Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ジョン・レノン「Woman」流れるミュージックトレイラー

映画『月の満ち欠け』より大泉洋、有村架純、目黒蓮、柴咲コウの特別な瞬間を散りばめた新映像

2022.10.10 11:00

©2022「月の満ち欠け」製作委員会

2022.10.10 11:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

12月2日(金)に全国公開予定の映画『月の満ち欠け』より、劇中曲のジョン・レノン「Woman」を使用したミュージックトレイラー映像が公開された。

本作は、2017年に第157回直木賞を受賞し累計発行部数56万部を超える佐藤正午によるベストセラー小説『月の満ち欠け』(岩波書店刊)を実写映画化。現代を生きる愛する妻子を亡くした男性・小山内と、27年前にある女性と許されざる恋をした男性・三角。無関係だった彼らの人生が”瑠璃”という名の女性の存在で交錯する「愛する人にもう一度めぐり逢いたい」という想いが起こした”奇跡”が紡ぐ数奇で壮大なラブストーリーとなっている。

主人公・小山内堅には大泉洋。小山内の娘と同じ名前を持つ謎の女性・正木瑠璃には有村架純。正木瑠璃と許されざる恋に落ちる大学生・三角哲彦には単独での映画出演は初となるSnow Manの目黒蓮。小山内の妻・小山内梢には柴咲コウ。そして、正木瑠璃の夫・正木⻯之介には田中圭、小山内にある事実を伝える娘の親友・緑坂ゆいには伊藤沙莉と、豪華キャストが集結した。

監督は『余命1ヶ月の花嫁』(2009年)、『ストロボ・エッジ』(2015年)他、リアルな人間描写と圧倒的な映像美に定評のある廣木隆一、脚本には『映画 ビリギャル』(2015年)、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018年)他、コメディから感動作まで幅広いジャンルを手がける実力派・橋本裕志が参加。本作の劇中曲としてジョン・レノンの「Woman」が使用されている。

今作でジョン・レノンの楽曲が使用された理由には、プロデューサーの1人が劇中の三角と同じく1980年に大学生で、ジョンの暗殺当日にラジオで1日中ジョンの曲が流れていたことが関係しているという。そのリアルな記憶とアイデアを基に、ジョンの普遍的なラブソングでもある「Woman」を通じて同時代を象徴的に想起してもらえるのではないかと考え、原作では1982年だった設定を脚本作りの段階であえて1980年に前倒し、小山内夫妻の結婚と正木瑠璃と三角の出会いをよりドラマチックなものとして描き出している。

そしてこのたび公開された予告編は、何者かがポータブルカセットプレーヤーの再生ボタンを押すところから始まる。すると音楽が流れだし、主人公・小山内堅をはじめとする登場人物たちの笑顔や物憂げな表情など印象的なシーンが次々と映し出されていく。小山内夫婦の結婚式や出産、瑠璃と哲彦カップルの運命的な出会いなど、数々の特別な瞬間が散りばめられたドラマチックな映像となっている。

なお、同トレイラーは10月14日(金)から松竹マルチプレックスシアターズが運営する映画館の幕間で上映される。併せて、大泉洋と柴咲コウが演じる小山内夫婦の特別ビジュアルも解禁されている。

映画『月の満ち欠け』John Lennon「Woman」music trailer

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

月の満ち欠け

©2022「月の満ち欠け」製作委員会

©2022「月の満ち欠け」製作委員会

月の満ち欠け

2022年12月2日(金)より全国公開
原 作:佐藤正午『月の満ち欠け』(岩波書店刊)
配給:松竹株式会社

公式サイトはこちら

キャスト&スタッフ

原作:佐藤正午『月の満ち欠け』(岩波書店刊)
主演:大泉洋
出演:有村架純 目黒蓮(Snow Man) 伊藤沙莉 / 田中圭 柴咲コウ
菊池日菜子 小山紗愛 阿部久令亜 尾杉麻友 ・ 寛一郎 波岡一喜 安藤玉恵 丘みつ子
監督:廣木隆一
脚本:橋本裕志
音楽:FUKUSHIGE MARI
劇中曲:John Lennon「Woman」(ユニバーサル ミュージック)
製作:『月の満ち欠け』製作委員会
公式Twitter:@eiga_tsukimichi
公式Instagram:@eiga_tsukimichi

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube