Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

新作『Guitar Songs』についても語る

ビリー・アイリッシュ、他のアーティストとのコラボが苦手な理由を語る

2022.07.26 18:30

Apple Musicの番組に出演したビリー・アイリッシュ

2022.07.26 18:30

全ての画像・動画を見る(全2点)

7月21日に2曲入りのEP「Guitar Songs」をサプライズリリースし、初の日本単独公演も発表したBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)。2ndアルバム『Happier Than Ever』のライブ音源などを追加収録した来日記念盤を8月24日にリリースすることも話題になっている彼女であるが、この度Apple MusicのZane Loweとのインタビューに出演した。

2019年にリリースされた1stアルバム『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』を自宅のヘッドルームでレコーディングし、2ndアルバム『Happier Than Ever』を兄・フィニアスのホームスタジオでレコーディングしたビリー・アイリッシュであるが、他のアーティストとのコラボレーションが苦手な理由を明かしている。

何年間か、他のアーティストともコラボしてみたけど、あまり好きじゃなかった。そもそもスタジオが好きじゃないし、スタジオでのセッションが好きじゃない。スタジオのヴァイブスが昔から好きじゃない。窓もないし、ウィードのにおいがするし。他のアーティストたちもいて、アホっぽい感じで歩いてるのを見られると恥ずかしいし。よくわからないけど、スタジオにいるのは社会的な不安を感じる。だから私には合ってないし、楽しめない。

他のアーティストとのコラボが苦手な理由を語ったビリー・アイリッシュ。Zane Loweも「今ビリーがスタジオについて言ったことは、全て本当のことだ。時間も常に気にしないといけないし」とコメントをしている。基本的に兄のフィニアスと制作をしているビリー・アイリッシュであるが、今作『Guitar Songs』をサプライズリリースした理由についても、このように語っている。

これらの曲をリリースしたかった。大きなアーティストになると、全てのリリースが大きく扱われる。5ヶ月前に音源を提出しないといけなかったり、映像を撮ったり、プレスをしたり…他にもたくさんやらないといけないことがある。それも良いんだけど、音楽をただ作って、それがリリースされるということを随分と長くやってなかった。

音楽を始めたときのように、親の家で、フィニアスのギターで一緒に曲を作って、人に聴かせるという方法にしたかった。私たちが始めた当初は、ミーティングがあっても音源がなかったから、ギターを持って生で曲を聴かせていた。そうやって今一緒に仕事している人たちと出会ったし、それが私たちのルーツだ。楽器を持って、フィニアスと2人だけで作る。そうやって音楽を始めたから。

『Guitar Songs』に込められた思いを語ったビリー・アイリッシュ。世界ツアーの日本公演は、8月26日に有明アリーナにて開催される。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

「Guitar Songs」

「Guitar Songs」ジャケット

「Guitar Songs」ジャケット

「Guitar Songs」

2022年7月21日(金) リリース

購入はこちら

収録内容

1. TV 
2. The 30th

ビリー・アイリッシュ

アーティスト情報

2001年12月18日生まれの19歳、米国ロサンゼルス在住のシンガー・ソングライター。
2019年に発売したデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は英米を含め全世界18の国と地域で1位を獲得。同作は2019年に全世界で最も売れたデビュー・アルバムとなり、米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間アルバム・チャートでは史上最年少で1位に輝いた。彼女の代表曲「bad guy」は、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で1位を獲得し、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業を達成。日本でも、日テレ系日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の主題歌に同枠初の海外アーティストとして抜擢され、2021年4月には、日本レコード協会のストリーミング認定開始以降、洋楽女性アーティスト初、さらに洋楽史上最速でのプラチナ認定(1億回再生)となった。

2020年の「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞。
主要4部門の獲得は39年ぶりの史上2人目、最年少、初の女性という偉業を達成。2021年の「第63回グラミー賞」でも、2年連続となる年間最優秀レコードと、最優秀映像作品楽曲を受賞。グラミー賞で最も権威がある年間最優秀レコード賞を2年連続で受賞した、史上最年少19歳という記録を作った。

2021年10月に公開した映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、主題歌「No Time To Die」を最年少で制作、歌唱。
同楽曲は、ビリー初のUKシングル1位、初の女性シンガーが担当した007主題歌1位、そして2020年UK発売初週で最も売れた曲に。

待望の2ndアルバム『Happier Than Ever ハピアー・ザン・エヴァー』を、2021年7月30日に発売。全米・全英含む全15か国で1位を獲得した。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/billie-eilish/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 2023年出演のリアーナにアドバイスも ドクター・ドレーがスーパーボウル出演が「人生で最も緊張した」と明かす

    2022.09.27 19:00

    先日、リアーナが第57回スーパーボウルハーフタイムショーのヘッドライナーを務めると発表された。今年の2月に実施された第56回スーパーボウルハーフタイムショーのヘッドライナーを務めたドクター・ドレーが、Apple MusicのEbro Dardenにてスーパーボウルについて語った。 ドクター・ドレー、エミネム、スヌープ・ドッグ、ケンドリック・ラマー、メアリー・J・ブライジ、50セントが出演した第56回スーパーボウルハーフタイムショー。エミー賞も受賞した歴史的なパフォーマンスであったが、ドクター・ドレーは人生で最も緊張したとコメントしている。 「非常に緊張したよ。人生であんなに緊張したことはなかっ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9433/">…

    #Dr. Dre#スーパーボウルハーフタイムショー#ドクター・ドレー#リアーナ

  • テーム・インパラ参加の新曲も公開 ゴリラズがニュー・アルバム『Cracker Island』のリリース日とトラックリスト発表

    2022.09.01 14:00

    デーモン・アルバーンとイラストレーター・ジェイミー・ヒューレットによるバーチャルバンド、ゴリラズがニュー・アルバム『Cracker Island』を2023年2月24日にリリースすると発表した。 通算8枚目となるアルバム『Cracker Island』には、先行配信されていたタイトルトラック「Cracker Island」に参加したサンダーキャット以外にも、ベック、バッド・バニー、テーム・インパラ、ブーティー・ブラウンなどが参加している。アルバムの情報解禁に伴い、テーム・インパラとブーティー・ブラウンをフィーチャリングした「New Gold」も公開。 『Cracker Island』はゴリラズ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7512/">…

    #ゴリラズ#サンダーキャット#テーム・インパラ

  • 新キャラクター&追加キャストも TVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』OPテーマをYOASOBIが担当

    2022.09.05 10:00

    10月2日(日)午後5時よりMBS/TBS系全国28局ネットにて放送スタートするTVアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のオープニングテーマが、YOASOBIの「祝福」に決定した。同時に、主人公機ガンダム・エアリアルとメインキャラクターたちを描いたキービジュアル、新たなキャラクターとモビルスーツが公開、追加キャストとしてグエル・ジェターク役を阿座上洋平、エラン・ケレス役を花江夏樹、シャディク・ゼネリ役を古川慎が担当することが発表された。 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』は主人公となる少女“スレッタ・マーキュリー”を軸に展開され、これまでのガンダムシリーズとは異なる新たな世界観が描かれた作品。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7673/">…

    #YOASOBI#機動戦士ガンダム 水星の魔女

  • ヘイリー・ウィリアムスが楽曲について語る パラモアが6年ぶりのニュー・アルバム『This Is Why』をアナウンス&タイトル曲のMVを公開

    2022.09.29 19:30

    パラモアがニュー・アルバム『This Is Why』を2023年2月10日にリリースすることを発表した。 今作は、2017年にリリースされた『After Laughter』以来6年ぶりのアルバムで、ロサンゼルスにてCarlos de la Garzaによってプロデュースされた。現在トラックリストは公開されていないが、10曲が収録されるとのこと。 また、アルバム発表に伴いタイトル曲「This Is Why」のミュージックビデオが公開。ボーカルのヘイリー・ウィリアムスは、楽曲について以下のようにコメントしている。 「この曲はアルバムで最後に書いた曲だった。正直歌詞を書くのに疲れていたんだけど、ザッ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9623/">…

    #Paramore#This Is Why#パラモア

  • 9月4日の東京キネマ倶楽部公演より さとうもか、最新ワンマンライブから『魔法のリノベ』OP曲「魔法」の映像を公開

    2022.09.15 19:30

    岡山出身シンガーソングライター・さとうもかが、9月4日(日)に行ったワンマンライブ「Sugar Science Show ~2022 Summer~」東京キネマ倶楽部公演から「魔法」のライブ映像を公開した。 映像が公開された「魔法」は、来週9月19日(月)に最終回を迎えるカンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『魔法のリノベ』のオープニング曲に起用されている楽曲。ライブではドラマに登場するキャラクター“まるふくろう”もサプライズ登場し、一緒に歌唱する姿が収められている。(Bezzyでは当日のライブレポートも公開中) さとうもかは、現在SNSで話題となっている代表曲「melt bitter」が新人アー<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8723/">…

    #さとうもか#魔法のリノベ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube