Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

徹底的なリサーチで描くリアリティある詐欺犯罪場面も話題に

『声/姿なき犯罪者』キャラクター予告&ピョン・ヨハンらキャストメッセージ映像が公開

2022.09.14 13:00

ⓒ 2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED

2022.09.14 13:00

全ての画像・動画を見る(全5点)

10月7日(金) 新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開される 映画『声/姿なき犯罪者』のキャラクター予告およびキャスト陣のメッセージ映像が公開された。

近年、振り込め詐欺は進化し、SNSやスマホアプリ、メッセンジャーが使われ、手口が巧妙になりつつある。この日常に潜む犯罪を題材にし、韓国で初めて映画化したのは、『ホワイト:呪いのメロディー』(2011年)等を手掛けた双子の兄弟監督キム・ソン&キム・ゴク。実際に詐欺犯罪の捜査を担当する韓国警察の知能犯罪捜査隊に取材し、徹底したリサーチで完成したリアリティのあるストーリーは観客を魅了し、公開初週の興行成績はマーベル作品『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を抜いてNo.1を記録した。主演は、『茲山魚譜 チャサンオボ』(2021年)で流刑の天才学者と友情を育む貧しい漁師役を演じ、藤原竜也&竹内涼真出演の邦画『太陽は動かない』(2021年)では、産業スパイ役として日本人俳優たちと共演する等、幅広い活躍を見せるピョン・ヨハン。本作では激しいアクションシーンにノースタントで挑み、製作スタッフと共演者を驚かせた。共演は、『悪人伝』(2019年)のキム・ムヨル、『ジャンルだけロマンス』(2021年)のキム・ヒウォン、『ただ悪より救いたまえ』(2020年)のパク・ミョンフン、『サムジンカンパニー1995』(2020年)等、人気俳優たちが揃い、手に汗握る緻密な騙し合いと極限のバトルを繰り広げる。

釜山の建設現場で働く従業員たちにかかってきた電話。振り込め詐欺によって娘の治療費からマンションの支払いまで、沢山の人々が大金を失った。現場の作業員として働くソジュン(ピョン・ヨハン)は、前職は刑事という異色の経歴を持つ。彼は愛する妻と同僚の30億ウォンを取り戻すため、振り込め詐欺犯を追跡しはじめる。犯人の手がかりを掴み、中国のある建物へ侵入するソジュンだったが、そこでは組織化された巨大な詐欺集団が総責任者クァク(キム・ムヨル)の先導によって毎日多額の振り込め詐欺が行われていた。愕然とするソジュンだったが、300億ウォン規模の新たな詐欺計画を知り、元刑事の正義感が覚醒、壮絶な復讐を計る。

テレビコメンテーターとしてもおなじみの佐々木成三氏(元埼玉県警察本部刑事部捜査第一課)は本作について「犯罪組織のセクションが細分化されている様子などかなりリアル! 昨年の日本の特殊詐欺被害額は約280憶円を超え、警察と犯罪組織はいたちごっこの状態。本作は特殊詐欺犯罪の抑止につながる一作と確信!」とコメントを残している。

『声/姿なき犯罪者』キャラクター映像 ピョンヨハン&キム・ムヨル メッセージ付き

この度公開されたキャラクター予告では、ピョン・ヨハン演じる、振り込め詐欺の罠にかかってしまった元刑事ソジュンや、冷酷非道な犯罪組織の責任者クァク(キム・ムヨル)、犯罪組織を追う知能犯罪捜査隊(キム・ヒウォン)そして、不気味な詐欺コールセンターの管理者(パク・ミョンフン)という濃いキャラクターのオンパレードをテンポ良く紹介。

さらに動画内ではピョン・ヨハンとキム・ムヨルが「多くの被害者がいながらも、加害者の足跡一つ見つけることのできない振り込め詐欺の実態を描いた本作を観て頂きたいです!」とコメントを残している。

全ての画像・動画を見る(全5点)

作品情報

声/姿なき犯罪者

ⓒ 2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED

ⓒ 2021 CJ ENM Co., Ltd., SOOFILM ALL RIGHTS RESERVED

声/姿なき犯罪者

10月7日(金)新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショー
2021/韓国/韓国語/109分/シネスコ/5.1ch/カラー/原題:보이스(ボイス)
提供:ツイン、Hulu 配給:ツイン

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

主演ピョンヨハン 
出演:キム・ムヨル、キム・ヒウォン 、パク・ミョンフン、イ・ジュヨン 
監督:キム・ソン&キム・ゴク 

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • CD予約と配信予約は6月3日にスタート aespa待望の日本デビューが決定、7月3日に日本1stシングル『Hot Mess』リリース

    2024.05.20 18:00

    ガールズグループaespaの日本デビューが決定し、7月3日(水)に日本1stシングル『Hot Mess』をリリースすることが発表された。 KARINA、GISELLE、WINTER、NINGNINGの4人から成るaespaは、2020年に韓国でデビュー。日本でも既にアリーナツアーやドーム公演も成功をさせており、ファンにとって待望の日本デビューとなる。シングルの詳細は追って発表されるが、CD予約、Pre Add/Pre Saveは6月3日(月)から開始。発売に向けて、SNSでは今まで日本で活動や滞在時に撮影された映像を集めたティザー動画も投稿されている。 [📢]#aespa Japan Debu<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44706/">…

    #aespa

  • 監督の小林光大が“誰かに会いたくなる”時間を描く あいみょん、本日リリースした杉咲花主演ドラマ主題歌「会いに行くのに」MV公開

    2024.05.22 20:00

    あいみょんが、本日5月22日(水)にリリースした16thシングル『会いに行くのに』のMusic VideoをYouTubeにて公開した。 「会いに行くのに」は杉咲花が主演を務める月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』主題歌で、Music Videoの監督は過去にも「愛を知るまでは」「双葉」など多くの映像を手掛けた小林光大が担当。海岸や電車、見晴らしの良い丘などシチュエーションを変えながら、“どこかに向かう”“誰かに会いに行く途中”のあいみょんの姿を、2人組の男女や子供たちなどのキャストも登場させながら印象的に描いている。また、MV公開に合わせてあいみょんと小林監督からのコメントも到着し<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44765/">…

    #あいみょん

  • 「夫人匂わせチェキ」が当たるキャンペーンも明日から開始 清 竜人25が再結成後初の新曲を来週配信、新たな夫人4人とデビュー曲をリアレンジ

    2024.06.11 20:00

    7年ぶりの再結成を発表した清 竜人25が、新曲「Will you marry me ?」を6月19日(水)に配信リリースすることが決定した。 清 竜人25は、ソロアーティストとして活動していた清 竜人が2014年に立ち上げた一夫多妻制アイドルユニット。プロデューサー兼メンバーの清 竜人とその妻である女子メンバーで構成され、2017年6月の幕張メッセイベントホール公演「清 竜人25 “ラスト♡コンサート”」をもっておよそ3年におよんだプロジェクトを終えた後、今年の5月に新たなメンバーを迎えての再結成を発表した。 新生・清 竜人25にとって初めての楽曲となる「Will you marry me ?<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45717/">…

    #清 竜人#清 竜人25

  • メンバーがパンケーキを振る舞うキャンペーンも開催 ExWHYZ「Sweet & Sour」MVプレミア公開決定、5日連続ティザー初日は海に佇むmikina

    2024.06.08 21:00

    ExWHYZが、先日デジタルリリースした最新曲「Sweet & Sour」のMVを6月13日(木)21時より公式YouTubeチャンネルにてプレミア公開することが決定した。 「Sweet&Sour」は、気鋭のクリエイターKBSNK(カボスニッキ)が楽曲提供を行った甘く切ないPOPチューン。MVはEMPiRE時代から彼女達の作品を数多く手掛ける映像作家の大喜多正毅が「繋がる」をテーマにディレクションを担当した。プレミア公開に先駆けて本日より5日間連続でティザー映像の公開も決定し、初日となる本日は海に佇むmikinaのティザー映像が公開された。 また、MVのプレミア公開を記念して6<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45569/">…

    #ExWHYZ

  • 「持つ者」と「持たざる者」の間にある“溝”を描く 佐藤二朗12年ぶり新作に宮沢りえが出演、中村佳穂の楽曲から生まれた『そのいのち』11月上演

    2024.05.22 12:00

    宮沢りえと佐藤二朗が共演する舞台『そのいのち』の上演が決定。2024年11月9日(土)〜17日(日)に世田谷パブリックシアターで行われる東京公演を皮切りに、兵庫と宮城で巡演される。 本作の脚本を務める佐藤二朗は、俳優としてもさることながら演劇ユニット「ちからわざ」の主宰を務め、全公演で作・出演を担当。佐藤が原作・脚本・監督を務めた映画『はるヲうるひと』では第2回江陵国際映画祭 最優秀脚本賞を受賞している。 今作は2012年に上演された『ハラナイ荘の人々』以来、12年ぶりに佐藤が書き下ろし新作戯曲。“その歌を聴いたのが始まりだった。”と佐藤がコメントするように、映画『竜とそばかすの姫』でヒロイン<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44771/">…

    #そのいのち#中村佳穂#佐藤二朗#宮沢りえ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube