Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

22カットに及ぶキャラクターポスターも初公開

最強のヴィランの姿がついに! 『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』新予告が公開

2022.07.25 14:30

© Amazon Studios

2022.07.25 14:30

全ての画像・動画を見る(全23点)

9月2日(金)より、Prime Video にて独占配信開始となる『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』から新予告映像とキャラクターポスターが公開された。

本作は中つ国の歴史上でも伝説的な第二紀のヒーローたちを初めて映像化した作品で、J・R・R・トールキンの『ホビット』や『ロード・オブ・ザ・リング』の遥か数千年前を舞台にした壮大な物語。偉大な力の創造、王国の栄枯、ヒーローたちの試練、そして全世界を闇で覆うトールキンが生み出した最強のヴィラン、これらすべてが観るものを第二紀の世界に誘う。平和な時代から物語は始まり、お馴染みのキャラクターたちと新たなキャラクターたちが次第に、長い間恐れられていた中つ国の悪の再来に立ち向かっていく様子が描かれる。

本シリーズを率いるショーランナー兼エグゼクティブプロデューサーは J・D・ペインとパトリック・マッケイ。エグゼクティブプロデューサーとしてリンジー・ウェバー、カラム・グリーン、J・A・バヨナ、ベレン・アティエンサ、ジャスティン・ドブル、ジェイソン・ケイヒル、ジェニファー・ハッチソン、ブルース・リッチモンド、そしてシャロン・タル・イグアドも名を連ねる。プロデューサーはロン・エイムスとクリストファー・ニューマン。ウェイン・チェ・イップが共同エグゼクティブプロデューサーを務め、J・A・バヨナやシャーロット・ブランドストームと共に監督も務める。

サンディエゴ・コミコン作品のクリエイターとキャストたちが集結し、この歴史的なイベントを目撃するために前夜から路上で待っていた6,500人のファンを熱狂させた。トールキンと『ロード・オブ・ザ・リング』の大ファンであるエミー賞3度受賞の米人気タレント、スティーヴン・コルベアがパネルのモデレーターを務め、コルベアは、シリーズのショーランナーであるペインとマッケイ、エグゼクティブプロデューサーのウェバー、そして21人のアンサンブルキャストとともに、サンディエゴ・コミコン史上、単一シリーズとしては最大規模のパネルに参加した。

90分間に及んだこのイベントでは、キャストとクリエイターが初めて一般のファンと交流し、J・R・R・トールキンの素晴らしい伝説の物語への想い、シリーズの新しいキャラクターの事、これまで映像化されていなかった島国ヌーメノールを含む素晴らしい中つ国の王国の紹介など、愛する作家が作り上げた世界の第二紀をドラマ化する過程を喜びと共に語った。

『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』予告編5 | Amazonプライムビデオ

この度公開された予告編は、長い間恐れられていた中つ国の悪の再来に焦点を当てたもので、最強のヴィランの姿も今回の予告編で初公開された。会場では、エミー賞受賞作曲家ベアー・マクレアリーが25人編成のオーケストラと16人の合唱団とともにステージに立ち、これまで発表されていなかった『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』のサウンドトラックのハイライトをライブ演奏で初披露した。

登壇したキャストは、シンシア・アダイ=ロビンソン(ミーリエル役)、ロバート・アラマヨ(エルロンド役)、オウェイン・アーサー(ドゥリン四世役)、マキシム・バルドリー(イシルドゥル役)、ナザニン・ボニアディ(ブロンウィン役)、モーフィッド・クラーク(ガラドリエル役)、イスマエル・クルス・コルドヴァ(アロンディル役)、チャールズ・エドワーズ(ケレブリンボール役)、トリステン・グラベル(ファラゾーン役)、エマ・ホルヴァス(エアリエン役)、マルセラ・カヴェナー(エラノール(“ノーリ”)・ブランディフット役)、タイロー・ムハフィディン(テオ役)、ソフィア・ノンヴィート(ディーサ役)、ロイド・オーウェン(エレンディル役)、メーガン・リチャーズ(ポピー・プラウドフット役)、ディラン・スミス(ラルゴ・ブランディフット役)、チャーリー・ヴィッカー(ハルブランド役)、レオン・ワダム(ケメン役)、サラ・ズワンゴバニ(マリーゴールド・ブランディフット役)、ベンジャミン・ウォーカー(ギル=ガラド役)、ダニエル・ウェイマン(よそびと役)となり、それぞれのキャラクターポスターもあわせて公開された。

全ての画像・動画を見る(全23点)


作品情報

『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』

© Amazon Studios

© Amazon Studios

『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』

9月2日(金)よりPrime Videoにて独占配信予定

作品ページはこちら

スタッフ&キャスト

ショーランナー兼エグゼクティブプロデューサー:J・D・ペイン、パトリック・マッケイ
エグゼクティブプロデューサー:リンジー・ウェバー、カラム・グリーン、J・A・バヨナ、ベレン・アティエンサ、ジャスティン・ドブル、ジェイソン・ケイヒル、ジェニファー・ハッチソン、ブルース・リッチモンド、シャロン・タル・イグアド
プロデューサー:ロン・エイムス、クリストファー・ニューマン
共同エグゼクティブプロデューサー:ウェイン・チェ・イップ
監督:J・A・バヨナ、シャーロット・ブランドストーム
出演:マキシム・バルドリー、ロイド・オーウェン、トリステン・グラベル、シンシア・アダイ=ロビンソン、レオン・ワダム、エマ・ホルヴァス、モーフィッド・クラーク、ロバート・アラマヨ、ベンジャミン・ウォーカー、サラ・ズワンゴバニ、“ノーリ”、マルセラ・カヴェナー、メーガン・リチャーズ、サー・レニー・ヘンリー、ダニエル・ウェイマン、ピーター・ミュラン、オウェイン・アーサー、チャーリー・ヴィッカー、イスマエル・クルス・コルドヴァ

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ⺟と娘の視点から乳がんをテーマに描く 吉田美月喜&常盤貴子主演『あつい胸さわぎ』2023年公開 前田敦子、佐藤緋美も出演

    2022.09.19 12:00

    演劇ユニットiakuの横⼭拓也が、⺟と娘の視点から乳がんをテーマに描いた舞台を、 主演に吉田美月喜と常盤貴子をむかえて映画化した『あつい胸さわぎ』が2023年初頭に公開されることが決定。合わせて追加キャストとメインビジュアルが公開された。 乳がんを患った娘(吉田美月喜)と、子離れできない母(常盤貴子)の“一夏の恋の胸さわぎ”を“あつく”描いた本作。 千夏(吉田美月喜)の幼馴染で思いをよせる同級生役・川柳光輝を、映画『MOTHER マザー』で第44回日本アカデミー新人俳優賞、第63回ブルーリボン賞新人賞などを受賞した奥平大兼が演じ、千夏に影響を与える友人でもあり昭子(常盤貴子)の同僚役・花内透子<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8921/">…

    #あつい胸さわぎ#佐藤緋美#前田敦子#吉田美月喜#常盤貴子#横⼭拓也

  • 孫娘アーニャの手書き文字が浮かぶ ブライアン・イーノが新作アルバムより先行シングル「We Let It In」リリック・ビデオ公開

    2022.09.07 22:00

    ブライアン・イーノが、10月14日(金)にリリースする17年ぶりのヴォーカル・アルバム『FOREVERANDEVERNOMORE』より、先行シングル「We Let It In」を配信スタートした。 今作はイーノ自身が全曲プロデュースを手掛け、2005年の『Another Day On Earth』以来、17年ぶりに本人がヴォーカルを担当した作品。イーノはこのアルバムについて、「私の声は変わり、低くなり、別の個性を出して歌えるようになりました。ティーンエイジャーのような歌い方はしたくないですし、メランコリックで、どこか後悔の念を感じられるようなサウンドが好ましいと思いました」とコメントしている。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7968/">…

    #ブライアン・イーノ

  • 黒人女性としてロックをやる意味を語る ウィローが2021年にロックミュージックに転向した理由とは?

    2022.09.21 17:00

    10月6日にニュー・アルバム『<COPINGMECHANISM>』をリリースするウィロー・スミスが、ロックミュージックをやる理由を語った。 2021年にリリースした『lately I feel EVERYTHING』で、ロックミュージックに転向したウィロー。彼女は今月17日に公開されたthe Observerのインタビューにて、黒人女性としてロックのジャンルに居場所を見つける必要性について以下のようにコメントしている。 「疎外されたコミュニティたちが、今まで受け入れられてこなかった場所に足を踏み入れて、“私は人間で、私もここにいていい”と示すことが重要。私たちは皆、あらゆる種類のす<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9023/">…

    #Willow#ウィロー・スミス

  • プロジェクトを成功させる感謝の心 DJキャレドが大物アーティストたち多数とコラボする秘訣を明かす

    2022.09.12 19:30

    8月26日にニュー・アルバム『God Did』をリリースし、Billboard 200で1位を獲得したDJキャレド。今作もドレイク、リル・ウェイン、カニエ・ウェスト、エミネム、ジェイ・Z、フューチャーなどのビッグネームが参加しているが、DJキャレドが大物アーティストたちとコラボをする秘訣をGQのインタビューにて明かした。 「私は実際に音楽を作ることよりも、人間関係を重要視する。音楽は祝いだから、全員が納得して幸せな状態であることを大切にしている。内容が痛みについてであったとしても、世界に公開したとき、それは色んな意味で祝いになる」 実際に自分で作曲/制作をしていない場合も多く、どちらかというと<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8364/">…

    #DJ Khaled#DJキャレド#God Did#ドレイク

  • 『前科者』など手がけた岸善幸が監督 稲垣吾郎×新垣結衣が衝撃作に挑む、朝井リョウ原作『正欲』が2023年映画化決定

    2022.09.12 09:00

    稲垣吾郎と新垣結衣が出演、岸善幸を監督に迎え、作家・朝井リョウの小説を原作にした映画『正欲』が2023年に全国ロードショー公開される。 原作となった小説は、2009年『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞し、2013年『何者』で直木賞を受賞した朝井リョウが作家生活10周年で書き上げた渾身の一作。家庭環境、性的指向、容姿など様々に異なった”選べない”背景を持つ人たちを同じ地平で描写しながら、人が生きていくための推進力になるのは何なのか?というテーマを炙り出す衝撃的なストーリーで第34回柴田錬三郎賞を受賞した。朝井は「小説家としても一人の人間としても、明らかに大きなターニングポ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8290/">…

    #岸善幸#新垣結衣#朝井リョウ#正欲#稲垣吾郎

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube