Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

ライブ活動を再開した心境も明かす

オジー・オズボーン、NFL開幕戦のライヴ映像を公開 初の公式LINEスタンプも発売

2022.09.14 19:30

オジー・オズボーン(Photo: Ross Halfin )

2022.09.14 19:30

全ての画像・動画を見る(全5点)

9月9日(金)にニュー・アルバム『ペイシェント・ナンバー9』を発売したオジー・オズボーンが、その前日の9月8日にNFLのラムズ対ビルズのハーフタイムショーに出演した。伝説的なロックスターにとって3年ぶりとなるアメリカでのライブであったが、放送局NBCが10秒しかパフォーマンスをオンエアしなかったことにより、SNSでは多くのファンが不満の意を表していた。

ファンの不満を受け、オジー・オズボーンはハーフタイムショーの全編をYouTubeにて公開しており、ニュー・アルバム『Patient Number 9』からのタイトルトラックと、人気曲「Crazy Train」を披露している。バックバンドには、『Patient Number 9』と『Ordinary Man』のプロデュースも務めたAndrew Watts、ジェーンズ・アディクションのベーシストであるChris Chaney、そして長年オジー・オズボーンのドラマーを務めるTommy Clufetosが参加している。また、「Crazy Train」では、1987年からオジー・オズボーンのギタリストを務めた人気ギタリスト、ザック・ワイルドもゲスト出演した。

現在73歳のオジー・オズボーンであるが、2020年の1月にはパーキンソン病と診断され、6月には手術を受けていた。彼はRolling Stones誌にて、「自分が半分引退したと思い込んでいた。3年間、もうステージには立てないと思っていた。自分のライブキャリアがもう終わったと、自分で決めつけていた」と、ライブ活動を再開した心境を明かしている。

また、オジー・オズボーン初となる公式LINEスタンプが全世界対象で発売された。オジーのユニークなキャラクターが漫画チックなイラストに落とし込まれており、数多くのポーズを制作した中から、「OH YEAH!」「GREAT!」「BYE BYE」「SORRY」「OK!」など計24種類のスタンプが厳選された。 

オジー・オズボーン公式LINEスタンプの販売サイトはこちら

オジー・オズボーン公式LINEスタンプ告知画像

全ての画像・動画を見る(全5点)


作品情報

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)初回限定盤

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9) 通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9) 通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)初回限定盤

9月9日(金)世界同時発売
SICP 31579 ¥2,750(税込)
・トッド・マクファーレン・イラスト・ジャケット仕様
・大型ソフトパック仕様
・両面プリント・ポスター封入
・高品質Blu-spec CD2仕様
・解説・歌詞・対訳付

特設サイト

収録内容

1. ペイシェント・ナンバー9(feat. ジェフ・ベック)/ Patient Number 9 (ft. Jeff Beck)
2. イモータル(feat. マイク・マクレディ)/ Immortal (ft. Mike McCready)
3. パラサイト(feat. ザック・ワイルド)/ Parasite (ft. Zakk Wylde)
4. ノー・エスケイプ・フロム・ナウ(feat. トニー・アイオミ)/ No Escape From Now (ft. Tony Iommi)
5. ワン・オブ・ゾウズ・デイズ(feat. エリック・クラプトン)/ One Of Those Days (ft. Eric Clapton)
6. ア・サウザンド・シェイズ (feat. ジェフ・ベック) / A Thousand Shades (ft. Jeff Beck)
7. ミスター・ダークネス(feat. ザック・ワイルド)/ Mr. Darkness (ft. Zakk Wylde)
8. ナッシング・フィールズ・ライト(feat. ザック・ワイルド)/ Nothing Feels Right (Zakk Wylde)
9. イーヴル・シャッフル(feat. ザック・ワイルド)/ Evil Shuffle (ft. Zakk Wylde)
10. デグレデイション・ルールズ(feat. トニー・アイオミ)/ Degradation Rules (ft. Tony Iommi)
11. デッド・アンド・ゴーン / Dead And Gone
12. ゴッド・オンリー・ノウズ / God Only Knows
13. ダークサイド・ブルース / Darkside Blues

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤ジャケット

『ペイシェント・ナンバー9』(Patient Number 9)通常盤

9月9日(金)世界同時発売
SICP 31569/¥2,750(税込)
・ジュエル・ケース仕様
・高品質Blu-spec CD2仕様 
・解説・歌詞・対訳付

特設サイト

収録内容

1. ペイシェント・ナンバー9(feat. ジェフ・ベック)/ Patient Number 9 (ft. Jeff Beck)
2. イモータル(feat. マイク・マクレディ)/ Immortal (ft. Mike McCready)
3. パラサイト(feat. ザック・ワイルド)/ Parasite (ft. Zakk Wylde)
4. ノー・エスケイプ・フロム・ナウ(feat. トニー・アイオミ)/ No Escape From Now (ft. Tony Iommi)
5. ワン・オブ・ゾウズ・デイズ(feat. エリック・クラプトン)/ One Of Those Days (ft. Eric Clapton)
6. ア・サウザンド・シェイズ (feat. ジェフ・ベック) / A Thousand Shades (ft. Jeff Beck)
7. ミスター・ダークネス(feat. ザック・ワイルド)/ Mr. Darkness (ft. Zakk Wylde)
8. ナッシング・フィールズ・ライト(feat. ザック・ワイルド)/ Nothing Feels Right (Zakk Wylde)
9. イーヴル・シャッフル(feat. ザック・ワイルド)/ Evil Shuffle (ft. Zakk Wylde)
10. デグレデイション・ルールズ(feat. トニー・アイオミ)/ Degradation Rules (ft. Tony Iommi)
11. デッド・アンド・ゴーン / Dead And Gone
12. ゴッド・オンリー・ノウズ / God Only Knows
13. ダークサイド・ブルース / Darkside Blues

オジー・オズボーン

アーティスト情報

英国バーミンガム出身。1970年ブラック・サバスのヴォーカルとしてアルバム『黒い安息日』でデビュー。瞬く間に人気を獲得し2ndアルバム『パラノイド』で早くも全英1位を獲得するなど、ヘヴィ・メタルの始祖的バンドのフロントマンとしてシーンの第一線で活躍するも’78年暮れにブラック・サバスを脱退。1980年(日本は’81年)の1stアルバム『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』、翌年の2ndアルバム『ダイアリー・オブ・ア・マッドマン』でソロとしても早々に成功を収め、“ヘヴィ・メタルの帝王”としての地位を不動のものとする。鳩やコウモリを食いちぎるなどロック史に残る奇行の数々とは裏腹に、楽曲はメロディックかつキャッチーでソングライターとしても高く評価されている。ランディ・ローズ、ザック・ワイルド、ジェイク・E・リー、ガス・Gなど、名ギタリストをこれまで多数輩出してきたことでも有名である。これまでブラック・サバスで9枚、ソロとして11枚のオリジナル・アルバムを発表している。

(引用)https://www.sonymusic.co.jp/artist/OzzyOsbourne/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube