Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

あなたに届けたい音と薬。 #02

片想い

2022.08.05 12:00

2022.08.05 12:00

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
2回目のコラムになります。

これを読んでいるみなさんは「行きつけの店」ってありますか?

僕は友だちが少ないうえに、1人で飲みに行くことやご飯を食べに行くことも苦手です。

そんな僕が唯一、1人で入れる行きつけの店があります。バンドマンの友人が経営している「T」というお店です。

僕はそんなにお酒が強くないし味の違いもよくわかりませんが、
この店のレモンサワーはこれまでに飲んだレモンサワーでダントツに好きです!

今日のコラムは、ちょっと前の話ですが
音楽と映画の宣伝の仕事をしている友人と「四星球」というバンドのワンマンライブを観たあと「T」に立ち寄ったときの話です。

この日の四星球のワンマンライブは数年後に「伝説」と呼ばれるようなとにかく凄まじいライブでした。この伝説のライブを見た後にレモンサワーよりも甘酸っぱく、刺激的な展開が訪れるとは…

これが俗に言う「事実は小説より奇なり」というものなのでしょうか?



「今日は伝説のライブだったね!」

「笑って泣けるだけでなく、フリとオチ、そして伏線回収…こんなライブ初めてです!」

伝説のライブを目の当たりにした僕たちは、感動と興奮の入り混じった感情を「T」に持ち込んで、ライブの余韻をレモンサワーと共に味わっていた。

3杯目のレモンサワーを飲み終えライブの余韻も収まってきた頃、僕らの会話は映画の話題に移った。その会話が、今回のコラムのテーマ「片想い」の始まりだとはこのとき僕らも予想していなかった。



「ジュンさんの一番好きな映画はなんですか?」

「一番ではないけど、凄く好きなのが銀杏BOYZの曲をモチーフにした『いちごの唄』って映画…知ってる?」

「あっ、石橋静河さんの出てる…!」

「そう!それ大好きなんだよね!」

「じゃぁ、石橋静河さんと柄本佑さんの出てる作品、知ってます?」

「えっ…それは見てない…」

「あっ、やっぱり!」

「それって『君の鳥はうたえる』ですか?」

L字のカウンターテーブルの一番遠い席にいた女性のお客さんが不意に僕らの会話に加わってきた。

「そうです!見ました?」

「はい!染谷くんが良い味出してますよね!」

初対面の2人が好きな作品の話で一瞬にして急接近し、盛り上がった。
それと同時に話についていけない僕は急に疎外感を覚えた。

そもそも僕は邦画しか観ないうえに年間5本くらいしか映画を観ないので、しばらく2人の会話に耳を傾けながらひたすら無言で相槌を打っていた。

「坂元裕二の新しいドラマ観ました?」

「えっ…観てません!」

・・・

えっ!?

坂元裕二さん?

僕が参加出来なかった2人の会話に知っている名前が出てきた…チャンスだ!

「今、坂元裕二さんって言いました!?」

ドラマ・映画にあまり詳しくない僕でも脚本家・坂元裕二さんの作品となると話は別。一気にテンションが上がった!

「はい!坂元さんの新作見ました?」

「いえ!観てないですけど…僕、坂元さんのファンです!」

「あ、私もです!」

坂元裕二さんといえば、昨年大ヒットした映画「花束みたいな恋をした」の印象が記憶に新しいが、元々テレビドラマで数々の名作を生み出してきた希代のヒットメイカーです!

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『カルテット』『大豆田とわ子と三人の元夫』『最高の離婚』『anone』『それでも、生きていく』

坂元さんの好きな作品が多過ぎて思わず話に熱くなってしまったが、カウンターテーブルの向こうからもほぼ同じ熱量で坂元さんへの愛が返ってきた…

しかも彼女は映画に詳しいだけでなく、この日の服装を見たら、ファッションに興味があることもすぐにわかったし、映画『花束みたいな恋をした』の話で音楽ネタにも詳しいことも伝わってきた。

「(映画『花束みたいな恋をした』に)きのこ帝国、フレンズ、羊文学、ceroをさりげなく使うのヤバくないですか?」

「NUMBER GIRLのTシャツもさりげなくズルいですよね!」

「オーサム(Awesome City Club)のPORINが出てきたのもびっくり!」

「ですよね!!」



趣味の合う人と話していると時間が経つのが早い。気がついたら、坂元さんの話題で1時間くらい過ぎていたようだ。

「あっ、ヤバい。もう電車がなくなりそう…!」

「残念…この続きはまた今度!」

「はい!いくらですか?」

「3000円ちょうどです」

「はい。では、お先です!」

よほど終電がギリギリだったようで、彼女は1000円札を3枚お財布から出すと同時にテーブルに置きお店を飛び出していった。
彼女の名前も連絡先も聞けないままこの日は別れてしまった。

けれど、1つだけ約束はしていた。

「こないだ坂元さんの朗読劇に行ったんですけど、『往復書簡 初恋と不倫』って知ってますか?」

「えっ!?朗読劇!?知らないです。面白いんですか?」

「朗読劇も面白かったですが、その小説も面白いですよ!」

「えっ!今度貸してください!」

「はい!今度ここに持ってきますね!」

僕は坂元さんの小説を貸す約束を勝手に取り付けたのだった。とはいえ、連絡先も知らないので約束もできず、それから毎日、僕はカバンに坂元さんの小説―しかもハードカバーの重いやつ―を数冊入れて持ち歩いていた。

「T」に行ったら、また会えるかな?

という淡い期待と重いバッグを抱えつつ、その後「T」には3度足を運んだけれど、残念ながら一度も彼女とは会えなかった…

ちなみに…今回このコラムでは坂元裕二さんのことを熱く書いているけど、普段ブログやSNSで、音楽以外のこと―小説やドラマ、映画の話―はこれまでほぼ書いたことがない。

僕は好きな音楽の話だったら永遠に話していられるけれど、ゲームやお笑いやファッションにも疎くこれまで書いたことはない。

ファッションの話とか書いたら「いいね 」が増えたり、こないだの彼女も「友達申請」してきて連絡先交換とかできるのかな…?
たまにはそういうブログを書いてみようかな…

あっ、そういえば…

数年前、「ブランド」についてブログを書いたことが1度だけあった。

↓ ↓ ↓

2016年7月のブログより

【COACH】


ヴィトン ブルガリ グッチ エルメス
ティファニー プラダ シャネル カルティエ
僕が全部 買ってあげるから

銀杏BOYZが20年くらい前に「援助交際」という名曲を作ったのですが、上に書いたのは、その歌詞の一部です。

僕は歌詞に出てくるブランド品は1つも持っていないし、ブランドにはあまりに詳しくありません。

ここで質問です。

「COACH(コーチ)」というブランドはこの歌詞に出てこないけれど、
援助交際する人は「COACH」の商品をプレゼントされても嬉しくないのですか?

あ、別に援助交際をしている訳でも、
誰かにプレゼントを考えている訳でも、
急にブランドに目覚めた訳でもありません。

じゃぁ、何で「COACH」かって?

今からロケで「高知」に行くんですよ。

・・・

誰か僕にダジャレの「コーチ」をしてください。

(ブログここまで)
 

この頃は毎回、タイトルでヒキを作ってダジャレオチで終わるブログばかり書いてました。

爆笑を取るようなオチはほぼありません。

「くだらねえなぁ(笑)」と、クスリと笑ってもらえればそれ以上に望むことはありませんでした。

基本的に欲しがりな性格ではないので、誰かに褒めて欲しいというよりは自己満足で「タイトルとオチ」を完結させたかったんですよね。

そしてブログに凝ってる時はだいたい仕事が充実してない時なんです。クリエイティブな刺激が物足りなく、「文章を書くこと」に脳を働かせて満足していたのだと思います。

最近はダジャレブログは一切書いていません。
クリエイティブな文章を書いていないというのは「仕事が充実している」ということですかね?

そんな中、今回は「片想い」という、久々にヒキのありそうなタイトルでコラムを書いてみました。

さぁ、先ほどの続きはどうなったのでしょう?
続きをご覧ください。

「こんばんは!」

「あっ、ジュンさんいらっしゃい!」

翌週、再び「T」に足を運んでいた。

この日は月曜日ということもあり、まだ僕以外のお客さんはいなかった。友人の店員と30分くらい雑談をした頃に僕は我慢できずに聞いてみた。

「そういえば、こないだの坂元裕二さんの作品好きな人、最近来てる?」

「あっ、最近来てないですね…明日仕事休みだから今日あたり来るかもしれないですね」

「そうなんだ。また、こないだの話したいん…」

ガチャ…

会話の途中で、お店のドアが開いた。
僕は無意識にカウンターの方に目を向け、誰が入ってきたのか見ないようにした。

「いらっしゃいませ!あっ、ジュンさん来てますよ!」

えっ!?

本当に来たの!?

・・・

僕は恐る恐る入り口の方を見た。

「ジュンさん、お久しぶりです!」

「なんだカザマか(´・ω・`)。。。」

知り合いの売れないバンドマンだった…

僕の淡い期待は裏切られてしまったけれど、この日もレモンサワーは裏切ることのない安定の美味さだった。
そしてカザマとの会話も楽しくて時間が経つのを忘れて長居してしまった。

終電の時間が迫ってきたので、僕は会計を済ませ、トイレに入った。
トイレから戻ると「あの人」がカウンターの端にいるとかそんなミラクル起きないよな…?
立ったまま用を足しながら僕は妄想に耽っていた。そして、ゆっくりとトイレの扉を開けると…



やっぱりカウンターには、売れないバンドマン(カザマ)の姿しかなかった。

「いつもありがとうございます!そろそろ終電ですよ」

トイレから戻ると、優しい店員さんが僕のバッグを持って待ち構えていた。

「あっ…ごめん!重いよね?」

「荷物、多いですね。何が入ってるんですか?」

「夢」

「・・・」

「えっ?酔ってます…?」

「いや、冗談(笑)」



彼女に貸す約束をした小説をいつ会っても渡せるように、毎日健気に持ち歩く僕はどこからみてもセンチメンタルな男だった。

よいしょ。

重いトートバックを右肩に背負い、お店の階段を下った。今日は沢山の小説に加えノートPCもカバンに入っている。いつもより重いトートバッグの持ち手の部分が肩に食い込む…

あぁ肩重い…

肩重い?

カタオモイ?

「片想い」



誰か、僕にダジャレのコーチをしてください。

連載2回目のコラムが突然、恋愛物語のような作品で驚かれた方もいるかもしれません。

僕は以前「妄想ブログ」という作品を趣味で書いていました。
今回の作品も完全に妄想物語です。

物語の展開にちょっとだけキュンとなったり、
くだらないオチに「クスリ」としてもらいたい、
それ以上でも、それ以下でもありません。

あっ、1つ言い忘れていましたが、この物語全てが妄想ではありません。レモンサワーの美味しいお店でたまたま居合わせたお客さんと「坂元裕二」さんの作品の話で盛り上がった、というのは本当の話なんです!

(ただし、相手は僕と同世代の男性客でした )

このコラム「いいね 」とかないので評価はわかりませんし、評価は受け付けません。

ただ、最後まで読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました(о´∀`о)

 

♪オススメの「音」

東京都渋谷区神泉発「神泉系バンド」
2015年6月8日結成。
えみそん(Vocal)・三浦太郎(Guitar, Vocal & Chorus)・長島涼平(Bass & Chorus)・関口塁(Drums & Chorus)からなる男女混合神泉系バンド。
友情や恋愛、日々の生活の機微を、キャリアもルーツも違う 4 人の絶妙に絡み合うオリジナリティとグルーブとともに多彩な POP サウンドで表
現。
観客と一緒に楽しみながら作り上げる自由で多幸感に溢れるライブが、ココロ踊らせココロに寄り添い、老若男女問わず高い人気を誇る。
唯一無比なポップアイコンとして、きららかにしなやかに圧倒的なエネルギーを放つ。

ハナレグミ

アーティスト情報

[永積 崇] (1974年11月27日、東京生まれ)。
高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。2002年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でひっそりとソロ活動をスタート。 2017年10月、是枝裕和監督作品『海よりもまだ深く』主題歌「深呼吸」も収録された7枚目となる待望のオリジナルアルバム『SHINJITERU』をリリース。2018年は全国14都市全14公演となるワンマンライブツアー「ハナレグミ 2018 ツアー ど真ん中」を敢行。2019年は、ハナレグミ with U-zhaan「タカシタブラタカシ」ツアーに加え、各地イベント・フェスなどへ多数出演。2020年2月には、ワンマンホールツアー「THE MOMENT」を東京2日間と大阪1日間にて開催。「『THE MOMENT~HORN NIGHT~』With 東京スカパラダイスオーケストラ」「『THE MOMENT~STRINGS NIGHT~』With 鈴木正人(from LITTLE CREATURES)、美央ストリングス and more」と題し、それぞれ異なる趣で楽しめる内容で好評を博す。2021年3月31日には約3年半ぶりとなるオリジナルアルバム『発光帯』をリリース。5月には全国Zeppワンマンツアー「ツアー発光帯」を、7月には東京・大阪での野外ワンマンライブ「ツアー発光帯 ~in the moon light~」を開催。その深く温かい声と抜群の歌唱力で多くのファンから熱い支持を得ている。

2004年結成。メンバーは髙城晶平、荒内佑、橋本翼の3人。これまで4作のアルバムと5作のシングル、DVD/Blu-ray作品を3作リリース。3人それぞれが作曲、アレンジ、プロデュースを手がけ、サポートメンバーを加えた編成でのライブ、楽曲制作においてコンダクトを執っている。今後のリリース、ライブが常に注目される音楽的快楽とストーリーテリングの巧みさを併せ持った、東京のバンドである。

Awesome City Club

アーティスト情報

「眠れない街オーサムシティ。夢を求め集うこの街に、今日もオーサムミュージックが溢れ出す。Awesome City Club 、僕らが聴かせたい人達はこの街のどこかにいる。」

2013年東京にて結成。
メンバー自身の幅広いルーツを MIXした音楽性を持つ、男女ツインヴォーカルの3人グループ。

2015年4月にファーストミニアルバム『Awesome City Tracks』をリリースし、iTunes ロックチャートで1位を獲得するなど話題を呼んだ。

毎年コンスタントに全国ツアーも行いながら、国内外の大型フェスティバルへ出演も行い、2021年にはフジロックフェスティバルグリーンステージにも出演。

Awesome City Club以外での個々の活動も盛んで、数々のアーティストへの楽曲提供やLIVE ツアーへの参加、また自身のアパレルブランドの立ち上げなど、音楽のみにとらわれず様々なカルチャーシーンで注目を集める存在となっている。

2021年には、映画『花束みたいな恋をした』に PORIN・メンバーが本人役で出演し、さらに映画のインスパイアソング『勿忘』をリリースすると各配信サイトで上位にランクインし続け、ストリーミングは3.5億回再生を突破。関連動画を含めると、10億回を超える再生数となっている。2月には『勿忘』を含む10曲を収録したフルアルバム『Grower』をリリース。

12月には、有明・東京ガーデンシアターでのワンマンライブ「Awesome Talks One Man Show - to end the year -」を大成功に収め、年末には第63回日本レコード大賞にて「優秀作品賞」を受賞。さらに第72回NHK紅白歌合戦への初出場を果たす。

2022年3月9日には、4枚目のフルアルバムとなる『Get Set』をリリース。

4月には配信シングル『Good Morning』をリリースし、テレビ朝日系朝の情報番組「グッド!モーニング」のテーマ曲に起用され、同年「SUMMER SONIC 2022」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」をはじめとする様々な音楽フェス、イベントへの出演を果たす。

Vo.Gt.塩塚モエカ、Ba.河西ゆりか、Dr.フクダヒロアからなる、繊細ながらも力強いサウンドが特徴のオルナティブロックバンド。2017年に現在の編成となり、2020年にF.C.L.S.(ソニー・ミュージックレーベルズ)よりメジャーデビュー。同年12月にはMajor 1st Full Album「POWERS」をリリース。今年の4/20には、2021年公開のアニメ映画主題歌「マヨイガ」や話題のTVアニメ主題歌「光るとき」を含むMajor 2nd Full Album「our hope」をリリース。さらに今年は5大都市のZepp公演を含む初の全国ツアー「OOPARTS」を全公演SOLD OUTで開催している他、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022、SUMMER SONIC 2022 、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO、など数々の大型フェスの出演も決定しており、しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。

2014年 10月10日、3markets(株)から
新メンバー加入をきっかけに
3markets[ ]と名前を変えて活動再開。

株がなくなったように見えるが
目を凝らすと見えるという噂もある。
いらないものを取っ払ったのか
それとも中身がなくなってしまったのか
いずれにせよ、感情だけはどうしてもなくならない。

あらかじめ決められていた窮屈な社会に
ほんの少しの自由を。
[ ]に囲まれた中の半角スペースにそんな気持ちを込めて
活動を開始。

たとえ思ってても言えないこと
きっと言わない方が誰にとってもいいこと
それを歌詞にする性格の悪い人間たちがいるバンド。

最終目標は元気になること。
元気があればなんでもできる。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 水鉄砲など夏全開のメンバー映るトレーラーも公開 ももいろクローバーZ、3年ぶりに有観客開催した2022年の「夏のバカ騒ぎ」を映像作品化

    2022.09.30 20:00

    ももいろクローバーZが、今年7月30日(土)・31日(日)に埼玉県・ベルーナドームで約3年ぶりに有観客開催した『ももクロ夏のバカ騒ぎ2022 -MOMOFEST-』のLIVE Blu-ray&DVDを12月21日(水)に発売することを発表した。 ももクロの風物詩とも言われる三大ライブの一つ「夏のバカ騒ぎ」通称“夏バカ”は、水を使用した演出や水着で観覧できる“水着席”の設置、夏ならではのセットリストが特徴的なライブで、2012年に初めて西武ドーム(現:ベルーナドーム)で公演を行ってから10年目の節目となる公演となった。 今年の“夏バカ”は「MOMO FEST(ももフェス)」をテーマにダウ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9752/">…

    #ももいろクローバーZ

  • バンドの勢いを詰め込んだ渾身の1枚 KALMA、地元北海道のフェス「JOIN ALIVE 2022」ステージで3rdミニアルバムのリリースを発表

    2022.09.03 18:00

    北海道出身&在住の3ピースロックバンドKALMAが、本日開催の地元・北海道の音楽フェス「JOIN ALIVE 2022」のステージ上で、11月9日に3rdミニアルバムをリリースすることを発表した。 2020年3月のメジャーデビュー・ミニアルバム『TEEN TEEN TEEN』以来約2年8ヵ月ぶりとなる今作は、エンジニアにザ・クロマニヨンズ、THE BAWDIES、OKAMOTO’Sなどを手がける川口聡氏を迎えた、ライブバンドとしてのKALMAの勢いを切り取った渾身のアナログレコーディング作品。8月にリリースされた、彼らのロック精神と青春性が爆発したパンクソング『ペーパーバック』やテ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7642/">…

    #JOIN ALIVE#KALMA

  • 主題歌を使用した本予告映像も公開 BUMP OF CHICKENの新曲「SOUVENIR」がTVアニメ『SPY×FAMILY』第2クールOP主題歌に決定

    2022.09.15 19:00

    BUMP OF CHICKENの新曲「SOUVENIR」が、TVアニメ『SPY×FAMILY』第2クールのオープニング主題歌に決定した。 『SPY×FAMILY』は、集英社『少年ジャンプ+』にて2019年3月より連載中の人気マンガ(遠藤達哉・著)で、数々のマンガ賞を受賞、最新コミックス9巻までのシリーズ累計発行部数は2,500万部を突破している。10月1日(土)23時よりテレビ東京6局ネット他にて、同作を原作としたTVアニメの第2クールが放送スタートする。 今回の発表とともに、オープニング主題歌「SOUVENIR」を使用した第2クールの本予告映像も公開された。隣接する東国と西国の冷戦関係に終止<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8688/">…

    #BUMP OF CHICKEN#SPY×FAMILY

  • SNSには一緒に時間を過ごした2人の様子も ザ・ウィークエンド、闘病中の3歳少女をバックステージに招待

    2022.09.07 20:15

    ザ・ウィークエンドがロサンゼルスで行われたライブに、現在がんと闘っている3歳の少女を招待したことが話題になっている。 現在がんで闘病中のカタナちゃんはザ・ウィークエンドで大ファンであり、ザ・ウィークエンドへの愛を語る動画を母親がTwitterに投稿したことがきっかけで、バックステージに招待された。母親は「私の娘は、最も好きなアーティストであるザ・ウィークエンドに会いたがっている。娘には最上級の時間をあげたい。彼女はがんと闘っており、この世界の光であり続けている」と投稿している。 母親とカタナちゃんの願いは叶い、9月2日と3日に行われたザ・ウィークエンドのロサンゼルス公演のバックステージに招待さ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7965/">…

    #The Weeknd#ザ・ウィークエンド

  • 初公開映像が多数使用された作品に ずっと真夜中でいいのに。映画『雨を告げる漂流団地』主題歌「消えてしまいそうです」のMV公開

    2022.09.08 20:00

    ずっと真夜中でいいのに。が、9月16日(金)にNetflixで全世界独占配信&日本全国ロードショーとなる映画『雨を告げる漂流団地』の書き下ろし主題歌「消えてしまいそうです」のミュージックビデオを公開、音源配信をスタートした。 「消えてしまいそうです」は、アニメーションスタジオ「スタジオコロリド」による映像美とともに映画本編のラストをエモーショナルに彩る楽曲。 MVは全編を通し映画『雨を告げる漂流団地』の映像のみで構成されており、初公開映像もふんだんに使用された作品に仕上がった。本作の監督・石田祐康から得た想いなどを基に書き下ろされた歌詞と、ひとつひとつの映像が絶妙にリンクしている点も注目ポイン<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8065/">…

    #ずっと真夜中でいいのに。#雨を告げる漂流団地

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube