Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

2枚のポップ・パンクアルバムで全米1位を獲得

マシン・ガン・ケリーがラップを辞めたり、ジャンルを変更したつもりはないと語る

2022.11.02 14:00

By WHTWRKS INC - Vimeo: 604858629, CC BY 3.0,

2022.11.02 14:00

全ての画像・動画を見る(全1点)

アルバム『Tickets To My Downfall』と『Mainstream Sellout』で全米1位を獲得したマシン・ガン・ケリー。ラッパーとして音楽キャリアをスタートさせ、前述2作品でポップ・パンクのスタイルで成功を収めた彼であるが、ラッパーを辞めたつもりはないようだ。

The Hollywood Reporterのインタビューに登場したマシン・ガン・ケリーは、ラッパーを辞めたり、ジャンルを完全に変更したつもりはないと明かしている。

「俺はめちゃくちゃ才能があるし、素晴らしいラップアルバムを4枚リリースしている。そのカタログに追加しただけで、ラップを去ったり、ジャンルを変えたわけではない。ロックアルバムをリリースした同じ年に、ラップのロックダウンセッション映像が、YouTubeで最も再生された動画のひとつになった。ラップの動画は自分なかでも最も再生されているし、何千万再生もされている」

ラップを辞め、ジャンルを変更したわけではなく、自身のアルバムカタログに追加しただけだとコメントしたマシン・ガン・ケリー。また、彼はメディアが自分の功績を過小評価しているとも語っている。

「自粛期間に新しいエンターテイメントがなかったとき、俺が携帯を持ってリリックをたくさん書いて、毎週ラップをしまくったことをみんな都合よく忘れる。みんなそれを見て、“こいつ良いこと言ってる”と思っていた。でもその後、ポップ・パンクアルバムで全米1位を取った。だからラップを“去った”とか、ジャンルを変更したとか言うやつはアホなんじゃないかと思う」

また、彼はインタビューやメディアから過小評価されることに疲れたとも発言しており、自分が亡くなったら「伝説」として扱われるだろうともコメントしている。

マシン・ガン・ケリー

アーティスト情報

オハイオ州クリーブランド出身のMGKことマシン・ガン・ケリー(本名:コルソン・ベイカー)は2006年16歳の時に初のミックステープをリリース。その後4枚のミックステープを発表し2011年に名門Bad Boy/インタースコープと契約。翌2012年にはBad Boyの総帥、ショーン・“パフィ”・コムズをエグゼクティブ・プロデューサーに迎えリル・ジョン、DMX、トゥイスタ、バン・Bら大御所ゲストが参加した1stアルバム『Lace Up』をリリース。「Wild Boy」「Invincible」「Stereo」「Hold On (Shut Up)」などのシングルを収録した本作は全米R&B/Hip-Hopアルバム・チャート初登場2位、総合でも4位を記録。2015年、シングル「Till I Die」と「A Little More」に続いて2ndアルバム『General Admission』を発表。R&Bやロックの要素も内包した前作よりダークなテイストの本作は全米R&B/Hip-Hopアルバム・チャート初登場1位(総合4位)となる。2016年10月、カミラ・カベロをフィーチャーしたシングル「Bad Things」(プロデュースはザ・フューチャリスティックス)をリリースすると、翌年2月に全米シングル・チャート最高4位という自身最大のヒットとなり、Billboard Music AwardsではTop Rap Collaborationにノミネート。5月にはこの曲を収録した3rdアルバム『Bloom』をリリースし全米アルバム・チャート8位を記録。2018年にはエミネムやG・イージーらとビーフを繰り広げるなど超攻撃的なMCとしての一面も持つ。また、キリっとしたシャープなルックスを活かしてモデルとしての活動に加え、2014年の映画『Beyond The Lights』を皮切りに、最近でもNetflixで放送されたモトリー・クルーの伝記映画『ザ・ダート: モトリー・クルー自伝』でトミー・リー役を演じ、俳優としても活躍するマルチな才能を開花させている。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/machine-gun-kelly/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • JR東日本全面協力で実現した藤井道人監督こだわりのシーン 道枝駿佑のカウントダウンで広がる銀世界 映画『青春18×2 君へと続く道』本編映像解禁

    2024.05.01 12:00

    5月3日(金)に公開される日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』本編よりシュー・グァンハンと道枝駿佑の出演シーンが解禁された。 台湾で話題を呼んだジミー・ライの紀行エッセイ『青春18×2 日本慢車流浪記』を原作に、『余命10年』『新聞記者』などの藤井道人が脚本・監督を務める本作。台湾の人気俳優シュー・グァンハンと清原果耶がダブル主演を務め、〈日本×台湾〉〈18年前×現在〉を舞台としたラブストーリーを紡ぐ。 3月14日に世界最速で公開した台湾では、公開1ヵ月で観客動員30万人、興行収入7,000万NTDを突破し、今年台湾で公開された台湾映画(合作含む)ではナンバー1ヒットを記録。香港、マカオ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44025/">…

    #シュー・グァンハン#道枝駿佑#青春18x2

  • オタズネモノ by 庄村聡泰 Shiggy Jr.の満場一致「やっぱりバンドが好き」

    #7 2024.05.22 18:00

    どうも読者の皆々様方「オタズネモノ」こと庄村聡泰にございます。不定期にも程がある当シリーズの第7回目にお越し下さいましたのは先頃“再集結”というアナウンスで活動再開を発表してくれたShiggy Jr.の4名。お越し下さいましたと言うよりはこちらが皆様のリハ現場にお邪魔する形でしたので押し掛けさせて頂いたと言う方が正しいのですが(どうでもいい文章)。 実はドラムの諸石君は旧知の仲でして、バンド屈指のブッ飛ばし曲「お手上げサイキクス」が大好きで間奏のドラムソロに激しく憧れていました。そんな話も久し振りにしつつ、色々様々を経てこうして再集結した4人の現在地や新作『LIFE GOES ON』のお話など<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44639/">…

    #Shiggy Jr.#インタビュー#オタズネモノ#庄村聡泰

  • 全長25メートルのセットでシルエットダンスを披露 Kep1erが日本1stアルバムタイトル曲を先行配信、“直線と疾走”を表現したMVも公開スタート

    2024.04.24 00:00

    ガールズグループKep1erが、5月8日(水)にリリースする日本1stアルバム『Kep1going』のタイトル曲「Straight Line」を先行配信リリースし、MUSIC VIDEOをオフィシャルYouTubeにて公開した。 「Straight Line」は70年代から2000年までのFunk、Disco、R&B、Hip Hopなど様々なジャンルが混ざったMix Pop。メンバーのマシロが作詞で初参加しており、どんな逆境があっても夢に向かって躊躇せずまっすぐに進んでいきたいというKep1erの気持ちが表現されている。 MVでは楽曲コンセプトである「直線と疾走」というダイナミックで繊細なバッ<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43734/">…

    #Kep1er

  • メンバー1人1人が異彩を放つ野心に満ちた映像に IS:SUEがディストピアで“再生”、NEW HEROの誕生を表現した「CONNECT」MV公開

    2024.05.17 19:00

    ガールズグループIS:SUE(読み:イッシュ)が1stシングルのリード曲「CONNECT」を本日先行配信し、19時にMVを公開した。 6月19日(水)にシングル『1st IS:SUE』でユニバーサルミュージックよりメジャーデビューするIS:SUEは、株式会社LAPONE GIRLSに所属するRIN(会⽥凛)、NANO(釼持菜乃)、YUUKI(⽥中優希)、RINO(坂⼝梨乃)の4人から成るガールズグループ。 彼女たちの初リリース楽曲となる「CONNECT」は、MAMAMOOの作品を数多く手がけてきたパク・ウサン(Park Woo Sang/박우상)がサウンドプロデュースを担当。IS:SUEの「今<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44583/">…

    #IS:SUE

  • 作詞も担当したJAYは「特別な思い出」とコメント GLAYがENHYPEN・JAYと新曲「whodunit」でコラボ、5月29日リリースのシングルに収録

    2024.04.24 20:00

    GLAYが、新曲「whodunit」(ヨミ:フーダニット)でグローバルグループ・ENHYPENのメンバーであるJAYとコラボレーションすることが発表された。 同曲は5月29日(水)にリリースされるGLAYのデビュー30周年を記念した62ndシングル『whodunit/シェア』収録曲。楽曲のボーカルレコーディングはTERU、TAKUROが韓国にてJAYと共に実施しており、JAYの歌唱パートはTAKUROたっての希望でJAY自身が作詞を担当している。 ENHYPENは、2023年9月にK-POPボーイグループ史上デビューから最速で単独東京ドーム公演を実現し、最新アルバムが初のダブルミリオンセラーを<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43756/">…

    #ENHYPEN#GLAY

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube