Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

記者が目撃したポールの“あるまじき行為”とは

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ポールの素顔に迫る場面写真公開

2022.09.27 16:00

© B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

2022.09.27 16:00

全ての画像・動画を見る(全3点)

劇場公開中のドキュメンタリー映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』から場面写真が公開された。

1968年、全世界で最も有名なグループ、ザ・ビートルズはガンジス川のほとりにいた。自分たちは何者で、どこに向かえば良いのか。人生の豊かさとは何かを求めるジョージの発案で、4人は超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと出会い、インド北部のリシケシュにある、ガンジス川を臨む丘の上のアシュラム(僧院)に招待される。この時、心の声の導きでこの地を訪れていたひとりの青年がいた。現在、映像制作者として活躍するポール・サルツマン監督だ。本作は、ザ・ビートルズと運命的に出会い、共に過ごした奇跡の8日間を描くドキュメンタリーとなっている。

1968年、サタデー・イブニング・ポスト誌の編集者に「次はどこへ行きたいか」と問われたジャーナリストのルイス・ラファムは、ベトナムと答えたという。その申し出に編集者は「違うね。行くならリシケシュだ。行ってビートルズを取材するか。彼らが何をしているか探ってくれ」と指示をした。「あの頃のビートルズは、恐らく、世界中の誰よりも有名だったろう。誰もが虜だった。音楽だけでなく、人柄にも夢中だったんだ」と、人気絶頂の真っ只中にいたザ・ビートルズに会うためにインドへと向かった。インド訪問のきっかけを作ったジョージは瞑想とシタールの練習に夢中、ジョンは開放感の中で創作を楽しんでいた。カメラを片手に動画を撮影していたリンゴだが、“虫が苦手”だから僅か8日間でインドを離れた。

メンバーがそれぞれの時間を過ごす中で、最も話す機会が多かったのはポール・マッカートニーだった。ポールの印象について、「ユーモアがあって好きだった。それに煙草も吸っていた。アシュラムではあるまじき行為だったがね」と、聖なる地でも自分のペースで時を過ごしていたという。そして、「実に思い出深いのは、彼とバンガローの屋根からガンジス川に見入ったことだ」と、アシュラムからみた悠久なる川の流れは今も心に焼き付いているという。

この度公開されたのは、インド滞在中のポールが見せた素顔に迫る場面写真。白衣に身を包んだポールが歓迎のレイをかけられている姿、ギターを弾きながらカメラ目線を送るポール、そしてティーカップを手にしたインドでのお食事タイムの1コマとなっている。


全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』 

© B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

© B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』 

9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺、新宿バルト9ほか全国順次公開
2020年/カナダ/英語/79分/カラー/1.78:1/5.1ch
原題:Meeting The Beatles in India 
配給:ミモザフィルムズ 

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督・脚本・製作:ポール・サルツマン
ナレーション:モーガン・フリーマン
製作総指揮:デヴィッド・リンチ
出演:デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、デヴィアニ・サルツマン
字幕:大西公子
字幕監修:藤本国彦

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 大阪を象徴する名所が映し出される1分間のオープニング キャスト全員のネイティブな大阪弁が飛び交う『ナニワ金融道』冒頭映像公開

    2022.11.26 12:00

    11月25日(金)から全3話3週連続公開される『ナニワ金融道』からオープニング映像が公開された。 1990年から1997年まで「モーニング」(講談社)で連載され、1992年講談社漫画賞、1998年手塚治虫文化賞マンガ優秀賞受賞の大阪を舞台に金融のダークサイドを描くマンガの金字塔として、今なお熱烈なファンがいる「ナニワ金融道」。主演を高杉真宙が務め、共演に加藤雅也、赤井英和、宇崎竜童らが出演。全3話からなる本作は、11月25日(金)に第一話 『ナニワ金融道〜灰原、帝国金融の門を叩く!〜』が、12月2日(金)に第二話『ナニワ金融道〜銭と泪と権利と女〜』が、12月9日(金)が第三話『ナニワ金融道〜大<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14201/">…

    #ナニワ金融道#桜まゆみ#赤井英和#阿部亮平#高杉真宙

  • 「1分でわかるブラッククローバー」映像も公開 映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』オリジナルキャラクター役に飯豊まりえが決定

    2022.12.03 12:00

    2023年3月31日(金)より全国公開、同時にNetflixにて全世界配信される映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』のキャスト陣が追加発表され、新たな映画オリジナルキャラクター「ミリー」の声優を女優の飯豊まりえが担当することが決定した。 『ブラッククローバー』は週刊少年ジャンプ(集英社)にて絶賛連載中でシリーズ累計1,800万部を超える田畠裕基著の人気作品。魔法が全ての世界で、生まれながらに魔法が使えない少年アスタが、逆境を超え己の力を証明するため、そして友との誓いを守るため、魔道士の頂点「魔法帝」を目指す、白熱の王道魔法バトルアクション。制作は『BLEACH 千年血戦篇』『NARUTO -<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14684/">…

    #ブラッククローバー 魔法帝の剣#田畠裕基#飯豊まりえ

  • 子供たちに「手を挙げるだけで稼げる」と言われ傷つく デヴィッド・ゲッタ、DJが「簡単な仕事」だと思われていることに物申す

    2022.12.02 18:15

    “人類史上最強DJ“と呼ばれるフランス出身の人気DJ、デヴィッド・ゲッタ。17歳にDJキャリアをスタートして以来、数々のクラブやフェスでミックスをしてきた彼であるが、DJが「簡単な仕事」だと思われていることに不満を感じているようだ。 Daily Star誌に出演したデヴィッド・ゲッタは、自分の子供たちもDJという職業の難しさをわかっていないと明かす。 「私の子供たちは、何かを買ってほしいときに冗談で、“お父さんいいじゃん、買ってよ。5分間手を挙げてれば、これ買えるぐらいのお金もらえるじゃん”って言うんだ。そういう傷つくようなことを言うんだ。私がお金を稼ぐためにやってることを知らずに。人々は、“<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14631/">…

    #デヴィッド・ゲッタ

  • 会場は東京ガーデンシアター&ZEPP OSAKA BAYSIDE アークティック・モンキーズが9年ぶりの来日公演を発表

    2022.12.09 18:40

    UKの最高峰ロックバンドとも称されるアークティック・モンキーズが、9年ぶりとなる来日公演の開催を発表した。 10月21日にリリースした7枚目のスタジオ・アルバム『The Car』がグラミー賞にノミネートされたほか、オリコンデイリーチャートで洋楽1位、amazonのロックチャート1位、iTunesでは洋楽とオルタナティブで1位、Apple Musicでは洋楽とオルタナティブで2位、タワーレコードではロック/ポップスチャートの2位を記録したアークティック・モンキーズ。 本作をひっさげ、3月12日(日)に東京ガーデンシアターにて、3月15日(水)にZEPP OSAKA BAYSIDEにて来日公演を開<a href="https://bezzy.jp/2022/12/15019/">…

    #アークティック・モンキーズ

  • 限定盤には舞台裏に密着した特典映像を収録 櫻坂46、渡邉理佐卒業コンサート映像作品のアートワーク&収録内容公開

    2022.11.14 10:00

    櫻坂46が、12月7日(水)に発売する映像作品『櫻坂46 RISA WATANABE GRADUATION CONCERT』のジャケットアートワークと収録内容が公開した。 2015年8月に欅坂46の1期生としてグループに加入して以降、現在の櫻坂46に至るまで約7年にわたり最前線で活躍してきた渡邉理佐。今作は2022年5月21日・22日に国立代々木競技場 第一体育館にて開催された彼女の卒業コンサートのうち、卒業セレモニーを開催した2日目の公演を完全収録。ジャケットのメイン写真は、本編最後に櫻坂46メンバー全員で披露となった「僕のジレンマ」の印象的なシーンで、渡邉理佐が醸し出すエレガントな雰囲気が<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13197/">…

    #櫻坂46#渡邉理佐

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube