド・フォージャーの同僚諜報員「夜帳(とばり)」ことフィオナ・フロストのキャストを佐倉綾音が務めることが発表された。 集英社『少年ジャンプ+』にて2019年3月より連載がはじまり、数々のマンガ賞を受賞、最新コミックス10巻までのシリーズ累計発行部数が2,700万部を突破している人気マンガ『SPY×FAMILY』(遠藤達哉・著)。 フィオナ・フロストは西国(WI)情報局(SE)に所属する諜報員(エージェント)で、暗号名(コードネーム)は夜帳。感情を一切表に出<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13710/">…

    #SPY×FAMILY#佐倉綾音

  • 予告映像&キービジュアルが解禁 大ヒット映画がドラマ化『ナショナル・トレジャー 一族の謎』12月14日より配信決定

    2022.11.24 15:00

    2004年に日本でも大ヒットした映画『ナショナル・トレジャー』をベースにした最新オリジナルドラマシリーズ『ナショナル・トレジャー 一族の謎』(全10話/初回1、2話配信)がDisney+にて12月14日(水)より独占配信されることが決定。併せて予告編映像とキービジュアルが公開された。 日本でも興収20億を超えるほどの大ヒットを記録した、天才歴史学者にして冒険家のベン・ゲイツがゲイツ家に代々語り継がれてきた<秘宝>の謎を追うアクション・アドベンチャー映画『ナショナル・トレジャー』。その新たな物語の主人公となるのは、難解な謎解きが得意なインテリ女子のジェス。ある日、ジェスは見知らぬおじいさんからお<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13978/">…

    #ジェリー・ブラッカイマー#ジョン・タートルトーブ#ナショナル・トレジャー

  • 会場を呑み込むノイズの波とダンサーたちの“狂演” 『世にも奇妙な物語』音楽手がける蓜島邦明がバレエとコラボ、『MISSING LINK』3月上演

    2022.12.01 10:00

    スターダンサーズ・バレエ団公演『MISSING LINK』が、東京芸術劇場プレイハウスにて2023年3月2日(木)・3日(金)に上演されることが決定。本日12月1日(木)よりチケットの一般発売が開始した。 本作は、スターダンサーズ・バレエ団常任振付家として、大ヒットゲームの世界をバレエ化した前代未聞の演目『バレエ「ドラゴンクエスト」全2幕』をはじめ幅広い作品の演出振付を手掛ける鈴木稔と、映画『スプリガン』やTVドラマ『NIGHTHEAD』『世にも奇妙な物語』など数々の楽曲制作で知られる奇才・蓜島邦明のコラボレーションによる衝撃作品。 今回の公演は、張りつめた空気のなかに徐々にボルテージが上がっ<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14426/">…

    #MISSING LINK#蓜島邦明#鈴木稔

  • 7インチ・メモリアル・ボックスで限定発売 BOØWY35年前の“解散宣言“ライブ、「ONLY YOU」も復旧した完全版で初CD化

    2022.11.14 17:00

    BOØWYが1987年12月24日に渋谷公会堂(現LINE CUBE SHIBUYA)で開催したライブの模様を収録した2枚組CD『Memories of 1224』が、12月24日(土)にリリースされることが決定した。 1982年3月21日のデビュー・アルバム『MORAL』発売から40年目にあたる今年。BOØWYのデビュー40周年を記念し、1987年9月16日に宇都宮からスタートした全国ツアー「ROCK’N ROLL REVIEW DR.FEELMAN’S PSYCOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR」最終日であり、突然の解散宣言を行った公演の模様<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13207/">…

    #BOØWY

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube