Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

坂本真綾、土岐麻子作詞曲も収録

堂島孝平が2年9か月ぶりアルバム『FIT』発売、東阪バンドツアーも開催

2022.07.14 20:00

2022.07.14 20:00

堂島孝平が、2年9か月ぶりとなるニューアルバム『FIT』を発売する。

KinKi Kidsの共同プロデュースをはじめ、藤井隆、A.B.C-Z、Sexy Zone、Negicco、坂本真綾、安野希世乃、鈴木みのり、神谷浩史、アンジュルムへの楽曲提供や、現在、サントリーウイスキートリス<クラシック>TVCMで流れている「葛飾ラプソディー」CM ver.の歌唱でも話題となっているシンガー・ソングライターの堂島。

アルバムには、堂島自身が「今もっともシンパシーを感じるミュージシャン」と語るシンガー・ソングライター眉村ちあきがヴォーカル参加した「てんてん」を始め、初めて自作で作詞を依頼した2曲「Latest Train」(作詞:坂本真綾)、「Yellow Shadow」(作詞:土岐麻子)、そして昨年リリースされた「月光地帯」「氷結地点」など全9曲を収録。なお、前作に続き、自身が設立したレーベル「Quwabara² Records」からのリリースとなる。ECショップ、ロケット・エクスプレスではトートバックとの限定バンドルも7月14日から予約販売スタート。また、堂島孝平 オフィシャルYoutube chにて7月14日21時から生配信される「堂島孝平がインフォメる。」vol.5では、アルバムについて本人の口から何か語られるかもしれないとのこと。

さらに、『FIT』リリースに伴い、10月に東阪でバンド編成によるツアー『“堂島孝平 × A.C.E TOUR 2022 「Best FIT」”』も開催。本日よりオフィシャルファンクラブ「黄昏流星群」での先行受付がスタートしている。さらに、9月からは全国でのソロツアーも始まる。

堂島孝平 コメント
タイトルを『FIT』としたのはこの新作が自分にぴったりきたからで、いたってシンプルな理由なんですが、それと同時に「FITする」って簡単ではないとも思ってるんです。なぜなら、人間には変化がつきものだからです。人間には年齢・環境・趣向・外見・内面など様々な変化が起こります。
ほとんど変わらない人もいらっしゃるでしょうが、少なくとも私は変わる人間で、だからこそぴったりくると大事にしたくなるし、大事にしたくなるという芽生え自体がもうすでに変化であって、その連なりが今の自分なのだと思うのです。変わらないことといえば、その繰り返しをし続けていることかもしれません。これはそんな思考のもとに出来たアルバムです。
今作では坂本真綾さん、土岐麻子さんによる作詞、眉村ちあきさんとのデュエットが収録されてます。まず、作詞については、これまでにTV・ CMなどでの共作はありましたが、自分の作品で作詞の依頼をするのは初めてで、これも変化であって見事に『FIT』でした。眉村さんは「変化しながらFITする」その権化のような人だと勝手に思っています。このお三方にはクリエイターとして・表現者として、大きなシンパシーがあり、尊敬しています。参加してもらえてほんとにほんとに嬉しかったです。
10月にはこの新作『FIT』のライヴもあるので、今からとても楽しみです。ぴったりくる時間と空間をシェアするべく、フレンドシップとエネルギー溢れるライヴにしたいです。より多くの方とお会いできたら嬉しいです!

坂本真綾 コメント
ずっと前、何気ない会話の中で「いつか歌詞を書いて欲しいんだ」みたいなことを言われたことがあったのですが、まったく本気にはしていませんでした。だって堂島さんはいつもご自身で作詞していて、その言葉と歌声の黄金バランスが唯一無二で、私も大好きだったからです。なので今回オファーを頂いたときは驚きと光栄な気持ちとプレッシャーと、いろんな想いが溢れてきました。 しかも「沁みる歌詞を」という大変難しいお題をいただいて。いつも根底が明るい堂島さんの世界観とは少し違う、湿度のある感じの歌詞でもいいのかもしれないなと、私の勝手な冒険も含みつつ書かせていただきました。完成したニューアルバムを聴かせていただいて、すごく好きで好きすぎて、この作品に参加できたこと改めて幸せだと思いました。ありがとうございました。

土岐麻子 コメント
いつも挑戦し続けていて、ブレないのに新しい!
私が最も尊敬する同い年であるところの堂島君へ歌詞を提供することが出来て、光栄でした。
その明るいポップな歌声は、物悲しさや切なさをまとうとき、よりいっそう輝くようなところがあると思っています。
そう思って出来た「Yellow Shadow」の”僕”は臆病な青年だけど、堂島君によって魅力的な主人公になりました。

眉村ちあき コメント
完璧すぎて、ため息が出ました。本当に本当にこのアルバムの全ての楽曲がドストライクで、良すぎて、びっくりしています。

堂島孝平のファンコミュニティはこちら

DOJIMA ON MY MIND

DOJIMA ON MY MIND

堂島孝平とは一体何者なのか?

スタッフとファンが堂島孝平をひもとくファンコミュニティです。

入会はこちら

作品情報

堂島孝平『FIT』

『FIT』ジャケット画像

『FIT』ジャケット画像

堂島孝平『FIT』

2022年8月17日(水)リリース
形式:CD / 配信
品番:SLRL-10090
レーベル:Quwabara² Records
価格(CD): 3,630円 (税込)

収録曲

1. 月光地帯
2. Almond
3. てんてん / 堂島孝平 & 眉村ちあき
4. Yellow Shadow
5. NO MORE 涙
6. 氷結地点
7. とわとわ
8. Latest Train
9. 存在

イベント情報

堂島孝平×A.C.E TOUR 2022「Best FIT」

堂島孝平×A.C.E TOUR 2022「Best FIT」

2022年10月7日(金) 大阪 umeda TRAD
2022年10月14日(金) 渋谷 WWWX

チケット
前売り 5,500円(ドリンク代別)
7月14日(木) 19:00~7月21日(木) 23:59
※14日よりFC「黄昏流星群」先行受付開始

<出演>
堂島孝平
小松シゲル (NONA REEVES)
奥田健介 (NONA REEVES)
鹿島達也 (鹿の一族)
sugarbeans (Tommy & Sammy)

[問い合わせ] HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

堂島孝平×A.C.E TOUR 2022「Best FIT」

堂島孝平×SOLO TOUR 2022「Fitting journey」

堂島孝平×SOLO TOUR 2022「Fitting journey」

2022年9月4日(日)新潟 ジョイアミーア
2022年9月23日(金)仙台darwin
2022年9月30日(金)広島 SIX ONE Live STAR
2022年10月1日(土)福岡 border -live music & drinks-
2022年10月8日(土)岡山 城下公会堂
2022年11月2日(水)名古屋 ell.FITS ALL
2022年11月11日(金)浅草 花劇場
2022年11月23日(水)京都 磔磔
2022年11月26日(土)札幌PLANT

チケット
前売り 5,000円(ドリンク代別)
※ただいまHP先行受付中

堂島孝平×SOLO TOUR 2022「Fitting journey」

1976年2月22日、大阪府生まれ茨城県取手市出身のシンガー・ソング・ライター。
1995年18才でメジャー・デビュー。「Hard Core POP!」の精神で、これまでにオリジナル・アルバム18枚をリリース。
ソロ・スタイルのライヴ以外にも「堂島孝平×A.C.E.」、「堂島孝平楽団」など、多種多様なバンドを自在に操る生粋のフロントマン。KinKi Kids、藤井フミヤ、乙葉、THE COLLECTORS、PUFFY、藤井隆、A.B.C-Z、Sexy Zone、Negicco、アンジュルム、坂本真綾、安野希世乃、鈴木みのり、神谷浩史などへの楽曲提供、椿鬼奴のデビューアルバムのプロデュース、黒猫チェルシー、オレスカバンドのサウンドプロデュース、フジテレビ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(葛飾ラプソディー)、「トリビアの泉」テーマ曲の作曲のほか、近年ではKinKiKidsの共同プロデューサーとして、レコーディングだけでなくコンサートメンバーとしても活動している。
また、2014年公開映画「さよならケーキとふしぎなランプ」での主演、2016年には劇団鹿殺しの舞台「名なしの侍」にも出演。三井住友銀行のキャラクター「ミドすけ」のCV、テレビ/ラジオのCFナレーションも数多く担当している。
自他共に認める「サンフレッチェ広島」の熱心なサポーターでもあり、スタジアムでのミニ・ライヴやファン感謝デーへのゲスト出演を経て、遂にサンフレッチェ広島のマスコット「サンチェくん」のテーマ曲「サンチェたいそう」を制作。2017年よりサンフレッチェ広島オフィシャル・ソングとして使用される。2019年8月に新レーベル『Quwabara² Records』を設立。2020年2月で活動25周年を迎えた。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 最高峰を前に「脳内のノイズが静かになった」と回想 ジョン・メイヤーがジェフ・ベックのおかげで“プレッシャー”から解放された瞬間を語る

    2024.02.27 19:05

    2023年1月に亡くなった英国のギター・レジェンドにして、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジともに、いわゆるイギリス3大ギタリストと評されたジェフ・ベック。そんな伝説のギタリストの存在は“現代の3大ギタリスト”のひとりとも言われるジョン・メイヤーのプレイだけではなく、考え方にも大きな影響を与えたようだ。 先日、人気コメディアンのコナン・オブライエンの番組「Conan O’Brien Needs A Friend」に出演したジョン・メイヤー。趣味でギターを弾くコナンは、ジョン・メイヤーが自分の得意曲を演奏しているのを見て自信をなくしたと語った。 「僕は上手くギターが弾けなくて苦労を<a href="https://bezzy.jp/2024/02/41033/">…

    #ジェフ・ベック#ジョン・メイヤー

  • 自宅での制作がスタイルに合っていると語る 「Boy’s a Liar Pt.2」が大ヒットのピンクパンサレスが無料DAW「Garageband」に感謝の投稿

    2024.02.20 21:47

    2022年にリリースした楽曲「Boy’s a Liar」が全英チャート2位、さらにアイス・スパイスをフィーチャリングした2023年のリミックス「Boy’s a Liar Pt.2」がビルボードシングルチャートで3位を獲得し、一躍世界的スターになったシンガー/プロデューサーのPinkPantheress(ピンクパンサレス)。自身でトラックを制作することでも知られている彼女だが、Billboard誌の「2024 Billboard Women in Music Award」の最優秀プロデューサー賞を受賞した。 アーティストとしてだけではなく、プロデューサーとしても栄誉ある賞<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40839/">…

    #PinkPantheress#ピンクパンサレス

  • フランス映画『ラブ・セカンド・サイト』をリメイク 中島健人主演、映画初出演のmiletが妻役に 三木孝浩監督が“人生のif”描く最新作2025年公開

    2024.02.26 08:00

    三木孝浩監督最新作で、主演に中島健人、ヒロイン役を映画初出演のmiletが務める映画製作が決定した。 大学時代にお互い一目惚れして結婚した〈リク〉と〈ミナミ〉。小説家を目指していたリクは、ミナミのサポートのかいもあり一気に人気のベストセラー作家に。一方、歌が好きだったミナミは歌手の夢がままならず、毎日仕事ばかりで忙しいリクとのすれ違いの生活に孤独を感じていた。そんなある日、リクの心ない一言がきっかけで二人は大喧嘩してしまう。翌朝リクが目を覚ますとミナミの姿はなく、出版社に打ち合わせに行くも出会う人々と全く話がかみ合わないことに戸惑いを覚える。人気作家だったはずの自分は文芸誌の一編集部員になって<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40983/">…

    #milet#三木孝浩#中島健人

  • 数年メンバー同士で話していないと話題に トム・アラヤ妻、スレイヤー再結成ライブ実現のために何度もトムを説得したと明かす

    2024.02.26 19:17

    スラッシュメタルのビッグ・4の一角として君臨し、そのアグレッシヴな音楽性で人気を博してきたスレイヤー。2019年に無期限活動休止をしたベテランメタルバンドだが、今年の9月に数日限りの再結成ライブをすることが発表された。 今月の上旬にはギタリストのケリー・キングがフロントマンのトム・アラヤについて「2019年以来話していない」と語っていたことが話題になっていたが、今回の再結成ライブの実現にはトム・アラヤの妻が一役買ったようだ。妻のサンドラ・アラヤは、先日自身のSNSで再結成の経緯を語った。 「“活動終了は嘘だったのか?”と批判している人たちのために明確にしましょう。トムは実際に演奏するのを完全に<a href="https://bezzy.jp/2024/02/41021/">…

    #Slayer#スレイヤー

  • 虚像のような現代人が人間らしさを取り戻すビデオに にしな、全編iPhoneで撮影した「bugs」MV公開 不器用なロボットや”コピーにしな”と踊る

    2024.02.01 21:00

    シンガーソングライター・にしなが、本日配信リリースした新曲「bugs」のミュージックビデオを公開した。 「bugs」は、気を抜けばスマホやSNSに支配されかねない時代を生きるリスナーに一緒に踊ろうと呼びかけ、みんなで踊ることでこの混沌とした現実を乗り越えていけるかもしれないという、微かでも確かな希望を感じさせてくれるような楽曲。にしなはこれまでも弾き語りやバンドというスタイルに囚われることなく、自由なマインドと果敢な冒険心をもって自らの新しい可能性を切り開き続けてきたが、今作でも新たな響きを放っている。 ミュージックビデオは無機質な空間の中ですべてのカットをiPhoneで撮影。完璧ではないロボ<a href="https://bezzy.jp/2024/02/39985/">…

    #にしな

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube