Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

『おみおくりの作法』を原作に水田伸生がリメイク

阿部サダヲが“ちょっと迷惑な男” に? 『アイ・アム まきもと』本ビジュアル公開

2022.07.20 16:30

@2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

2022.07.20 16:30

9月30日(金)公開予定の映画『アイ・アム まきもと』から本ビジュアルが公開された。

本作は『舞妓 Haaaan!!!』(2007年)、『謝罪の王様』(2013年)等に続き水田伸生監督と阿部サダヲがタッグを組む。阿部演じる主人公の牧本は“おみおくり係(=お一人で亡くなった方を埋葬する)”として小さな市役所で働いているが、全く空気が読めない、人の話を聞かない、なかなか心を開かない、周りからするとちょっと頑固で迷惑な存在。そんな牧本は、つい周囲のルールより自分のルールを優先してしまい、同じ市役所で働く同僚たちや上司、警察や葬儀屋さんにもご迷惑をおかけしてしまう日々を送っていた。ある日、人知れず亡くなった蕪木の身寄りを探すため、彼のかつての友人や知人を訪ね歩くうちに、唯一の身寄りである娘・塔子に辿り着き、蕪木の知られざる想いと共に彼の人生を辿ることとなる。“亡くなった人の想い”を大切にするがゆえに、ちょっと迷惑な牧本の行動は、やがて人と人を繋ぎ、自らも変えていく――。

牧本が出会う蕪木の娘・津森塔子役に満島ひかり。そして牧本の迷惑にまき込まれる人々に、國村隼、宮沢りえ、宇崎竜童、松下洸平、でんでん、松尾スズキ、坪倉由幸(我が家)と個性豊かな豪華キャストが集結。第70回ヴェネチア国際映画祭で4つの賞を受賞したウベルト・パゾリーニ監督『おみおくりの作法』(2015年)を原作に、ドラマ『ゆとりですがなにか』、『初恋の悪魔』で知られる水田監督が笑って泣けるエンタテインメントに昇華させた。

この度公開されたビジュアルでは、ファンタジックでコミカルな世界観の中に佇む牧本と、彼の迷惑にまき込まれる登場人物たちの姿が牧本を取り囲むように描かれる。 “世界をつなぐ、迷惑もある”というコピーが添えられているように、バラバラだった人々とその想いを牧本が少しずつ、“迷惑”をきっかけに繋ぎ合わせていく。牧本演じる阿部は、「おみおくり係の牧本は、なんともちょっと迷惑で愛おしいキャラクター。何を考えているかわからない牧本を中心に、何が起こるのか楽しみなビジュアルになっています」と本ビジュアルについてコメントした。

作品情報

『アイ・アム まきもと』

@2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

@2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

『アイ・アム まきもと』

9月30日(金)全国の映画館で公開
制作:セディックインターナショナル ドラゴンフライ
製作:映画『アイ・アム まきもと』製作委員会
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式Twitter:@iammakimoto_JP

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

出演:阿部サダヲ、満島ひかり、宇崎竜童、松下洸平、でんでん、松尾スズキ、坪倉由幸(我が家)、宮沢りえ、國村隼
監督:水田伸生
脚本:倉持裕
原作:Uberto Pasolini “STILL LIFE”
製作総指揮:ウィリアム・アイアトン、中沢敏明
エグゼクティブプロデューサー:堤天心、志賀司、中西一雄、島本雄二、井川泉、Uberto Pasolini
プロデューサー:上木則安、厨子健介
コ・プロデューサー:藤村哲也、丸山典由喜
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
撮影:中山光一
照明:宗賢次郎
美術:磯見俊裕
装飾:柳澤武
録音:鶴巻仁
音楽:平野義久
人物デザイン監修:柘植伊佐夫
編集:洲崎千恵子
キャスティング:田端利江
助監督:相沢淳、村田淳志
制作担当:井上純平

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube