Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

みゆな、中川駿監督からのメッセージも到着

河合優実の初主演作『少女は卒業しない』主題歌をみゆなが書き下ろし 場面写真も公開

2022.10.20 17:00

© 朝井リョウ/集英社・2023 映画「少女は卒業しない」製作委員会

2022.10.20 17:00

全ての画像・動画を見る(全8点)

2023年2月23日(木・祝)より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国公開される映画『少女は卒業しない』の主題歌が20歳のシンガー・みゆなによる書き下ろし楽曲に決定。併せて、場面写真も公開された。

本作は、廃校が決まり校舎の取り壊しを目前に控えた、とある地方高校が舞台。世界のすべてだった “学校”と“恋”にさよならを告げる4人の少女たちの、卒業式までの2日間を描いている。

原作は『桐島、部活やめるってよ』や『何者』など、映像化作品も数多の直木賞作家・朝井リョウが2012年に発表した連作短編小説 『少女は卒業しない』。10年の時を経て映画化される本作の監督・脚本を手掛けたのは、短編映画『カランコエの花』が国内映画祭で 13冠を受賞し話題を呼んだ中川駿。

彼氏へのある“想い”を抱えながら卒業生代表の答辞を担当する料理部部長の主人公・山城まなみを演じるのは、本作が初主演となる河合優実。将来の夢のために進路の違いで彼氏と離れることを選んだバスケ部の部長・後藤由貴役には、小野莉奈。軽音部の部長で同じ部内の中学校からの同級生に恋心を抱く神田杏子役は、小宮山莉渚。クラスに馴染めず図書室に通いながら先生に密かな想いを寄せる作田詩織役を中井友望が演じる。

本作の主題歌を担当するのは、17歳で異例の「FUJI ROCK FESTIVAL‘19」に出演し、YouTubeによる「Artists to Watch 2019〜注目の新人〜」に選出されるなど、次世代ミュージシャンとして注目される20歳のシンガー・みゆな。学校に行けなかった10代で生まれた葛藤、未来への不安と期待、大人や世の中に対する感情から様々な楽曲を生み出してきた彼女が、20歳になったいま「私の人生に刻まれた映画」と称するほど本作に感銘を受け、楽曲「夢でも」を書き下ろした。

「夢でも」は、優しくも力強い歌声と、ミドルテンポでアコースティックなサウンドが特徴的なナンバーで、繊細ながらもどこか前向きな力強さを感じる楽曲となっている。みゆなは、「好きな人には忘れられたくないものです。恋の歌でもありますし 友の歌でもあります。皆様の人生に触れた誰かを思い出して聴いてほしいです」とコメント。中川監督からは「別れの切なさを表現するだけでなく、別れの先の未来への希望をも感じられる、とても素敵な楽曲」と評し、「『夢でも』が入ることで名実ともに作品が完成したと思っています」と述べた。

合わせて卒業式までの2日間を切り取った場面写真も到着。調理室でデザートを選ぶまなみと駿、卒業間近に気まずい空気が流れる後藤と寺田、桜の木の下で自撮りする神田と森崎、図書室で手に持った本を見つめ先生と対峙する作田、と少女たちのそれぞれの恋模様が垣間見える。また、答辞を読もうとするまなみやバスケットボールを持ちシュートを打とうとする後藤、軽音部の部室で驚きの表情をみせる神田、廊下で本を抱え今にも泣きそうな表情で佇む作田、と恋だけではない卒業式までの2日間に起こるストーリー展開が気になる写真も公開となった。

また10月24日(月)〜11月2日(水)で開催される第35回東京国際映画祭のアジアの未来部門に正式出品され、ワールドプレミアにて初のお披露目となる本作。中川監督から映画祭での上映に向けて「かつて卒業を経験された方にも、コロナ禍により“本来あるはずだった卒業”を迎えられなかった方にも、きっと特別な感情を与え得る作品になっていると思います。ぜひご覧ください」とメッセージも届いた。

みゆな、そして中川監督から到着したコメントの全文は以下の通り。

みゆな(主題歌)コメント
『少女は卒業しない』
初めて拝見してから何ヶ月が経ったか。
今でもはっきりと映像を思い出せてしまうくらい私の人生に刻まれた映画です。
儚くて、繊細で、でも力強さもあって。
奇跡のような作品に携われたこと、有難く思います。
感情移入のしすぎで冷静に歌えず、レコーディングはとても苦戦しました。
初めての体験で自分の楽曲ではありますが嬉しくなりました。
好きな人には忘れられたくないものです。
恋の歌でもありますし
友の歌でもあります。
皆様の人生に触れた誰かを思い出して聴いてほしいです。
本当に素晴らしい映画です。
是非映画と共に楽曲も宜しくお願い致します。

中川駿(監督・脚本)コメント
別れの切なさを表現するだけでなく、別れの先の未来への希望をも感じられる、とても素敵な楽曲だと思います。主題歌が入る前までは、作品の後味が「別れの切なさ」の方に寄ってしまっていたように思います。監督としてそれは本意ではなく、前向きな印象で終わりたかった。「夢でも」が入ることで名実ともに作品が完成したと思っています。

全ての画像・動画を見る(全8点)

作品情報

少女は卒業しない

©︎ 朝井リョウ/集英社・2023 映画「少女は卒業しない」製作委員会

©︎ 朝井リョウ/集英社・2023 映画「少女は卒業しない」製作委員会

少女は卒業しない

2023年2月23日(木・祝)より新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほか全国公開
配給:クロックワークス

公式サイトはこちら

キャスト&スタッフ

出演:河合優実、小野莉奈、小宮山莉渚、中井友望

監督・脚本:中川駿
原作:朝井リョウ『少女は卒業しない』(集英社文庫刊)
製作プロダクション:ダブ
製作:映画「少女は卒業しない」製作委員会(クロックワークス、U-NEXT、ダブ)

女優。2000年12月19日生まれ、東京都出身。鈍牛倶楽部所属。
21年出演の『サマーフィルムにのって』、『由宇子の天秤』での演技が高く評価され、「第43回ヨコハマ映画祭」最優秀新人賞や「第64回ブルーリボン賞」新人賞など、数々の新人賞を受賞。主な出演作に、『ちょっと思い出しただけ』、『愛なのに』、『女子高生に殺されたい』、『冬薔薇』、『PLAN 75』、『百花』、『線は、僕を描く』、『ある男』、『ひとりぼっちじゃない』などがある。23年、映画『少女は卒業しない』で映画初主演、NHK-BSP『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』で連続ドラマ初主演をつとめた。24年、TBS『不適切にもほどがある!』に出演。6月には主演映画『あんのこと』と劇場アニメ『ルックバック』が公開される。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube