Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

相手役を務めるのは『新・信⻑公記』の萩原利久

久保史緒里が幽霊役で主演『左様なら今晩は』予告編&ビジュアル公開

2022.09.14 18:00

©2022 山本中学・少年画報社/「左様なら今晩は」製作委員会

2022.09.14 18:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

11月11日(金)より渋谷シネクイントほかにて全国ロードショーされる、乃木坂46の久保史緒里の映画初出演&初主演作品『左様なら今晩は』から予告編とポスタービジュアルが公開された。さらに、追加キャストとして小野莉奈、永瀬莉子、中島ひろ子、宇野祥平らの出演が発表された。

『サブスク彼女』など、若者を中心に共感を集める人気作を世に生み出している漫画家・山本中学が2019年にヤングキング17号(少年画報社)にて連載をスタートした『左様なら今晩は』。ごく普通のサラリーマン・半澤陽平と、陽平の部屋に突如姿を現した幽霊・アイスケとの奇妙な共同生活を描き、歪な二人のハートフルでちょっぴり切ないラブストーリーが話題を呼び、翌年2020年には単行本も発行、今年1月に実写映画化が発表された。

本作の監督・脚本を務めるのは、高橋名月。高校在学中に執筆した『正しいバスの見分けかた』で、第14回「伊参スタジオ映画祭 シナリオ大賞」短編の部のグランプリを、映画祭史上最年少の18歳で受賞した新進気鋭の若手監督である。

乃木坂46の3期生としてメンバー入りし、発売中の同グループ30枚目シングルの収録曲「僕が手を叩く方へ」ではセンターに大抜擢され、現在、主演舞台『桜文』が上演中。さらに『乃木坂46のオールナイトニッポン』のメインパーソナリティーを務めるなど、目覚ましい活躍ぶりに注目が集まる久保。そんな久保演じる愛助は、原作とは違うオリジナルのキャラクター設定で、“生きている間に恋愛を経験しなかったウブでピュアな幽霊”。

そんな愛助と共同生活を送ることになる平凡なサラリーマン・陽平を演じるのは、萩原利久。2021年放送の主演ドラマ『美しい彼』では、吃音症の男子高校生を演じ、体当たりな演技が中国でもトレンド入りするほど世界各国から大きな反響が寄せられ、第59回ギャラクシー賞マイベストTV賞グランプリを受賞。現在放送中のドラマ『新・信⻑公記〜クラスメイトは戦国武将〜』では明智光秀役で注目を浴びている。

この度公開された予告では、そんな愛助と陽平の奇妙な共同生活の一部がついに初公開。一人晩酌をする陽平(萩原利久)の部屋に不気味なノイズが鳴り響き、突然部屋の電気が消え真っ暗に。驚く陽平の叫び声とともに現れるのは、白いワンピースを身に纏った、愛らしい姿の幽霊(久保史緒里)だった。 愛助は、この部屋に昔住んでいた住人で、陽平の暮らす部屋にずっと居座っていたのだった。生きている間に恋愛を経験しなかったという、ウブでピュアな愛助。「うちも、一回くらいはキスとかしてみたいけ」、そんな愛らしさ満点の台詞は、本作のロケ地である広島県・尾道市の“備後弁”で、愛助は尾道の方言を話すキャラクター設定ということから、久保は全編を通して備後弁で演じている。

突然始まった幽霊との共同生活に動揺を隠せず戶惑う陽平の様子や、愛助が陽平の“喉仏を触る”といった不思議なやりとりにはコミカルさが表れている。しかし、人間と幽霊、交わらない世界に生きる二人の葛藤、ラストの愛助の台詞と陽平の涙のわけ、そして二人に待ち受ける運命とは。

そして予告と同時に公開されたポスタービジュアルは、愛助と陽平が暮らす部屋のベランダからの一コマ。大好きな誰かを想うような愛助と陽平それぞれの優しい表情はもちろん、背景の美しい尾道の街並みが相まって、美しくエモーショナルなビジュアルに仕上がっている。

さらに、本作で奇妙な関係性の二人を取り巻く追加キャストに、小野莉奈、永瀬莉子、中島ひろ子、宇野祥平らが出演することが発表された。陽平に想いを寄せる同僚の果南に小野、陽平が同棲していた元カノ・玲奈に永瀬、果南の叔母でスナックのママで霊媒師でもあるみさきに中島、陽平が住むアパートの不動産店主・奥田を宇野が演じる。

全ての画像・動画を見る(全7点)

作品情報

1999年2月28日生まれ。埼玉県出身。
主な出演作にドラマ「美しい彼」(MBS)、「月読くんの禁断お夜食」(テレビ朝日)、「真夏のシンデレラ」(フジテレビ)、「たとえあなたを忘れても」(ABC)、映画『劇場版 美しい彼〜eternal〜』(23)、『おとななじみ』(23)、『キングダム運命の炎』(23)、『ミステリと言う勿れ』(23)など。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 水面に広がるスカートで個々の個性も表現 櫻坂46、9thシングル『自業自得』新ビジュアル公開 センター山下瞳月が強い眼差しを向ける

    2024.06.03 10:50

    櫻坂46が、6月26日(水)に発売する9thシングル『自業自得』の新アーティストビジュアルを公開した。 昨夜放送されたレギュラー番組「そこ曲がったら、櫻坂?」(テレビ東京)の番組内CMにてティザー映像が公開され、発表が待ち望まれていた新ビジュアル。櫻坂46のメンバーが水面に佇む中、センターを務める三期生・山下瞳月が強い眼差しを向けており、水面に広がるスカートが個々の個性を彩っているように見える。 また、表題曲「自業自得」のMusic Videoが6月5日(水)22時にYouTubeでプレミア公開されることも決定。さらに、楽曲がMusic Video公開に先駆けて同日6月5日(水)0時から先行配<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45253/">…

    #山下瞳月#櫻坂46

  • 2名の“超サポートメンバー”迎えたツアー追加公演も発表 ExWHYZ「Sweet & Sour」MV公開、“繋がる”をテーマに風力発電所で撮影

    2024.06.13 21:15

    ExWHYZが、7月31日にリリースする新作EPのタイトルトラック「Sweet & Sour」のミュージックビデオをプレミア公開した。 本楽曲は気鋭のクリエイターKBSNK(カボスニッキ)が楽曲提供を行った、甘く切ないPOPチューン。ミュージックビデオはEMPiRE時代から彼女達の作品を数多く手掛ける映像作家・大喜多正毅が「繋がる」をテーマにディレクションを担当し、茨城県神栖市にある風力発電所・波崎ウィンドファームの壮大なロケーションで撮影された。 さらにプレミア公開の最後には、現在全国19都市20ヵ所にて開催中の全国ツアー「ExWHYZ TOUR 2024 ‘Futura Free’<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45846/">…

    #ExWHYZ

  • 物語に巻き込まれる早瀬憩、山時聡真、荒木飛羽らの姿も 「渋谷凪咲の新たな一面を引き出したい」清水崇こだわりの『あのコはだぁれ?』キャスト写真解禁

    2024.06.21 19:00

    7月19日(金)に全国公開される清水崇監督最新作『あのコはだぁれ?』から新たな場面写真10枚が解禁された。 『呪怨』シリーズを手掛け、ハリウッドリメイク版として世界中で公開された『THE JUON/呪怨』が日本人監督として初めて全米興行収入1位を獲得するなど、Jホラーを牽引し続けてきた清水崇監督。その最新作は、とある夏休みに補習授業を受ける男女5人の教室でいないはずの“あのコ”が怪奇を巻き起こす学園ホラー。映画初主演にして本格演技初挑戦となる渋谷凪咲が、夏休みの補習クラスを担当する臨時教師・君島ほのかを演じる。 今回解禁されたのは、清水監督がこだわりぬいたキャストたちの場面写真。清水監督が「新<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46274/">…

  • 会場は昨年最大動員数を記録したZOZOマリンスタジアム 櫻坂46「4th YEAR ANNIVERSARY LIVE」11月開催決定、特設サイトでは販売スケジュールも

    2024.06.16 21:35

    櫻坂46が、11月23日(土)と24日(日)に千葉県・ZOZOマリンスタジアムで4周年記念ライブ「4th YEAR ANNIVERSARY LIVE」を開催することを発表した。 6月15日(土)・16日(日)に2日間にわたり東京ドーム公演「4th ARENA TOUR 2024 新・櫻前線 -Go on back?- IN 東京ドーム」を開催した櫻坂46。その2日目公演にて4周年記念ライブの開催が発表され、合わせて特設サイトもオープンした。 なお、櫻坂46は昨年11月に3周年記念ライブ「3rd YEAR ANNIVERSARY LIVE」を4周年記念ライブと同会場のZOZOマリンスタジアムで開<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46014/">…

    #櫻坂46

  • プチョン国際ファンタスティック映画祭への正式出品も決定 押切蓮介×白石晃士『サユリ』8月23日公開、ムビチケ特典は描き下ろしポストカード

    2024.06.19 19:00

    押切蓮介の同名ホラー漫画を白石晃士監督が実写化した映画『サユリ』の公開日が8月23日(金)に決定した。 累計20万部を突破し、異能・押切蓮介のホラー表現到達点と呼ばれるホラー漫画『サユリ』は、とある家族が夢のマイホームへと引っ越した途端、次々と不可解な現象に襲われるというストーリー。原作者の押切にとって、自身の作品の中でも「一番好き」と語るほど思い入れのある作品だ。監督の白石晃士は、大ヒットホラー『貞子vs伽椰子』や松坂桃李主演のサスペンススリラー『不能犯』などを生み出し、これまでに幽霊、呪い、オカルト、モキュメンタリーなど様々なジャンルのホラー作品を数多く手掛けてきた“ホラーを知り尽くした映<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46146/">…

    #サユリ#押切蓮介#白石晃士

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube